FC2ブログ

人の情けは身にしみる。受けた情けを活かすも殺すも人次第。ああ、人情物語ここにあり。「ヒナまつり」

最近の日本は何もかもが崩れっぱなしのような気がします。安泰に映るような大企業がおかしなことをやっていて社会的信用を大きく崩していったり、失言で立場が崩れていく国会議員さんもたくさんいたり、公共性が常に問われる電波メディアにおいては偏った報道や、視聴率重視のために番組内で演出しすぎちゃったかも?と疑いがかけられたりと、悪いことがいろいろと表面化したりしています。また、昔と比べて凶悪な犯罪が増えたような気がします。自己中なクレーマーなんていうのも昔じゃ考えられなかったことですよね。枚挙にいとまがないとはまさにこのことかと思うくらいに毎日、だめだめなニュースが日本中を飛び回っています。

リアルの世界である得意先の社長さんが言っていました。「日本は今、緩やかに転げ落ちていっている。緩やかだからみんなあまり気にしていない、あるいは気がついていないが、確実に日本は壊れていっている」と。崩れていく日本に歯止めが効かなくなっている状態だとしたらすごく怖いことです。はたして誰がそのブレーキ、あるいはストッパーになり得るのでしょうか?なんて、そういう他人任せな考え方がだめなんでしょうね。もちろん自分も含めてですが、一人一人が他人事ではなく、明日の日本のことを真剣に考え物事に当たらないと、可愛い子どもたちの未来には残念な日本しか残せないことになってしまいます。

今が良ければ、自分さえ良ければ先のことはどうでも良いのでしょうか?ここらでそろそろ日本に歯止めをかけないと未来の日本はバッド・エンドしか選べなくなってしまいます。ストレス社会は加速し、格差社会はより拡大し、治安は悪化の一途を辿る。いずれ日本はなくなる(いろんな意味で)。そのくらいの危機感を一人ひとりが持って、互いに声を発しないと日本はいつまでたっても良くはならないと思います。まずは、個人個人が今の日本が地に落ちていることを理解し、その国で暮らす大人たちが決してこどもたちに誇れる大人じゃなくなったということを自覚し、子どもたちに誇れるJAPAN・JAPANESEに這い上がることを意識することじゃないかと思います。

私の場合、仕事関係や近しい人は別として、ごく一般の方に対しては迷惑をかけなければ周りはどうでも良いと、あまり社会や他人に関心を示さないで今まで過ごしてきたように思います。しかし、今の日本を観て、ちょっと我がふりも直さなければって思い始めています。社会全体に対して無関心でいることが生活に何も良い影響を及ぼさないことが今更ながら身にしみてきました。無関心な人間がたくさんいれば、良くないことにNOと言える力が弱まり、いい加減な政治を助長することにむしろなってしまいます。逆にそうした人たちの考えが切り替わって、間接的にでも選挙を通してもっと政治に参加するようになれば、必ず暮らしを良くする方向へと政治は動いていくはずです。一人ひとりの社会全体を良くしていこうという気持ちが底辺になければ、本当のクールジャパンは出来上がりません。

個人の1票は小さくとも、きちんと国民の一人としての意思を1票に投じてその義務を果たし、積極的に政治に参加することからまずはリスタートしていきたいですって、まじめか?いいんです!そろそろ真面目になっても。もう、この先は短いので。いっちょ!ふんどしを締め直してって、ふんどしはないので、パンツを引き締めて行こうと考えています。

それと、やっぱり、自分がこれから縁のある方には少なからず暖かく接していきたいですね。お互いが幸せに思えることこそが人間的な生き方の最重要課題だと考えていますので、ひとりでできることは小さいですが、そうあり続けられるように何かしらを自分から個人的には発信していこうと思っています。人から”人情”を取ったら、もはや人は人とは呼べない存在に成り下がるものだと最近、悟りました。人にとって、”人情”とは社会を円滑に運んで行く必須アイテムなのです。

本日紹介する作品は、人情味のあるギャグアニメ「ヒナまつり」です。
面白いだけじゃなく、心の琴線に触れるお話がぐっと詰まったとっても暖かい作品です。ギャグアニメで泣いたのはクレヨンしんちゃんの劇場版以来で久々です。面白くて、泣けて、そして心が暖かくなるギャグアニメ、それが「ヒナまつり」です。

ヒナまつり3

どんなお話かと言うと、ヤクザの若者と念動力を使うことができるサイキック少女の平穏な日常のお話し、とはならない日常を取り上げたお話しです。

”新田 義史(にった よしふみ)”は金融会社や経営コンサルティング会社を経営するインテリ系ヤクザである。彼は自宅マンションのリビングに居ながら電話口で相手方との商談を済ませると、自分の才覚に酔いしれていた。すると突如、頭上に卵型の金属らしき何かが現れ、彼の頭にそれは落下してきた。床に転げているその金属の一部からは人の顔が見えていた。眼の前で突然起こった状況が上手く飲み込めずにいた新田は、その事態から逃避しようと現状を観なかったこととし、それを放置。飲もうとしていた酒も飲まずにそそくさと眠りについた。

翌朝、彼がリビングへ来てみると、昨日起こった出来事が変わるわけでもなく、その金属体はリビングの床にそのまま存在していた。突然、金属体の中の顔が新田に話しかけてきた。「ちょっと、裏側にあるスイッチ押して、拘束解いて。」言われるままに彼は足でその金属体を裏返すと後ろにあったボタンを思いっきり踏んづけた。すると、その中から裸の格好のままの一人の少女が現れた。「服くれ。」と少女は言った。それに対して彼は「ああ?」とめんどくさそうな態度をとると、少女は念動力を使い始め、部屋に飾ってあった壺や皿を宙に浮かべたと思いきや、床に全部落として壊し始めた。それらは彼が趣味で集めている高価な骨董品であった。

彼女の能力を知った彼は、これ以上の被害を被るわけにはいかないので、觀念して少女に服を与えた。彼女は自分のことを”ヒナ”と名乗った。どこから来たのか、なんのために来たのかを訪ねても彼女は「言えない。」と言った。どうやらワケありの事情を持っているらしい。そして彼は食事を作って与え、風呂にも入れて、髪をドライヤーで乾かし、彼女を寝かしつけた。部屋で暴れられると困ると思った新田には為す術がなかっただけの話である。

翌日、彼はヒナを連れてデパートに行き、服を買ってやることにした。「この服かわいい。こっから全部ほしい。」仕方なくそのコーナーの服を全部お会計をすると、そのお値段なんと80数万円なり。回転寿司で食事をすると、ヒナはイクラの軍艦巻きが気に入ったらしく、それだけを何度も何度も注文しまくっていた。もちろん、イクラは高い皿と相場は決まっている事は言うまでもない。

家に帰りTVを観ていると、学校らしきものが映っていた。ヒナは新田に「学校へ行きたい。」と伝えた。新田が渋ると、ヒナはまた能力を使って今度は壁にかかっていた絵を壊そうとし始めた。彼は「それだけはやめて。」と言ってヒナの行動をやめさせた。よっぽど高いものらしい。新田はヒナに、今後一切、絶対に力(超能力)を使わないことを約束させ、学校へ行くことを認めたのである。

ヒナは学校へ行き、担任の先生から自己紹介を求められた。「では新田さん、自己紹介を。」それに対してヒナは「そんなのは知らない。」と言ってしまった。新田からは学校へ行ったら”新田ヒナ”で通すように言われたことをヒナは思い出した。「新田だ。」そういった瞬間にクラス中がドン引きしてしまった。学校へ行ったものの、ヒナは授業が終わるまでずっと寝たまま過ごしてしまった。彼女はなんとなく学校へ行きたかっただけなのだろうか?

夜になり、新田が家に戻ると、ヒナと家中の家具が宙に浮いていた。ヒナはずっと能力を使わないと力が溜まって暴走するらしい。ヒナは新田との約束を守って能力を一切使わずにいたのだ。次の瞬間、部屋の窓側の壁が溜まったエネルギーで吹きとんだ。このままじゃまずいと思った新田はいろいろと考えた。次の日、ヒナを連れて車で山奥へと向かった。新田のいる組織”芦川組”の請け負っている土地開発地へと向かい、ヒナの力を使って山を切り開く仕事をさせた。次から次への大木は根こそぎ抜かれ、それらは丸太に整形され、あっという間に平地が広がった。満足して新田はヒナを連れて組へ戻った。

すると、新田の留守中に組長が別の組の者に撃たれたとのことを知る。組頭は、組長の一大事にのんきに娘と戯れていた新田に激怒し、組長の敵取りを新田に命じた。いよいよ本当のやくざになる時が来たかと新田は腹をくくって、敵陣の組事務所へと向かった。いざそこに着くと、どうしたものかと車の中で彼は悩んでいた。「ここにいるのは敵?」という声がした。声のする後ろを観ると、いつの間にかヒナが車に乗っていた。

「まあ、そうだな」と彼が言うと、「わたしにやれって命令しないの?」とヒナは言った。「ばかか、おめえは。なんでそんなことをしなきゃならねえんだ。お前には関係ないだろ。」新田がそう言うと、「ふっ、私がやる。もとの場所では命令をこなすだけが存在価値だった。新田は私の知っている大人とは全然違う。新田といるのは楽しい。」ヒナはそう言って敵の組事務所に勝手に一人で乗り込んでいった。後を追うように新田が事務所に入ろうとすると、建物のガラスが次々と割れてボコボコにされた組員が全員外に放り出されてきた。ヒナが能力を使ってその組を殲滅した瞬間だった。

組に戻ると、新田は組頭から武闘派の称号を与えられたのであった。結果として助けられた新田はヒナに対してなにか礼をしたいと伝えた。ヒナのほしいものは”イクラ”だった。回らないお寿司屋さんでたんまり乗った高級なイクラ丼を食べて、大人の味を知ったヒナであった。(第1話)

ヒナまつり7

この作品はジャンルは”ギャグアニメ”とされていながらも、それぞれのキャラクターが他人と接する中で己の生き方に自問自答し、共に喜びや悲しみを分かち合うことで人間の素晴らしさを見つけていくようなドラマチックな物語です。主人公のヒロイン・ヒナは未来からやってきた超能力者であり、未来人なのかもしれません。(原作を読んでいないので真実はわかりませんが)彼女を追ってやってくる”アンズ”という少女も超能力者然りです。

新田はヤクザという設定で、平凡な人間は主人公としてはあまり揃っていないのがみそです。戦うことが仕事の二人の少女、そしてヤクザ。そうした人間たちが一緒に暮らしていく中で互いを思いやっているうちに、いつの間にかまっとうな人間らしい生き方を取り入れるようになっているといった展開が、とても暖かく引き込まれる作品だと思います。

方や、ヒナのクラスメートの”三嶋瞳(みしま ひとみ)”はごく平凡な中学生女子だったのに、器用さとお人好しな面を併せ持っているために、人からの頼まれ事を断りきれずに受け入れていくため、どんどんと日常から遠ざかって大人の階段を登っていくという設定になっています。本人の意図するところではないところに流されて進んでいくこちらの展開にも目が話せません。

2話以降でアンズが登場しますが、ホームレスになったアンズが人から情けをかけられ、そして働いてお金を稼ぐということを教わる第6話は、人情の尊さとお金を稼ぐことの大変さを再認識させられる素晴らしい回です。思わず涙が溢れること必至のこの回はぜひ楽しみにしていただければと思います。

アンズはそういったことでこの世界で生活する中で成長具合がとても早く賢いのですが、比較されるヒナはちょっと天然でおバカなところがあるために、不器用ながらゆっくりと成長を見せるところがこの作品のもう一つの魅力かもしれません。できない子でもすごく可愛いのです。やろうとする、頑張ろうとする気持ちが現れているところがとても愛おしく感じられるのです。この二人の成長がおじさんごころをくすぐります。

作品の原作は漫画家の”大武政夫”さんが描いた同タイトルとなっております。KADOKAWAから年10回発行されている漫画誌「ハルタ」に2010年から連載中で、コミックは既刊15巻です。アニメ化され2018年4月~6月に”BS11”他で全12話が放送。”ニコニコ生放送”や”AbemaTV”などのインターネットでも同時に配信されました。アニメーション制作は”feel.”です。

今回の作品は若手の声優さんで固められていますが、とても個々のキャラクターに合っている方が選ばれているように感じます。しっかりとオーディションされたんだと思います。ヒナ役は”田中貴子”さんという方ですが、素朴な可愛らしさがよく出ていてヒナというキャラクターが見事に完成されているように思います。主人公の新田役は”中島ヨシキ”さんという方ですがかっこいい声をしているので、スマートなヤクザの新田にこれまたピッタリとハマっています。アンズ役は”村川梨衣”さんが演じています。彼女は人気作品「のんのんびより」の一条蛍を演じた方で、ややおしとやかな蛍とはうって替わって今回は、喜怒哀楽の激しい役を演じています。やや中堅的な存在になりつつある彼女がこの作品を大いに盛り上げてくれております。

最後は声優の村川梨衣さんと中島ヨシキさんが歌うオープニングテーマとエンディングテーマをお楽しみください。

オープニングテーマ「Distance/村川梨衣」
エンディングテーマ「鮭とイクラと893と娘/新田義史(中島ヨシキ)」 (第1話~5話、7話~11話)


私事ですが、先月、35歳になりました。嘘です。テヘペロ。バカボンのパパ+10歳です。
もう年齢だけは立派なオトナです(笑)中身が伴ってなくても、それでいいのだ!
やっぱり良くはないかな^^;

ブログでお友達の風月時雨さんから、誕生日のお祝いプレゼントとしてイラストを
描いていただきました。
なんと、私が好きな「ラブライブ!サンシャイン!!」に出てくる渡辺曜ちゃんです。
とってもキュートな曜ちゃんです。笑顔が素敵で私のために踊ってくれています。
フリフリな衣装の細部まで細く描かれていまして、
そして、ふんわりとした柔らかな画風と目に特徴があり、とても印象に残る
オリジナルイラストですよね。

時雨お嬢様は、最近、ラブライブ!サンシャイン!!にハマりつつあるようで、
推しは花丸&ルビイ?
サンシャイナーの方はぜひ、時雨お嬢様の今後の動向に注目してくださいね。
ブログにサンシャインのことが出ることがあるかもしれませんよ。
それとは別にしても、とても心優しく良い方なので、ブログに遊びに行ってみて
くださいね。     

時雨お嬢様のブログ
五月雨日記<仮の宿>はこちらをクリックしてくださいね。

イラストをありがとうございましたm(_ _)m
takasitujisamabirth201810.jpg

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。

にほんブログ村

人気ブログランキング
スポンサーサイト

自己責任・自分スタイルで生きるのが今の時代のスタンダード?「おそ松さん」

昨年は、R40ーOVERの世代に一世を風靡したギャグ漫画「天才バカボン」の偉大なる生みの親”赤塚不二夫”先生の生誕80周年という節目の年であったそうです。

そのタイミングで、私が生まれた1967年に毎日放送で全56話(1966年2月~1967年3月)が放送された「おそ松くん」の第3作目が作られました。題名は「おそ松くん」から「おそ松さん」に代わって、六つ子のおそ松くんたちが20歳以上の大人になった設定での日常アニメに仕立てられています。

第1作目「おそ松くん」は私が生まれた年の作品なので、私はリアルタイムでは視ていません。それから27年が過ぎた第2作目も、私が20歳~21歳の頃(1988年2月~1989年12月・全86話・フジテレビ放送)なのでスルーしておりました。
ですので、「おそ松くん」に関しては全く触れてこなかったので、”イヤミ”のギャグ「シェー」以外、正直おそ松くんを知らずに「おそ松さん」を視ることになった、全く持っておそ松な話であります(お後がよろしいようで)。ですが、これが自分の予想を超える想定外の面白い内容だったのでご紹介いたします。

「おそ松さん」はおそ松くんを知っている世代にはちょっと懐かしく、知らない世代にとってはまったく新しいアニメであります。
ただし、おそ松くんたちが約半世紀の歳月を過ぎてようやく大人になったので、今の時代背景で生きる「おそ松さん」たちに対して、昔リアルに視られていた方々にとっては相当なショックがある作品かもしれません。時代は変わったのです。そして本来、日常アニメでは不変的なキャラが時代を超えて成長すること自体がまれですので、ダブルの衝撃かも知れません。そのあたりは覚悟をして寛大な心でご覧いただければと思います。自分の子供達が親の思い通りに育たないのと一緒です。あくまでこの作品は「おそ松くん」ではなく、「おそ松さん」なので、ご容赦くださいませ。

「おそ松くん」を知らない今の10代~20代には天井知らずの人気作品となっています。特に女子たちに。あまりの人気に、今年5月の若者女性雑誌「an an」では、モデルではないアニメキャラ「おそ松さん」たちが雑誌の表紙を飾るという、異例の自体にも発展しております。その人気の理由は様々あると思います。

D7100013529161.jpg

「おそ松くん」時代の彼らは、両親が見間違えるくらいに個性があまりなく、また、六つ子を4人の女性声優さんで演じていたそうです。声の違いでキャラをすみ分けしていたようです。(その中にはサザエさん役の”加藤みどり”さんが長男のおそ松くんを演じていたそうです。)
方やの成長をとげた「おそ松さん」は、ビジュアル的にも個性いっぱいの六つ子となり、彼ら6人を、今をときめく人気男性声優さん6人がそれぞれの役どころをより個性的に演じています。

ちなみに、下記はそれぞれ声優さんの配役と代表的な出演(主役)作品を挙げてみました。

長男:<おそ松>”櫻井孝宏”さん/「金色のガッシュベル!!」の主人公”高峰清麿”
次男:<カラ松>”中村悠一”さん/「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の主人公”高坂桐乃”の兄”京介”
三男:<チョロ松>”神谷浩史”さん/「ノラガミ」の主人公”夜ト”、「化物語」シリーズの主人公”阿良々木暦”
四男:<一松>”福山潤”さん/「中二病でも恋がしたい」の主人公”富樫勇太”
五男:<十四松>”小野大輔”さん/「ばらかもん」の主人公”半田清舟”
六男:<トド松>”入野自由”さん/「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の主人公”宿海仁太(じんたん)”

アニメ好き女子にとっては”夢の共演”と呼べるくらいの豪華なラインナップなのではないでしょうか。
そのあたりも人気の秘密だと思いますが、アニメのイケメン主人公に飽きてきた女子たちの、現代の何処か頼りない男性像のアソート的なラインナップに好みの男性(推し)を見つけることが出来るあたりが、多くの女性の共感を得られている、という話もあるようです。実際、私のまわりの知り合いの女性たち(20代の方たち)の中でも、あなたは誰推し?という会話が出ております(決してキャバクラをお仕事にされている方々ではありません、なぜ、あえて言い訳する?一応・・・)。

おそ松さん3

このアニメは、今の世の中を反映させた日常を取り巻く内容が作品のベースになっておりますので、ブラック企業・社畜問題や、両親の離婚問題、若者の合コン事情やサブカルチャーなどいろいろな世相が盛り込まれています。その中で、おそ松さんたちがどのように生きていたいかが楽しくブラック・コメディで綴られています。

自己犠牲はまっぴらご免、楽しいことだけやって過ごしたい彼ら。しかし、それを貫くためにはある意味、雑草のごとく、タフでたくましく、図太い神経を持ち合わせていないと今の世の中をそのようには生きては行けません。誰にも迷惑をかけないで生きて行ければ、この混沌とした世の中、自己責任の上でならそれもありな時代かもしれません。
一方、作品のマドンナ”トト子”ちゃんは六つ子の憧れの存在ではあったようですが、彼女も成長してどのように変わったか?、主役を食うサブキャラ”イヤミ”のギャグ「シェー」は健在か?”チビ太”はちゃんと大きく成長したのか?などなど気になる側面もたくさんあるかと。

半世紀をかけて大人になりかけている彼らなので、あと半世紀もすればまっとうな大人にみんなが仕上がっているかもしれません。あと半世紀は待てない、はい、ごもっともです。私も視ることができるか怪しいものです。
まあ、先のことはわかりませんので、あまり力を入れずに過度の期待もしないで気軽に見てください。

全26話でたくさんお話がありますが、1話完結の日常ものなので、途中でリタイアしても構いません。賛否両論のアニメですが、中には感動のお話もあります。第9話「恋する十四松」だけは必ず視て欲しいと思います。ギャグアニメの中にも感動は存在するのです。

「おそ松さん」は2015年10月~2016年3月にテレビ東京・テレビ大阪・BSジャパン他で放送となりました。アニメ数年前にフジテレビ日曜朝9時代放送の「銀魂」の制作監督”藤田陽一”さんが監督、同じく銀魂の脚本・シリーズ構成担当の”松原秀”さんが脚本・シリーズ構成を、映画ドラえもんシリーズの総作画監督を担当している”浅野直之”さんがキャラクターデザインを担当しています。女子向けを狙っていないところの、はちゃめちゃな何でもありの作品を創ったところ、意図していない女子たちが食いついた、というエピソードありの本作品、視るか視ないかはあなた次第です!

第1クールオープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ!/A応P」
第2クールオープニングテーマ 「全力バタンキュー/A応P」
※この曲を歌うサブカル的な彼女たちの音楽も一興の価値あり?

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


笑いの銃弾からあなたは逃げ切ることができるか?「キルミーベイベー」

日常系のジャンルのアニメは数知れずあります。
○○な日常系と、それぞれに当てられるテーマは千差万別ですが、およそ、ほのぼのとした作品・ギャグ作品・コメディ作品が主流で、見ていて肩に力が入らないのが前提かと思われます。

その中でエッジの効いている、ちょっと変わった設定の日常系作品があります。

それは「キルミーベイベー」という作品です。
物騒なタイトルなのですが、ギャグ作品であり、そのようなショッキングなシーンは一切登場しませんのでどうぞご安心を。

この作品は漫画家・イラストレーターの”カヅホ”さんの4コマ漫画で、”まんがタイムきららキャット”に2008年1月に登場し、同年7月から連載開始された作品です。
2012年1月~3月にTBS系でアニメ化放送されています。全13話。

13616831_444x636.jpg

主人公は、普通の高校生の”折部(おりべ)やすな”とその高校に通う普通でない高校生”ソーニャ”の二人で、この二人の高校生活が面白おかしく描かれたとっても楽しいギャグ満載の作品です。

”やすな”は普通の高校生ではありながら、かなりの天然系であり、物騒な本職を持つソーニャに物怖じせず、いつもソーニャにちょっかいを出しては手痛い仕打ちを受けているのでした。天然+おバカキャラのため、学習能力がほとんど無いために。
かたや、金髪の外国人少女”ソーニャ”はやすなと同じ高校に通っているものの、それは仮の姿であり、とある組織に所属するいわゆる”殺し屋”であります。
職業柄か、背後に立たれると条件反射で体が動き相手を撃退、学習能力ゼロのやすなの挨拶に毎度、一撃が繰り出されるのは言うまでもありません。反面、ソーニャは動物と虫が苦手な少女の一面も覗かせる事もしばし。
お話はこの二人がメインで、やすなのボケとソーニャのツッコミで構成されています。
メインの二人のほかには、ソーニャと同じ暗殺組織に所属する殺し屋・忍者である”呉織(ごしき)あぎり”も登場します。
彼女は忍者ゆえに突然と現われては常にその場をかき乱してゆく凄腕忍者?。
胡散臭い忍術?を常に繰り出し、やすなはソーニャと互角に張り合うためにそれらを常に会得しようとしています。
毎回、彼女たちのドタバタな日常に笑いがいっぱい詰まっております。

作品の面白さのほかに、やすな役の”赤崎千夏さん”の力量に注目です。やすなの天然っプリとはじけ具合がハンパないのです。メーターを振り切っているぐらいの演じ方かと。
おそらく、この役は彼女以外にはこなせる人はいないのでは?というより、彼女が作り上げた完成されたキャラに他ならないと思われます。
彼女は「中二病でも恋がしたい!」の”丹生谷森夏(にぶたにしんか)”役を演じていますが、とても同一人物とは思えないくらい落差があります。時間のある方はぜひ、そちらの方も比べてもらえるといっそう楽しめるかと思います。

ありえない日常の設定だと、その何気ない日常がすごく面白く移るという事でしょうか。
一度ご覧になって、あなたも笑いの銃弾に容赦なく打たれてみることをおすすめいたします。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

処方箋(カテゴリ)
最新コメント
いらっしゃいませ!  カウンター
information
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
人気ページランキング