自分らしさってなんだ!?「ばらかもん」、自分探しの物語。

「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリ~ワ~ン♪」と今いろいろと話題のSMAPの持ち歌に有りますが、決して頑張らなくてもいいという意味の歌ではないのだけれど、そのままでいいよ、とゆるく聞こえてしまう”オンリーワン”がそこにあるような気がします。
いい歌だけどなんか足りないような感じ?と前から引っかかっていたのは私だけでしょうか?

天性の素質を持っていてもやはり磨かないとただの人。ただの普通の人で良いと思っている人の割合は世の中いかほどなものか?
結果として普通の生き方をしていても、少なからず皆さん、日頃、今よりも上を目指そうと向上心を持って生きているのでないかと思います。なので、この歌を聴いて”個性が大事”なことはわかりますが、まともにそれだけを受けると向上心が損なわれる危険も秘めているようにも感じます。あくまで向上心・努力あっての「オンリーワン」。

そんなことを考えながら本日は、”ナンバーワン”ばかりを意識して生きてきた若き書道家が、あるきっかけを境に”オンリーワン”を目指し、そのための「自分らしさ」を見つけはじめる物語「ばらかもん」をご紹介いたします。

主人公”半田清舟”は23歳の若き書道界のホープ。
ある書道展での受賞パーティでの席で書道展示館の館長から「君の字はつまらない、型にはまったお手本のような字だ」と言われ、それにキレた清舟はその館長を衝動的に殴ってしまう。

36214350_480x483.jpg

精神的にも未熟な息子に対し、同じく書道家である父の”半田晴明(はんだせいめい)”は五島列島での島の生活を命じる。
反省するつもりはないものの、父の命令で島に出向いた清舟であった。

島での一人暮らしのために紹介された借家に入ると、いないはずの家になぜか人がいた痕跡と物音が・・・。
恐る恐る台所を探るとなんと流し扉の中に人がいて、清舟はビックリ。そこにいたのは地元の小学生であった。”琴石なる”こと、天真爛漫な小学1年生の女の子。その借家を秘密基地として日頃から出入りして遊んでいたのであった。

そこへ今度は中学2年生の女の子2人、活発なソフトボール部所属の”山村美和(やまむらみわ)”と漫画家志望の腐女子”新井珠子(あらいたまこ)”が現れ、来て早々から賑やかな展開となる。彼女たちもまた、その家を秘密基地と名づけてたむろっていたので、いつもの調子で彼女たちも遊び始めてしまう。
静かなところで書に打ち込めると思っていた清舟の考えは早くも打ち砕かれた。

そんな騒々しい毎日が始まり、都会育ちで割りと孤独な生活をしてきた半田清舟の生活は一変するのであった。小さい頃から書道中心の生活をしてきた清舟は、書道以外のことは何もできず、自分一人では自活できない不器用さ全開であったが、自然と島のみんなに助けられ、清舟は本来の人間らしい暮らし(一人暮らし)に徐々に適応し始める。

方や子どもたちは毎日、清舟を「先生」と呼んでは遊びに来る始末。子供のころに書道のために遊ぶことすらまともにできなかった清舟は、子供の面倒を見るというよりは知らないがゆえに子どもたちと本気になってつい遊んでしまうのであった。そんな本気な大人の清舟に対して子どもたちはなついてくるが、清舟は習字を書かなければのプレッシャーから眠れない日々も続き、ついに倒れてしまう。

その後回復した清舟は徐々に島でのペースを保ち、再び書を書き始める。
島暮らしの中で、大自然と人々に接し、彼は新たな感性を見つけ、今までにない字を書き始めるが、それは気持ちの思いつくままの書なのか?、それとも自分ではない書なのか?清舟は自問自答し始める。
そんなある日、次の書展への出品の話が東京から入ってくる。清舟は書展に出せる、自分が満足できる作品を書き上げることができるのだろうか?

tumblr_najd082AdX1r1geyyo1_500.jpg

このような、都会の青年が島ぐらしと島民との触れ合いの中で「自分らしさ」を見つけ出して行くお話であります。
島のおばあちゃんの何気ない会話から出てくる生き方、島の子どもたちの気遣いに自分を省みるシーンなど、教訓や学べる要素が多分にある作品でもあります。
そして、島の方言がなんとも言えない人間らしさを醸し出していて、とてもあったかいお話がいっぱい登場いたします。

なるちゃんの方言にもぐっとくるものがあります。
そしてなるちゃんの心に残ったフレーズをひとつだけ。第7話での紙飛行機を飛ばすシーンで一言。「風に乗れば飛べるさ」というシーンがすごく印象的でした。悩んでる清舟に話かけてるようにも受け取ることができる一コマに注目です。

主人公の純粋に、ストイックに書に向かう姿にも学ぶべきところがあります。やはり向上心を持ち続けることが人間には必要でしょうし、そうした気持ちでの努力の上ではじめて、「オンリーワン」と言えるのかなって。

この作品は、長崎県五島市出身で在住の漫画家、”ヨシノサツキ”さんが2008年4月に「ガンガンパワード」に読み切り作品として書いたものが話題となり、2話・3話が登場、アニメ化されたものです。2014年7月~9月にBS日テレ、日本テレビ系列で全12話が放送されました。ジャンルは青春・書道。ちなみに「ばらかもん」とは五島列島の方言で”元気者”という意味のようです。

全体として真面目なことばかり書いてしまいましたが、ベースはとっても笑える作品ですので肩の力を抜いてぜひぜひ、見てくださいね。

オープニングテーマ「らしさ/SUPER BEAVER」 

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ヒルトップ唐原さんこんばんは。

私はばらかもんの漫画は見ていませんが、おそらくこれは
漫画とは別にアニメの良さが出ている作品じゃないかなと
予測します。
なるちゃん役が大人ではなく子供が一生懸命演じています。
そして方言も一生懸命覚えたのだと思います。
島民の皆さんの方言も素晴らしく上手に聴こえますので
とっても自然な日常を見ているようでした。

お時間があればぜひアニメも見てください。
がっかりはしないと思いますよ。


No title

『ばらかもん』は僕も観ていました!
最初はなかなか島民達とも打ち解けられなかった、
清舟が徐々に打ち解けていく。
そして、書道にまた向き合っていくのは、
色々と考えさせられてまた感動するところもありましたね~。

なかなか、"自分らしさ"というのは見つかるものではありませんが、
徐々に成長して、そして生きていく中で、
自然と見つかっていくものなのかもしれませんね(´∀`)

Re: No title

ツバサさん、こんばんは(^o^)

主人公の清舟は不器用ながら常に高みを目指そうと一生懸命なところが
とても素敵ですよね。
書道ももちろんですが、目の前にある遊びひとつにもつい一生懸命になってしまう。
手をぬくことができない性格・凝り性なのでしょうね。
そういう人がわたしは好きです。
一生懸命だから日常がドラマになるのかな?

島民のみんなもなんと暖かいことでしょう。
人のことを自分のことのように常に考えられる器の人間になれたらいいなあって思います。

「ばらかもん」は心温まるアニメであり、難しいですが”自分らしさ”と”人に対する優しさ”を
忘れないで、と言ってくれているような作品なのかもしれませんね。

ツバサさん、自分らしさのイラストをこれからも書き続けてくださいね!!





プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

処方箋(カテゴリ)
最新コメント
いらっしゃいませ!  カウンター
information
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ページランキング