FC2ブログ

できないと思うからできないの。だいたいのことはやればなんとかなるものなのよ。「ヤマノススメ」

皆さん、2月2日は何の日だったかわかりますか?関心のない方にとってはどうでも良い日だと思いますが、「ツインテールの日」だったのです。オジサマ方、ツインテールをご存知ですか?女子のヘアスタイルの名称ですよ。一番わかり易いのは音声合成システムVOCALOID”初音ミク”さんのヘアスタイルですね。両耳の上で髪をそれぞれ束ねるヘアスタイル。女性がこのヘアスタイルにすると2割り増しで可愛く見えると言われている?魔法のヘアスタイルです。子供や若い女性に多く見かけられますが、私は年令に関係なく女性はみんなこのヘアスタイルにしても良いのではないかと思っております。1年の中でもせめてこの2月2日だけは。

日本政府も”プレミアムフライデー”なんて浸透しないものはさっさとやめて、こう言った楽しいものを全面的にバックアップすべきです。かえって経済効果が見込めるんじゃないかと私はそう思います。「ツインテールの日はみんなでツインテールになって愛を叫ぼう!」みたいな。飲食店ではツインテールの方は割引やドリンクサービスの特典ありとか、レジャー施設はツインテールで来園の方は入園料半額とか、Gスタンドはガソリン大幅値引きとか。

この際、下火な”父の日”はやめて娘や奥様が父や夫にツインテールの格好でお父さんに感謝する日にするとか、などなど。ツインテールの日にみんなが可愛くツインテールになったら、世の女性はみんな素敵に見えて、日本はとってもハッピーな1日を迎えることができると思います。クールジャパンならではの1日になること間違いなし!ではないでしょうか。ちなみにアニメやゲームのFateシリーズに登場する”遠坂凛”さんは、最近までツインテールだと私は思っておりましたが、狭義としては”ツーサイドアップ”というヘアスタイルに該当するのかもしれません。女性のヘアスタイルは奥が深いですね^^; これはもしかして、バナナがおやつに入るのかと同じような問題?

アニメの世界では、このツインテールキャラがたくさん存在いたします。どのツインテールキャラもとても可愛らしく、人気ナンバーワン&アニメ界の頂点を決めようものならいろんな私情が挟み、全国で骨肉の争いごとにもなりかねません。NHKさん、今年の初めにやったバーチャルユーチューバーのど自慢大会のような番組を作った柔らかな頭で、どうかツインテールナンバーワンのアニメ主人公を決めてくれませんかね?何なら世論調査を実施した本格的なやつで。私自身もナンバーワンが決められずにおりますので、ぜひともよろしくお願いしたいところです。m(_ _)m

そんなわけで(どんなわけで?)、今回は「ヤマノススメ」という作品を紹介いたします。ジャンルは”登山”です。ゆるふわなアウトドライフを取り上げた作品です。いやあ~、この作品にもちゃんとツインテールの美少女は登場しておりますのでどうぞご覧下さい。えっ、別に興味もないし、どうでも良い?ですって。そんな事言わずにどうか同調して前のめりで観てやっておくんなまし。ツインテールは置いておいても(ちなみに、この作品を観るにあたってツインテール関心度は待ったく必要はございません)、今まで山登りなんてしたことがない、と言った方でも一度は山に登ってみたくなるかも?と思わせてくれる作品です。

ヤマノススメ4

どんなお話かと言いますと、埼玉県飯能市に住む、どちらかと言うとインドアで人付き合いの苦手な高校一年生女子”雪村あおい” が、高校入学後に元小学校同級生の”倉上(くらうえ)ひなた”と偶然の再会を果たし、元気なひなたに引きづられながら、彼女と一緒に登山を始めることになる、といったお話です。登山をやるようになり、人見知りの激しいあおいが徐々にいろんな人と対話をするようになり、やがて少しづつ行動的な少女に変わっていく姿と、あおいの周りの少女たちの成長も同時に描かれた日常&青春物語です。

かつて二人がまだ小さかった時、ひなたのお父さんに連れられて、あおいとひなたはとある山に登った事があり、その時に登った山の頂上から観た朝日がきれいだったことを二人は記憶していた。「いつかまた来ようね絶対だよ!」と約束したその時の二人。時が経ってお互いがその記憶を少しずつ思い出し、その約束を果たすために、二人はやがてその頂を目指す。ゆるふわながらも心の琴線に触れるストーリーがなにげに入っていたりする良作です。山に登るという、自然に挑む中で、ときに和み、ときに挫折し、ときに友情や人間関係を育みながら、自然との対話を通して得られるものが何なのかが多分に描かれた作品です。

この作品は、”アース・スターエンターテイメント”発行の月刊漫画誌「コミックアース・スター」に2011年9月号より連載になった、イラストレーター&漫画家である”しろ”さんの同タイトルアウトドア漫画が原作となっています(既刊16巻)。この月刊誌は2014年に廃刊となって2015年よりウエブコミック誌に生まれ変わっているようです。この原作がアニメ化され、作品は現在、1期から3期まで登場しております。アニメーション制作会社は”エイトビット”。「ご注文はうさぎですか?」の1期・2期と「デンキ街の本屋さん」のシリーズ構成・脚本を担当した脚本家の”ふでやすかずゆき”さんがヤマノススメの2期・3期の脚本を手掛けています。

1期目は、2013年1月~3月に5分枠のショートストーリー作品として全国独立放送協議会の独立放送局である、”TOKYO MX”(東京都)、”サンテレビ”(兵庫県)、”KBS京都”(京都府)、”とちぎテレビ”(栃木県)で全12話が放送されました。その後に未放送1話が加わり全13話となっております。山登りのアニメ作品のため、全13話は1合目から13合目と表示されているのが楽しいところです。5分ものなので1話はあっという間に終ってしまい、最後の13合目まではイッキにたどり着いてしまう印象です。勿論中身の面白さも手伝っての話です。

続く2期目は、1期放送の反響がかなり良かった事もあってだとは思いますが、1年半後の2014年7月~12月に「ヤマノススメ セカンドシーズン」として始まりました。1話あたりが15分枠に拡大し、更にお話も全24話+OVA2話とかなりのボリュームになりました。2期目は独立放送局の他に”BS11”で全国放送となりました。24合目までの道のりは遠いようでいて、続きが観たい気持ちが持続し、2~3日で頂上までたどり着きます。さすがはストレスが全く感じられないゆるふわアニメです。2期目は徐々に険しさが増した山に彼女たちがどう挑むかが取り上げられていて、決して楽しいだけではない、自然の厳しさも描かれた、登山の本質も観せてくれる展開でした。

そして3期目ですが、2期目が自然な終わり方だったので、続編を望むファンの声に答えるべく、お話もかなり練られた上での登場となり、1・2期とはまた違った内容で視聴者を納得させる仕上がりとなっております。2018年7月~9月に「ヤマノススメ サードシーズン」として、同じく15分枠で”BS11”他で全13話が全国放送されました。3期目では、主に友情がテーマとなったお話でした。仲がよい友達の間柄でも時にはすれ違うこともあり、お互いがそれにどう対処・修復を図っていくのかなどが取り上げられています。山&大自然との関わりの中ではそういった人間関係をうまく調整することがすごく大事であり、仲間と一緒に登山をするにあたっては、自分のペースコントロールの他に、相手を思いやること、相手のペース配分にも十分に配慮してあげなくてはならない事が語られています。

ヤマノススメ3

1~3期を見終わってみると、あらためてこの作品は登山というテーマが軸で、その魅力が最大限に語られているアニメだなあって思いました。高校生であっても山を登るという行為は一般の大人と同等の振る舞いが必要であり、社会の中では大人のマナーやルールに当然従わなければならなく(すれ違った登山者には必ず挨拶することや宿泊宿の手配や利用方法などetc)、この趣味の世界に一歩足を踏み込めばそれなりに大人にならないといけないものなんだということがよくわかりました。

また、登山とは自然を通じて自分の力量や限界を推し量ることができる行為であり、また、自然の中で他人と関わることで人間本来の助け合いや優しさを再認識できるという、人間の原点回帰に優れたものなんじゃないかとも思いました。それと、当然のことですが、頂上にたどり着いて見える景色とその感動は、登った人だけが経験から知ることができる感覚なんだろうな、とも。一流を知る人は一流の経験なしでは一流にはなれないことにも通じることで、経験無くしてはその感動を真に理解することはできないのだろうと思います。なので、本当のおじいちゃんになってしまう前に(体力がまだある年齢のうちに)、いつか登山にも挑戦してそのような感動を味わえたらと思いました。

この作品の魅力は登山のお話だけではなく、キャラクターデザインが優れているところにあります。更に声優さんがそのキャラクターにドハマリなところに好感が持てます。ヒロインたちがとにかくみんなカワイイですね。特に一番の主役である二人”あおい”と”ひなた”は同じくらいにカワイイの一言につきます。アニメではありますが、こんな娘が我が家にもいたらって思いますね。二人とも素直で優しく、とっても友達思いで、いい子たちです。

あおい役は”阿澄佳奈”さんで、ひなた役は”井口裕香”さんですが、しっかりと二人の個性を作り上げています。二人の会話がとても息ぴったりに馴染んでいて、本編はすごく面白いですし、オープニングとエンディング曲もお二人がキャラ声で歌っているのでこちらも非常に楽しめる部分かと思います。お二人とも30代の方々ですが、もうベテランの域に達している方たちです。お二人には自然に観る者を作品に引き込んでゆく力を感じます。

阿澄佳奈さんは「ひだまりスケッチ」の”ゆの”、「WORKING!!」の”種島ぽぷら”、「たまゆら」シリーズの”塙(はなわ)かおる”、「のんのんびより」の”越谷小鞠”などを演じていた方です。井口裕香さんは、「とある魔術の禁書目録」の”インデックス”、「物語」シリーズの”阿良々木月火(あららぎ つきひ)”、「たまゆら」シリーズの”岡崎のりえ”、「僕は友達が少ない」の”高山マリア”、「宇宙より遠い場所」の”三宅日向”を演じていた方です。お二人とも可愛らしい役柄が多く、この作品ではその可愛さをダブルで観ることができますのでご期待ください。

最後に2期と3期のPVをアップしておきますので、こちらでこの作品の世界観を掴んでくださいね。
だって地球は宝物~♪ 次回、4期につづく!?

「ヤマノススメ セカンドシーズン」PV第2弾 「夏色プレゼント/あおい・ひなた・かえで・ここな」入り
「ヤマノススメ サードシーズン」PV第2弾 「地平線ストライド/あおい・ひなた・かえで・ここな」入り

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。

にほんブログ村

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

『ヤマノススメ』はまず観易さがあって良かったというのもありますが、
実際に視聴してみると話の良さもしっかりとあって、
手軽に観れる+面白いという良作に仕上がっていた印象でした。
どうしても放送時間が短い作品は、
尺の都合上、話も短縮させないといけない場合が多いですが、
今作はしっかりとその期ごとにテーマがしっかりと定められているので、
無駄にぶれる事もなく短い時間で魅力を詰め込むのが上手い作品だと思います。
1期自体は5分枠で放送されて割とサクッと観られましたが、
その後の放送時間の拡大の例をあげるに、
本当に面白くて支持されているからこそ3期まで行けたのは大きかったですね(´∀`)

1、2期も好きでしたがしっかりとした1、2期までの土台があったからこそ、
3期目でのひなたとあおいのすれ違いをテーマにしたのは驚いたと同時に、
こういう話も入れて来るのかと感心した記憶があります。
やっぱりキャラクター同士の関係性をしっかりと描写できていたからこそ、
すれ違いエピソードというのも際立って、
それぞれの心境の変化や新しい自分への一歩も見事に描き切っていて良かったですね~。
新しい友達が出来たりして楽しくても、
最後にはやっぱりひなたとあおいの二人が仲直りしてというのは、
展開として分かっていてもやっぱり安心しました(笑)

Re:ツバサさん、コメントありがとうございます。

「ヤマノススメ」は1話が短いながらもお話がきちんと
詰まっていて、それでいて期ごとに方向性にあった
内容が展開されていて見ごたえがありましたよね。

物語性がしっかりとしていたところがまず、支持された第一の
理由でしょうか。

それでいて、キャラ絵も可愛いし、景色にも癒やされますよね。

ツバサさんが言うように、3期が驚きましたよね。
こういう展開で来るのかと。
仲が良かった二人だけにどうなるのかと、観る側をちょっと
心配させる(引き込む)うまい展開でしたね。
最後は仲直り、めでたしめでたし(^o^)かな。

それと新しいお友達ができたのが広がりがあって良かったですね。

みんな、成長してますよね。
これだけいい仕上がりを続けているだけに、4期はなかなか作るのが
大変だとは思いますが、やっぱり続きが観たいです。

慌てなくていいので、4期でみんなにまた会いたいかな。

それではまた(*^_^*)



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメ様、コメントありがとうございます。

鍵コメ様、こんにちは。

ツインテール問題にお答えいただきありがとうございました。
大正解の120点の解答ですね。あっぱれ!です。
”ウルトラの母”という解答でしたら0点でしたけど(笑)
あれはどうやら違うようですよね。

リンクありがとうございました。こちらこそ、しょうもない
オジサンですが、変なオジサンではありませんので
今後共、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
プロフィール

takapon46

Author:takapon46
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。
まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。
日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

処方箋(カテゴリ)
最新コメント
いらっしゃいませ!  カウンター
information
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
information