2期が楽しみな、もうひとつのダブルアクションストーリー。「ブラック・ブレット」

女性が男性に求めるものの中での一番はやっぱり優しさでしょうか?そして男性はその優しさよりはむしろ、「男たるもの、強くてカッコイイ存在でなければ・・・」、なんてことを常日頃一番に思っている方も結構多いはずでは。現実、それを実践するする機会もあまりないので、優しさに徹するほうが女性ウケもいいのでしょうが。男性のどこか頭の片隅には、このキーワードがあるんじゃないかと思います。優しさはもちろん大事、でもカッコ良さも男にとってはやっぱり必須アイテムなのであります。

主人公がやさしく、そして強くてカッコイイ、それは剛田猛男か砂川誠。いやいや、それは先週終わりましたのでその方でない方に今回は登場していただきましょう。
2031年の近未来の方で、”里見蓮太郎(れんたろう)”16歳、高校2年生。彼は高校生ながら、元陸上自衛隊第七八七機械化特殊部隊の機械化兵士であり、民間警備会社に勤務。”ガストレア”という人類の脅威である寄生生物から人類を守る役目を全うする人物であります。
幼少のとき、両親が亡くなり、引き取られた天童家でガストレアが侵入した際、同い年の”木更(きさら)”という女の子をかばって左目と右腕・右足を失う瀕死の重傷を負うが、生きるために”新人類創造計画”の手術を受け、義眼と義肢を手に入れる。それによって彼は”機械化兵士”となる。彼の持つ人間兵器と呼ばれるそのパーツの能力はすさまじく、義眼の演算装置で弾丸をもかわす動きと義肢による超人的な攻撃と高速移動能力を手に入れた。それらの力を使うには体にかなりの負荷がかかるため、通常は拳銃と天童式戦闘術だけで闘っている。
彼はヒーローと呼ばれる絶対的な存在ではありませんが、無愛想な割りに、誠実でやさしくそれでいて強くてカッコイイという4拍子もそろったお方なのです。16歳ながら、相棒の”藍原延珠(あいはらえんじゅ)”という10歳の身寄りのない女の子を親代わりとして面倒も見る、甲斐性をも併せ持っている。そんな最高にカッコイイ彼が主人公として登場する作品、それは「ブラック・ブレット」です。

42894992_441x636.jpg

西暦2021年の東京近郊は、突如世界中に出現した寄生生物”ガストレア”に襲われた。
ガストレアが持つウイルスに感染すると、人間のDNAはものすごいスピードで書き換えられ、その体内侵食率が50%を越えると人間は耐え切れなくなり、ガストレアに変わってしまう。変わってしまった人間は人間を襲い、これによってガストレアが万延し、人類は壊滅的な被害を受ける。
人類は、ガストレアが嫌う”バラニウム”性の金属板を積み上げ、囲い、巨大な”モノリス”という建造物の結界を築き、その中に立てこもり、かろうじて滅亡を逃れたのであった。

そのような背景の中、ガストレアウイルスが妊婦の口から胎児に蓄積されることによって生まれてきた子供たちがいた。その子たちは生まれつき目が赤いために、”呪われた子供たち”と呼ばれるようになる。全員が女の子で、ガストレアの抑制因子を持っているため体内侵食率は非常に緩やかであり、ガストレアになる危険は少ない。そしてガストレアの再生能力と運動能力も併せ持つ優れた才能を秘めている。この子たちの中から”イニシエーター”と呼ばれ、バラニウムを使ってガストレアと闘う子供たちが現われ、人類は闘うすべを徐々に見につけていった。
彼女たちは人類の最後の希望であり、彼女たち”イニシエーター”と彼女たちを統率する”プロモーター”たちによって平安が保たれようとしていた。

そんなある日、蓮太郎はガストレアが現われたとの通報によって現場に向い、その部屋に突入するが、ガストレアはすでに姿を消していた。そこには殺された警官とタキシード姿の仮面の人物が一人。警官をやったのは自分だと告げる。蓮太郎は仮面の男とこぶしを交えるが、相手は強く、立ち去られてしまう。
その後、東京を壊滅しようと目論むタキシード姿の男”蛭子影胤(ひるこかげたね)”の計画を阻止しようと、東京中の民警が東京を治める最高責任者”聖天子(せいてんし)”によって召集される。蓮太郎と延珠にもその依頼が届く。
ガストレアの闘い以外に東京を支配しようとする新たな強敵に蓮太郎たちはどう挑むのか?
そして蓮太郎はこの先、ガストレアにまつわる謎や自身のルーツを解き明かしてゆくことが出来るのか?
様々な能力を持つたくさんのイニシエーターとプロモーターのペアがガストレアと壮絶なバトルを繰り広げ、展開は最高潮に盛り上がっていきます。

しか~し、このお話は13話で1期終了、2期に続くのでした。
(2014年4月~7月にBS11で放送。小説家”神崎紫電”さんによるライトノベル既刊7巻。)
早く2期が見たいですね。

天真爛漫な延珠役は”日高里菜”さんが、かたや同じイニシエーターで狙撃のプロのティナ・スプラウト役は”黒沢ともよ”さんがそれぞれカワイク演じていますのでお楽しみに!

46406935_424x636.jpg

オープニングテーマ「black bullet/fripSide:ボーカル南條愛乃」
エンディングテーマ「トコハナ/やなぎなぎ」
どちらもお上手なアーティストでアップテンポで心地よい曲です。
刹那的でありながらも未来に希望を託すこの2曲もぜひ聴いてみてくださいね。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

処方箋(カテゴリ)
最新コメント
いらっしゃいませ!  カウンター
information
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ページランキング