人生において一度ぐらい、ファンタジーな出来事が現実になるとしたら、あなたなら何を願いますか?「天体のメソッド」

子供の頃は、根拠のない自信に満ち溢れていて、自分はなんだって出来ると可能性を信じ、自分を過剰評価していたあの頃。商店街を走る車と並んで車道を全速力で駆け抜け、オレは車よりも速く走れるんだ、と自負していた幼少時代。あれから40年、すっかり大人を通り過ぎ、現実を重く受け止め、自分の出来る限界を日々痛切に感じる今日この頃。大人になるにつれ、知識や経験が増えてくると当然、自分のできる能力や限界を知り、世の中での自分の立ち位置・分相応をはっきりと理解するわけです。現実ってやつを・・・。でも、あまりにその現実を受け止めすぎると受け身な生き方にシフトしすぎて 夢もいつしか見なくなります。なんかつまらない生き方をしてはいないか?自分の未知なる可能性はいつ・どこに置いてきてしまったのか?

年齢に関係なく、多少の夢は見たほうが明日に希望が持てるってものですよね、尊敬する日本サッカー界のレジェンド”キングカズ”こと、三浦知良様。50歳過ぎても現役プロで居続け、自分はもっとうまくなれるとあなたは言っております。すごいよ、カズ!明日を前向きに生きていくにあたって、自分で自分の限界をつくってしまうこと・そういう気持ちを持ってしまうことが一番よくないことかもしれませんね。夢はいつか叶う、そう信じてそのために努力と行動を惜しまない、むしろこれからは下降線は辿らずにある意味、分相応のハードルを上げる生き方が出来たら良いかなって最近の私は思っています。

そう思える同士の皆さん、まずはありえないと思うファンタジーの世界を覗いて気持ちを高めましょう。昔願ったバカバカしい想いって純粋な気持ちからなるものなので、自分の原点かもしれませんよ。いつか願いは叶う、そういった気持ちを思い起こさせてくれるようなアニメを見て、自分の固定観念・限界を一回リセットしてみましょう。そんな気持ちに立ちかえったら、もしかしたらこれからの人生で一回ぐらい、ファンタジーな出来事やミラクルだって起こり得るかもしれませんよ。

本日は、青春・ファンタジーのジャンルから「天体のメソッド」を紹介いたします。タイトルはそらのメソッドと読み、通称”ソラメソ”と呼ばれております。オープニングテーマ良し、ストーリー良し、キャラクターデザイン可愛良し、キャスト(声優さん)良し、エンディングテーマ良し、結果全て良し!のトータルでバランスの取れた優れ作品です。

この作品は、アニメーション制作会社の”3Hz(サンヘルツ)”が2013年に設立してから初めて手掛けた自社オリジナルアニメ作品で、2014年10月~12月にテレビ北海道・BS11他で全13話が放送されました。注目すべきはこの作品の脚本ですが、恋愛アドベンチャーゲームの中でも感動に特化した、通称”泣きゲー”と呼ばれるゲームの先駆けとなったkanon の企画・脚本を担当したシナリオライターの”久弥直樹”さんが担当されたそうです。そのくらいの方が関わっていたら大いに期待が持てるってものですよね。

天体のメソッド4

”古宮 乃々香(こみや ののか)”は中学最後の夏、父の転勤のために東京から引っ越すことになり、7年ぶりにかつて住んだことのある霧弥湖町にまた戻ってきた。引っ越し移動の車の中、周りの景色を眺める乃々香に対して父は、7年ぶりの霧弥湖町はそれなりに変わったと言うが、乃々香には7年前の確かな記憶が何故か欠落していたため、どう変わったかがいまひとつわからなかった。ただ一つ驚いたことは、この町に差し掛かったトンネルを抜けて乃々香が目にした光景だった。なんと目の前の空に大きな円盤が浮かんでいたのであった。そう、この街は現在は空飛ぶ円盤を観ることが出来る観光の街となっていたのだった。

霧弥湖町に引っ越してきた翌日、ふたり暮らしである父が仕事の引き継ぎのために急に仕事に駆り出されることとなり、引っ越しの掃除や片づけを乃々香一人がやることになってしまった。部屋の掃除をしていると、乃々香の部屋に見知らぬ少女が立っていることに乃々香は気づく。誰なの?と乃々香が尋ねると、その少女は振り向き「乃々香~!」と名前を呼びながら抱きついてきた。名前は"ノエル"。過去に乃々香と会っていたらしく、乃々香のことを知っているようだが乃々香はわからない。しかし、かすかな記憶が断片的に蘇ろうとしていた。それはともかく、ノエルが全身泥だらけであることに乃々香は気づき、ノエルをお風呂に入れ、服を洗濯をしてあげるのであった。それから食事を作るために乃々香はひとり、町へと買い出しに出かけた。その間、留守番をしていたノエルだが、乃々香を喜ばせようと引越の荷作りを片付けはじめた。

戻ってきた乃々香は、勝手に荷解きをされてむしろ散らかっているような有り様と、ガラスが壊れた写真立てを持ったノエルを見て怒り出した。大事な母が映る写真立てを壊されたと思った乃々香は、思わずノエルにここからすぐに出で行くように命じるのであった。夕方、父が帰宅すると、乃々香は母の写真立てが壊れてしまったことを父に謝った。すると父は、引っ越しの荷作りの際に写真立てのガラスを壊してしまい、乃々香が気づく前に写真立てを交換しようと写真立てを買ってきたことを乃々香に告げた。ノエルが壊したのではない事に気づいた乃々香はノエルに謝ろうとその一心で家を飛び出していった。

ノエルを探す途中で少しずつ、乃々香の脳裏に過去の記憶が蘇り始める。乃々香は過去に確かにノエルと会っていたのだ。7年前に天文台で。その時、乃々香の鼻歌を褒めたノエルに対し、母のほうがもっとうまいから連れてくると言ったきり、乃々香は東京に引っ越してしまったのだった。それを思い出した乃々香は二人が出会った場所、天文台へと向かった。そこにノエルはいた。「ごめんなさい、ノエル。」乃々香は泣きながらノエルに謝った。「信じてたよ、乃々香が来るって。お帰りなさい、乃々香。」ノエルはそう答える。次の瞬間、空に浮かぶ円盤が輝き出した。あれから7年間、ノエルは乃々香の帰りをずっと待ち続けていたのだった。「今度はノエルが約束を果たす番。ノエルはそのためにここにいるから。あなたの願いを叶えるために。」

乃々香の叶えたい願いとはどんなことなの?そしてその願いはノエルに叶えられるの?少女ノエルは何処から来たの?そしてこの町に円盤が浮かぶようになった理由とはいったい?

天体のメソッド1

ここまでが第1話のあらすじですが、その1話の中にその後展開されるお話の伏線がいろいろと登場しています。1話目からすごく濃い内容なので結構引き込まれていきます。2話目以降、主人公である乃々香が転校先の中学校に登校するわけですが、そこで7年ぶりの友達との再会が待ち受けております。引っ越しすることを言い出せずに別れた友達。7年越しの再開は乃々香を受け入れてくれるのでしょうか?そのあたりの友人関係の展開も、乃々香とノエルとの関係と並行して見どころになっていきます。主人公たちの出会い・友情・そしてやがて訪れるだろう別れ?がそれぞれを大人にしていきます。人生の多感な時期の切なさとほろ苦さが程よい作品です。ラスト前の11話でオジサンは涙腺崩壊でした(T_T)。その前に1話でちょっと目頭が熱くなりましたが。

この作品では、出会いの中で互いの確かな友情を育むために何が必要かが問われておりますが、そのために相手を思いやる気持ちはもちろん、相手を信じる気持ちが最も大切だということを感じます。また、当たり前のことですが、信頼ある人間関係の中ではやはり、互いに交わした”約束”は程度の大小に関係なく、きちんと守られるべき事だと言うことをあらためて考えさせられます。失った信頼関係を再び紡ぐことはとても難しくなるということは、むしろ経験から学ぶことかもしれませんね。互いを信頼するからこそ何かしらの約束事が生まれるのであって、その約束事は絶対に守られて然りですよね。逆に言えば、”約束する”という行為は守られる確実性があってじゃないと結んではならないことだとも言えます。相手あっての”約束事”。アニメながら道徳心が正されます。

今回の作品の声優さんですが、メインヒロインである乃々香は”夏川椎菜”さんが演じております。夏川さんはまだ20歳そこそこの若い方ですが、この作品をステップとして最近メインヒロインをはることが多くなってきた注目の声優さんです。乃々香の真っ直ぐで一生懸命な役にぴったりな方だなと思わせられました。方や、相手役のノエルですが、とっても愛らしい役柄を見事に演じているのが”水瀬いのり”さんです。最近は「ご注文はうさぎですか?」のチノ・「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のヘスティア・「がっこうぐらし!」の丈倉由紀といったメインヒロインをこなしています。この方はやはり、可愛らしい系の役がはまりどころな声優さんかと思います。そしてもう一人注目の声優さんを挙げると、元気でマイペースな友人の水坂柚季役ですが、”豊崎愛生(とよさき あき)”さんが演じております。「けいおん!!」の平沢唯・「とある科学の超電磁砲」の初春飾利・「シドニアの騎士」の科戸瀬イザナなどのメインヒロインを演じております。この方は声質の特徴よりもいろんな特徴あるタイプの役柄をこなせるオールランドプレイヤーといったところでしょうか。

天体のメソッド3

最後はオープニング・エンディングテーマについてですが、今回はどちらもすごくいい感じのアップテンポな曲です。オープニングは映像の青春ぽさとすごくマッチしていて最高ですし、エンディングテーマはファンタジーぽさが全面に出ていて、またオープニングテーマを食うくらいの中毒性のある曲です。私はもう何十回ときいていますが未だに何回聴いても飽きません。エンディングのアーティストはfha'na(ファナ)というアニソン専門のバンドですが、私はこの作品でこのバンドの素晴らしさを知りました。ファンタジーな曲をやらせたら天下一品なバンドかと思っていますし、もっとメジャーになっても当然と言える実力のあるバンドです。ボーカルのtowanaさんの歌唱力も飛び抜けております。この曲ではとってもチャーミングに乃々香を真似た感じで情感込めてこの歌を歌っています。ぜひこちらのPVもお楽しみに!

オープニングテーマ 「Stargazer/Larval Stage Planning」  ※Stargazerは星を見つめる者、天文学者の意味
エンディングテーマ「星屑のインターリュード/fha'na」  ※インターリュードとは間奏曲・エピソードの意味

可愛らしいノエルに会えたなら、あなたの願いも叶えられるかもしれませんよ、きっと。

おまけ<fha'naセレクション>ポチッとな     

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

ポジティブな人との出会いによって、まだ知らない新たな世界への扉は開かれる。「あまんちゅ!」

いつもご訪問いただいております皆様、昨年はなんのお構いも出来ませんでしたが、痛いブログにお越しいただき、誠に有難うございました。そして新たに当ブログに迷い込んでしまった方々、何かお目に叶うアニメとの出会いがありましたら幸いです。

新年、アニメ増しておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い、痛します m(_ _)m

月日が経つのは早いもので、40代後半のオジサン(もういくつ寝ると50?)にとっては3日前に2016が明けたばかりだと思っていたのにもう2017。いや、それはあまりに言い過ぎでした。もとい、1週間前に・・・   とにかく、どのくらいかはさておいて、年々サイボーグ009並に加速スイッチがONになりっぱなしで、2016もあっという間に過ぎ去ってしまったという感覚でございます。
皆さんにとっての2016はいかがでしたでしょうか?そして2017は皆さんにとって良い年になりそうですか?平穏無事が一番かもしれませんが。ご訪問頂きました皆様が幸多き一年でありますように願っております。

新たな年が明けましたということで、2017の第1話としましては、清々しいアニメを紹介したいと思います。
癒し系アニメと言うよりは、このアニメは”ヒーリングアニメ”と言うにふさわしい作品です。ストーリーもアニメーションも劇中音楽も、全てがあなたの心と体に溶け込んでいくような感覚を味わうことが出来るかもしれませんよ。

作品名は「あまんちゅ!」。沖縄で魚師をする海人(うみんちゅ)と海女(あま)の造語のようなタイトルです。
ジャンルは”日常・青春”。スキューバダイビングをする少女と出会ったもう一人の少女が、その出会いを通して自分の知らない海の世界に目覚めはじめていくお話です。

この作品は、キング・オブ・ファンタジーアニメと言っても過言ではない「ARIA」シリーズの原作者である”天野こずえ”さんによる、月刊コミックブレイド2009年1月号より連載している同タイトル名漫画が原作となっております(既刊11巻)。それがアニメ化され、2016年7月~9月にBS11他で全12話が放送されました。アニメーション制作はJ.C.STAFF。このアニメは、「メジャー」「ハチミツとクローバー」「のだめカンタービレ」などのヒット作を手掛けた”カサヰケンイチ”さんが監督を務め、更にその上に総監督として「美少女戦士セーラームーン」「おジャ魔女どれみ」「ケロロ軍曹」「たまゆら」を監督、そして「ARIA」も監督した”佐藤順一”さんが再び天野こずえさんの作品を指揮する形をとっている、とてつもない力の入り方を感じるスタッフ陣営作品です。劇中音楽はアコースティック・ギターデュオで有名な”ゴンチチ”さんが担当しており、こちらも楽しみな要素となっております。

001.jpg

静岡は伊豆の海で、少女は今日も大好きなスキューバダイビングに明け暮れている。彼女の名は小日向光(こひなた ひかり)、15歳。この春から静岡県立夢ヶ丘高校に通うことになった1年生。もう一人の少女、大木双葉(おおき ふたば)は16歳。彼女は中学の卒業と同時に家族と伊豆に引っ越して来た。彼女は家庭の事情で見ず知らずの町に住むことになり、通学のために無理やり原付きを取らされ、その原付バイクで町を散策がてらに海を見に来ていた。しかし彼女は、肝心の海をろくに見もせず、携帯を見て旧友からの新たなメールを待ち望んでいた。海の家「海女人屋(あまんちゅや)」を営んでいる光の祖母が、彼女に気が付き話しかける。「せっかく海に来たなら海を観ないと」と、そう言うやいなや、次の瞬間、双葉の立つ岩場に波がぶつかり、勢いよく波しぶきが上がり彼女は海の凄さを目の当たりにし、驚く。光はバイクで帰り始める髪の長い彼女・双葉の姿を遠目から追っていた。

高校の入学式の日、双葉は登校途中で、ホイッスルを吹きながら通学しているちょっと変わった女の子”光”を目にする。クラス分けの結果、双葉は光と同じクラスであることがわかり、更に前と後ろの席であることにちょっとびっくり。光は双葉を後ろからじっと眺め、彼女にあだ名を付ける。眉毛が薄い女の子だから、”おでこ”のてんてんを取って”てこ”。マイペースな光は有無も言わせずに彼女にそのあだ名を付けた。そして自分のことは”ぴかり”と呼んでほしいと。

”ぴかり”はプラス思考でとっても明るく行動派な女の子。でも、口下手で自分の思っている事を相手に伝えることが苦手なためにいつもオーバーリアクションになりがち。独特な感性を持ち合わせている。祖母のお店のダイビングサービスをアマチュアのインストラクターとして手伝いながら、将来はプロになることを夢見ている。

”てこ”は引っ込み思案な女の子。自分から進んで行動するのが苦手なタイプ。環境が変わって仲の良かった友人もそばにいなく、毎日不安を抱えながら学校にも通っていた。でも、ぴかりとの出会いが少しだけ彼女に変化をもたらそうとしていた。

入学してから日が浅いある日、担任教師から部活動についての話があった。部活動をはじめたいと思っている生徒はよく話を聴いて、納得してから入部を決めるようにと。それを聞いた”てこ”は自分は帰宅部で良いと思い始めていた。放課後、帰ろうとした際に、”てこ”は”ぴかり”の怪しい行動を目にする。”ぴかり”に声をかけてみると、”てこ”は”ぴかり”に手を取られ、とある部室前に連れて行かれる。そうかと思えば、”ぴかり”は勝手に部室に入ってしまう。ダメだとわかりながら、”てこ”もそこを覗くと、そこはスキューバダイビングをやっている「ダイビング部」であることがわかる。部室には誰もいない。いたのは一匹の猫だけ。

かけてあったダイビングスーツを珍しそうに眺めていた”てこ”。”ぴかり”はそのスーツの説明を”てこ”にしながら勝手にそのスーツを着てしまう。ダメだと言いながらも、”ぴかり”にそそのかされた”てこ”は、”ぴかり”のペースに乗せられながら自分もスーツを着てしまう。”ぴかり”はおもむろにプールへと向かってしまった。成り行き上、”てこ”もプールへと向かった。”ぴかり”はスーツの空気抜きをてこに説明したかと思えば早速プールへ飛び込んでしまった。大胆な”ぴかり”に、”てこ”は戸惑いながらも気持ちよさそうにプールに浮かぶ”ぴかり”を見て、てこの中の気持ちが吹っ切れた。次の瞬間、彼女はプールにダイブしていた。”ぴかり”の影響で、引っ込み思案の”てこ”の行動が変わった瞬間でもあった。プールに仰向けに浮かぶ二人。”ぴかり”は海の中に潜る素敵体験を”てこ”に話して聞かせるのであった。

やがて二人は「ダイビング部」に入部することになります。しかし、誰もいない部室に勝手に入り、勝手にスーツを使った者がいることを知った先輩がカンカンになっているとの情報。二人は先輩たちとまだ面識がないのですが当然、会いづらい様子。ダイビングをするためにはまずこの困難をどうにか乗り越えて先輩と仲良くしないと・・・  二人はこれをどう対処するのか?そして、泳ぐことが出来ない”てこ”が果たしてスキューバダイビングをすることが出来るのでしょうか?二人は無事にバディになれるのでしょうか?

003.png

今回の作品では、私も知らない地上とは違うもう一つの世界、”海の世界”を美しい映像と心地よいBGMで疑似体験することが出来、ヒーリングアニメであることを実感いたしました。それともちろん物語の中の素敵な出会いや、そこで起こる数々のエピソードにも癒やされる感じがあって最高でしたね。そして、ポジティブな人と出会うとその人に刺激を受けて、今まで知らなかったことにチャレンジしてみようかと、自分もプラスに引っ張られる作用を再認識しましたし、ぴかりやダイビング部の先輩の相手への何気ない心遣いが人として素晴らしいなって思える作品でした。また、”ぴかり”の祖母と”ぴかり”と”てこ”のクラス担任の”火鳥真斗(かとり まと)”先生の名言にもしびれましたし、注目してみてもらいたいところですね。あと、学校の制服が海のお話だけにマーメイドドレスっぽいところも、作者先生のこだわりを感じます。先生は猫好きで、出て来る猫ちゃんは先生宅で飼われている子達がモデルだそうですよ。

片やの声優さんも今回も素敵です。主人公ぴかり役は「ふらいんぐうぃっち」の”倉本千夏ちゃん”を演じた注目株の”鈴木絵理”さんですが、感性豊かなぴかりを作り出しております。てこ役は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」/めんま役・「ギルティクラウン」/楪(ゆずりは)いのり役・「さくら荘のペットな彼女」/ましろ・「ノーゲーム・ノーライフ」/白役・「冴えない彼女の育て方」/霞ヶ丘詩羽(かすみがおか うたは)役など数々の主役を演じた”茅野愛衣(かやの あい)”さん です。今回は、恥ずかしそうで、それでいて透明感のある少女、てこ役が見れて満足しております。火鳥真斗先生役は”伊藤静”さんですがカッコ可愛い先生に惚れそうになりますね。

BGMもさることながらオープニングテーマはやはり癒し系アニメに最適な真綾さんが担当です。
オープニングテーマ「Million Clouds/坂本真綾」

最後に真斗先生のお言葉を借りて2017の幕開けをしめたいと思います。

楽しいは最強!楽しいは正義!楽しいは無限大!

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

みんなで作ると楽しいね。みんなで食べると美味しいね。愛情いっぱい召し上がれ!「甘々と稲妻」

皆さんの食卓は楽しいものですか?一人で食事をされる方は、誰に気兼ねせずに自由に自分の好きなものをセレクトして楽しむことが出来るのが最大の特権・メリットですよね。彼氏彼女がいる方やルームメイト・友人と一緒に食べるという方は、相手となにを食べるかシェアする喜びがあるかと思います。そして家庭を持っている方は、特に晩ごはんを囲んだ中で、家族のそれぞれの1日のドラマに笑ったり怒ったり、そして子供の食を観て成長を感じたりと、食べることの他に家族内のコミュニケーションをはかるという、すごく大事な役割を持ってたりするものじゃないかと思います。

そう言う我が家は4人で食卓を囲んでおります。私と妻と高校生の息子と義理の母との4人構成です。私の会社がブラック?それとも単に私が仕事大好き?なせいか、私が帰宅するのはいつも夜の10時前後。ごくまれに7時ぐらいに帰るものなら「今日は早いわね、もうひと働きしてきたら?」とブラックジョークを噛まされます、誰とは言いませんが(これってブラックジョークですよね、あくまで^^; そうであって欲しい)。なので平日はほぼ、お一人様で食事を済ませます。その分、休みの日の食卓でいろいろとコミュニケーションを取るチャンスなのですが、普段、仕事の際には全力で営業トークしていることも手伝って、 家では割りと無口になってしまいます。ただそれは言い訳ですので、やはり休みの日ぐらいは家族ともっと話をしないといけないですよね。ですが、ついつい全脱力してしまっています。「田中くんはいつもけだるげ」の田中くんのように。またもや反省の日々でありますm(_ _)m

本日はそんなことで、食卓の大切さがものすごく身にしみるアニメ、”笑って泣いて美味しく食べる”がたくさん出てくる作品をご紹介いたします。タイトルは「甘々と稲妻」。ジャンルは料理・グルメ・食育となっておりますが、一生懸命に幼い娘のために食事を作り、一緒に食べることで娘に喜んでもらおうと頑張るお父さんの”子育て物語”でもあります。このアニメは2013年3月より「good!アフタヌーン」で連載中の”雨隠(あまがくれ)ギド”さんの同タイトル漫画が原作で(既刊7巻)、それがアニメ化され、2016年7月~9月にBS11他で全12話が放送されました。

甘々と稲妻5

主人公”犬塚公平(いぬづか こうへい)”は、とある高校の数学教師。5歳の娘”つむぎ”と二人暮らしで、仕事とつむぎの幼稚園の送り迎え、そして家事・子育てに毎日奔走中。半年前に妻に先立たれ、料理がまともに出来ないこともあり、食事にはいつも四苦八苦している様子。朝はパン、夜はお弁当屋さんのお弁当がメイン。つむぎの幼稚園のお弁当は、ほぼほぼ冷凍食品の詰め物で構成されている。公平は早く帰るために家に仕事を持ち込むことも多く、つむぎはそのためテレビを観ながら一人でお弁当を食べる日々が続いていた。

なかなかつむぎのことをかまってやれない公平は、休日に二人でお花見に出かけることにした。休みの日、やるべき家事を済ませ、二人はお花見スポットへと向かった。そこはたくさんの人と笑顔に溢れていた。そんな中で一人だけ、泣きながらおむすびを頬張っている少女がいることに二人は気がつく。つむぎは彼女に近づき「だいじょうぶ?」と声をかけた。すると彼女は「悲しくて泣いているのではなく、お弁当が美味しくて泣いているの。一緒に来るはずの母が来れなくなったために二人分のお弁当を食べていたら、そのお弁当がすごく美味しくて、忙しい最中にお弁当をつくってくれた母のことを考えたら思わず泣けてきたの。」と、つむぎにそう答えた。「そんなに美味しいの?」と聞きながら、つむぎはそのお弁当箱を見るが、2段重ねのお弁当は全て空っぽ。彼女は体型に見合わず、かなりの大食いであった。彼女は母が営んでいる「恵」という料理屋の名刺を公平に渡し、美味しいので食べに来てくださいね、とお店を紹介するのであった。

お花見の帰り道、今晩はなにを食べようかと公平はつむぎに尋ねるが、つむぎは食べ物にあまり興味を示さない。結局、いつもと代わり映えのしないお弁当屋さんのお弁当で済ませることにしたが、つむぎの食は進まず、最近はお弁当を残す事が多くなった。ある日、公平が家に帰ると、つむぎはテレビの中の圧力釜で料理された美味しそうな肉に釘付けになっていた。「おとさん、これママにつくってって、頼んでね。」それを聞いた公平は愕然とした。つむぎに美味しいものを食べさせたいと瞬間的に思った公平は、つむぎを連れてすぐに、料理屋「恵」を目指し走り始めた。途中からお店に電話をかけると、この前の彼女が電話に出たが何か気が乗らない返答。お店に着くとそこには彼女だけがいた。

彼女は制服姿であり、公平が勤務する高校の生徒であることがわかった。更に、公平の副担任として受け持つクラスの生徒でもあった。彼は全く覚えていなかったが、彼女の名前は”飯田小鳥(いいだ ことり)”。母が急用でいないために今日はなんのお構いもできないことを彼女は公平にわびた。公平は仕方なく帰ろうとするが「ごはんは?」とつむぎは納得していない様子。思わず小鳥は二人に「ご飯出来ます!」と言ってしまう。覚悟を決めた小鳥は土鍋でご飯を炊き始めた。見よう見まねでかなり時間はかかったが、無事にご飯は炊き上がった。眠かけをしているつむぎを起こし、三人は土鍋で炊きあがったツヤツヤふっくらご飯を実食。ただおかずは何もない。小鳥は自分の炊いたご飯に感動しつつ早速食べ始めた。つづいて、つむぎもごはんを口に運ぶと次の瞬間、「うまい!」の一言が。そんなつむぎの笑顔を観て公平は嬉しさのあまりホロリとしてしまう。自分もそのご飯を食べてみるとそれはとても美味しく、公平は手作りの美味しさに、はっと気がつく。そしてつむぎに対して約束をする。これからはお父さんが美味しいごはんを作り、ふたりでいっしょにそれを食べることを。

それを聞いていた小鳥は公平に突然、思いついたようにお願い事をするのであった。「私とごはんをつくって食べませんか!」と。唐突なお願いにもちろん公平はすぐさま同意はしなかった。見ず知らずの親子と高校女子がごはんをつくって食べるというシチュエーションは、高校教師の公平にとっては常識としては考えられないことだったが、小鳥はえらく真剣。これは公平に対しての恋、それとも・・・何か彼女には思うところがあるらしい。それには一体どんな理由が?

甘々と稲妻1

この作品は、”料理を美味しく作る”そして”みんなで美味しく食べる”という事が前提の料理アニメであります。毎回、日本人にはお馴染みの美味しそうな料理が登場します。料理が得意じゃない主人公たちが毎回試行錯誤しながら、食べてもらいたい相手のためにとにかく頑張ります。結果、美味しい料理ができるのですが、そこまでたどり着くのに毎回いろんなドタバタやエピソードがあって、最後に美味しい笑顔で締めくくられるという、とってもハッピーな物語です。ときには笑い、そして涙。父と娘が互いを思いやり、そして理解しようとするエピソードに毎回心を打たれます。子供って本当によく親を観ているものですし、親は我が子をもっと正面から見てあげないといけないですよね。子供の行動にはそれなりの理由があることも忘れずに。子育て世代のお父さん・お母さんにはぜひ観ていただきたい作品です。私はこの作品を観て、あらためて家族のあり方を再認識させられました。つむぎがお父さんのために大冒険をする第7話も必見ですよ。

今回の作品には、上記の3人の他にも日常で絡むさまざまな人物が登場しますが、この3人がほぼほぼメインであります。3人を演じているのは、まず公平役が”中村悠一”さんです。セクシーな低音ボイスにとても特徴があり、女性には魅力的な声質を持つ声優さんかと思われます。本当に数多くの作品の主役をこなしている方ですので、まだ知らない方は抑えておきたい声優さんの一人です。そして5歳のつむぎ役は11歳の女優さん&声優さんの”遠藤璃菜”さんが演じています。天真爛漫かつ、時にむくれてしまう子供っぽさが上手に出ていて好感が持てました。「ばらかもん」のひな役も演じていて、今後活躍が大いに期待される声優さんでしょう。最後は小鳥役ですが、こちらは”早見沙織”さんが演じております。本当に食べることが大好きなんだと思わせる女子高生役を見事に演じていらっしゃいます。数々の主役&個性的な脇役を演じている声優さんで、アニメに石をぶつけたら(ぶつけちゃダメですが)早見さんに当たるといっても過言じゃないくらい多くの作品に出ている、引っ張りだこな声優さんですよ。個人的には彼女が演じている「終わりのセラフ」の”柊(ひいらぎ)シノア”が好きですね。

寒い冬には心温まるお話と、そして美味しそうな料理を観て、自分たちも楽しい我が家を作りましょうね(^_^)

オープニングテーマ「晴レ晴レファンファーレ/みみめめMIMI」
エンディングテーマ「Maybe/Brian the Sun」


柊シノア
おまけ/柊シノア


見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

オレンジジュースは甘く、酸っぱく、切ない味がした。「orange」

レモンほど酸っぱくはなく、りんごほど甘くはないくだもの、といえばオレンジ(日本人にとって馴染みのあるものはみかんでしょうけれど)。どちらに転ぶかわからない振り幅の大きい悩める青春時代をイメージするにはぴったりな言葉、それがオレンジなのでしょうか?心理的にオレンジ色から受ける言葉のイメージとしても、”元気”、”明るい”、”楽しい”といった言葉が当てはまります。このように、色から連想されることでも「オレンジ」は躍動感のある、いろいろな若いエネルギーがいっぱいな青春時代によく合う言葉なのかもしれません。

ちなみに、当管理人は夏になると家族から「酸っぱいね。」と言われますが、これは”甘酸っぱい”わけではなく、ただ単に汗臭いだけで、褒め言葉でもなんでもありません。こういうふうに言われて、オレは爽やかな柑橘系男子なんだと思っているオジサンがいたら、それは大きな勘違いですからご注意を!単に酸っぱいだけの男はもてません。いや、むしろ嫌われます。やっぱり、いろんな甘さもないとダメですね。すみません、まったくいらない情報でした。

「オレンジジュースは甘く、酸っぱく、切ない味がした。」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じの一文ですね。
ヒロインの女子高生が、好きな男子から買って貰ったオレンジジュースを飲んでの一言なんです。今日は、青春を遥か彼方においてきてしまった皆さんに是非、ご自身の昔を思い出しつつ見ていただきたい作品をご紹介いたします。

そのものズバリなタイトル作品「orange」。ジャンルは”SF青春ラブストーリー”です。

原作は漫画家”高野苺(いちご)”さんが書いた同タイトルの漫画です。2012年4月~12月で「別冊マーガレット」に掲載され、その後、高野さんの体調不良で休載。そして2014年2月~2015年10月に「月刊アクション」で不定期連載され完結されたようです。シリーズで470万部も売れた人気漫画だそうです。

昨年は実写版映画化となり、NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインを演じた土屋太鳳さんと、その相手役となった山崎賢人さんのお二人がこの映画でも主役となって再登場、話題になりました。アニメ化はその後となり、ついこの間の7月~9月で全13話がBS11他で放送されたばかりです。監督は、SFラブストリーアニメ「STEINS;GATE」も手掛けた”浜崎博嗣(ひろし)”監督で、アニメーション制作は「ルパン三世」テレビシリーズを主につくっているテレコム・アニメーションフィルムです。

私は2日で観終わりましたが、この作品はむしろ大人が観て腑に落ちるストーリー展開と結末かもしれません、とだけ言っておきます。ファンタジーの要素も有りますが、結構現実的な辛さもあり、それが大きく教訓となる作品でもあります。それともう一つ、後半で涙腺崩壊となりますこと必至ですので、後半はティッシュをおいて御覧くださいませ。

orange2.png

舞台は長野県松本市(高野苺さんは松本市在住の漫画家さんだそうです)。主人公の”高宮菜穂(たかみや なほ)”は16歳の高校2年。4月の始業式の朝、菜穂はその日、人生で初の朝寝坊をし、急いで学校へ向おうと靴を履いて玄関を出ようとした。すると玄関に1枚の手紙が落ちてきた。裏を見ると差出人は自分の名前になっていた。不思議に思いながらも手紙をカバンに入れ、菜穂は学校へと向かった。

朝のホームルームの時間、菜穂はその手紙を見始める。するとそこには、今日、東京から転校生が来ることが書かれていた。名前は"成瀬翔(なるせ かける)"。そして菜穂の隣の席に座ることまで。目の前では担任教師が転校生を紹介している。黒板を見るとそこにはその名の通りの名前が書かれていた。まるで予告なのかそれはすでに起こってしまったことなのか、手紙のとおりに事が運ぶのであった。手紙の続きには、その日の放課後、仲の良い友人たちと一緒に翔を誘って帰ることになるが、その日だけは翔を絶対に誘わないで、と書かれてあった。

放課後になり、仲の良いグループの一人”須和弘人(すわ ひろと)”は良かれと思い、みんなで一緒に帰ろう、と翔に声をかけた。一度は断る翔だったが、再度、弘人に誘われ翔は承諾する。仲間の”村坂あずさ””茅野貴子(ちの たかこ)””萩田朔(はぎた さく)”、菜穂・弘人の5人は雑談しながら翔と帰宅。みんなと一緒の帰り道、楽しそうに笑う翔を見て、菜穂は誘って良かったと思った。明くる日、翔は学校に来なかった。翔が再び学校に来たのは、それから2週間が過ぎてからであった。

orange1.jpg

その後数日経って、菜穂に翔と二人で話をする機会が訪れた。菜穂は翔が学校を休んでいた理由をなにげに聞いてしまう。すると翔は菜穂に2週間の出来事を話はじめた。翔の母がみんなと一緒に帰ったあの日に亡くなったこと。そしてそれは自殺だったこと。2週間で母のお葬式やおばあちゃんの家に引っ越しをしていたことを。菜穂は、そこで初めて手紙の重要性を感じはじめる。あの時やっぱり翔を誘わなければ自体は変わっていたのだろうか?なんで誘ってしまったのだろう。手紙を読み進めていくとそこには、翔が悲しそうにしている時はいつでも助けてあげてほしいと書かれていた。そして菜穂が翔を好きになることや翔が先輩の女子と付き合う事になったり、12月に翔が事故で亡くなることも書かれていた。その手紙には、10年後にはやはり翔が存在しないこと、そして10年前のいろいろな出来事がすごく悔やまれること、どうにかすれば翔を救う事ができたであろうことが綴られていたのである。紛れもなくそれは、10年後の自分が10年前の自分に宛てたメッセージであった。後悔しないように未来を変えてほしいという10年後の菜穂からの願い。

それからの菜穂は手紙に書かれていることを信じ、翔を救うため、未来を変えるための行動をとるようになっていった。そして少しずつ手紙に書かれていた悪い出来事は回避され始めていくのであった。一方で、菜穂のことが好きな弘人は、二人のことをいつも温かく見守っていた。仲間である翔のことも好きな弘人は二人のことを取り持つようになる。自分の片思いの菜穂が悩んでいると、弘人は菜穂の相談にのった。そしてある時、弘人は菜穂にあることを告げる。10年後の自分から手紙が届いていたこと、そしてその手紙の内容は、未来の自分から翔を救ってほしい、というお願いごとが書かれていたことを。衝撃的な事実が明かされた。

自分だけでは本当に翔を救うことが出来るのかと半信半疑な菜穂だったが、同じように翔を救いたいと考える新たな協力者が現れた。菜穂も未来の自分から手紙が届いたことを弘人に話し、二人は絶対に翔を救おうと誓った。そして二人は、翔に対して、悩みがあったらなんでも話してほしいと伝える。翔はそこで初めて自分の胸の内を二人に話しはじめた。母の死に責任を感じていて毎日生きてゆくことが辛いと言うことを。二人はそれが翔の責任ではないこと、そして翔は自由に生きて構わないんだということを翔に伝える。みんないつも翔のそばにいるということも。話をして翔の気持ちは軽くなったようだった。しかし、これからの行動で二人は本当に翔のことを救ってあげられるのだろうか?未来を変えることは果たして出来るのだろうか?

orange3.jpg

この作品を観ると、目の前の今この一瞬一瞬を大切に生きないといけない、という至極当たり前のことにあらためて気付かされます。嫌なことから逃げた、今この時は時間が経つに連れ取り戻すことが出来ない過去に変わって行ってしまうこと。後からそれを取り戻そうとしても自分が思い描く方向にはなかなか事が運ばないということ。そして未来は今の行動の積み重ねで見えてくること。

時間は止まらない。リセットも出来ない。だから今を精一杯生きる。自分のために。愛する人のために。
SFラブストーリーではありますが、老若男女問わずにみんなに当てはまるそうしたテーマがこの作品にはあるように感じました。
そして自分のことだけじゃなく、誰かを救ってあげられる力というものが人にはあって、少なからず自分の周りの人間が危うい時にはそれに気づいて手を差し伸べられる人間でいたいと思いました。人間は弱いですから支えあってなんぼですよね。自分だけじゃどうにも解決できないことも、人からの助言や勇気をもらえたらきっと良い方向に変われますよね。

今回のオープニングテーマ・エンディングテーマは大変メージャーな方々が作品の世界を大いに膨らませてくれていますのでこちらもぜひ、聴いてみてください。

オープニングテーマ「光の破片/高橋優」
エンディングテーマ「未来/コブクロ」

今回の注目の声優さんは何と言ってもメインヒロインの高宮菜穂役”花澤香菜”さんです。とても艶のある声で特徴があり、小さな女の子から成人女性、はたまたま女性っぽい男性などいろんな役で数多くの作品に出ている声優さんであります。私が個人的に好きな役は「STEINS;GATE」の椎名まゆりと「化物語」の千石撫子、「僕は友達が少ない」の羽瀬川小鳩あたりです。どのキャラもハートドキュンであります。
そしてもう一人、注目すべきは村坂あずさ役の”高森奈津美”さんですが、記憶に新しい「田中くんはいつもけだるげ」の田中くんに弟子入りする女性”宮野さん”を演じた方です。どちらも個性のある脇役で、今回もとっても楽しい菜穂の友人役で話を盛り上げてくれています。

最後になりましたが、「orange」のタイトルの意味するものですが、ラストを観るとそれを象徴するシーンが登場いたします。それを観てどのように解釈するかは人それぞれですので、それぞれにとっての「orange」を感じていただければ良いのかもしれません。
どうぞ13話の最後まで観てくださいね。

このアニメはつい先日、18日から劇場版「orange-未来-」が2週間限定で全国一斉ロードショー中であります。テレビ版にプラスアルファの描き下ろしも加わった内容です。テレビ版アニメを先に観てから劇場版を観るか、それとも劇場版から先に観てしまうか、これは大いに悩みますね(^_^)
 
見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

450年の時を経て侍、現代に目覚め、馬ならぬ巨大ロボに乗りて鬼退治にいざ、参る!!「クロムクロ」

”愛すべき者を守る”というコンセプトアニメは、私にとってはそれがあれば他におかずはいらないぐらいの主食なるもので、アニメを観る上でとても好きなテーマです。ヒーローアニメでなくとも広く、こうしたテーマが盛り込まれた作品には心ひかれますし、実際、心の琴線に触れる作品がほとんどかと思います。好きなジャンルによって観る作品を選ぶのとは別に、こうしたコンセプト作品と認識してジャンルをまたいでアニメを観る、というのも付加価値が高くおすすめです。

そしてそれらのアニメを観ると、私は日頃のたるんだ精神が引き締まり「もっとしっかりせなあかんなぁ(何故かこういう時は関西人じゃないのに関西人口調な私の心の声)。」と、戒めの気持ちが出てきます。そして、さらに「損得じゃなく誰かを助けたり守ることが出来たらええのになぁ。」なんて3日間ぐらいはでっかい気持ちになったりします。最終的には「そうか、これらの系統のアニメを観ることは、私にとってはオトナになってからの道徳心を振り返る、いわば再学習の時間なのだ」、なんて内心思いながらアニメ三昧な自分を正当化してしまうのです。

しかしながら、冗談抜きに、ときにはアニメに勇気づけられたり反省させられたりと言うこともありまして、”愛すべき者を守る”というたぐいの作品には特にチョコレートのポリフェノール効果ならぬ、アニメポリフェノール効果が多く含まれている、と私は考えております(カカオ80%入りのオトナチョコ並に)。それはどんな効果かと言うと、「目の前の嫌なことから逃げない」・「途中で物事を諦めない」・「正しい行いをしようとする」・「ポジティブな考え方になる」などのプラス効果です。よって、それらのアニメを多く好む私はそれらが増幅してかなり最強になっているはずなのです。きっと・・・おそらくは?・・・そうであってほしい!(希望)

そんなわけで、今回は正義の心とポジティブな気持ちが増す効果が高い”誰かが誰かを守る”がいっぱい詰まったお話を紹介いたします。作品名は「クロムクロ」。ジャンルはSF・アクション・ロボット

恋愛・青春ものが得意なアニメーション制作会社P.A.WORKSが、自社の15周年記念として初めてロボットアニメに着手した興味深い作品です。オリジナルアニメ制作で定評のあるP.A.WORKSならではの、こちらもオリジナル作品です(アニメのもととなる漫画や小説などの原作がなく、自社で書き起こした作品)。2016年4月~9月にBS11他で全26話が放送されました。作品の監督は、「YAWARA!」、「新世紀エヴァンゲリオン」、「フルメタル・パニック」の絵コンテ・演出を担当した”岡村天斎(てんさい)”さんです。

クロムクロ1

時は2016年のまさに現在。舞台は富山県の黒部ダムのある黒部町。その町はかつて60年前のトンネル工事の最中に地球には存在しないとされる謎の遺物”アーティファクト”を発見したことから、そこはやがて国連の管轄下に置かれ、その物体の研究のために黒部研究所が設立され、解明するための様々な研究が現在まで行われてきた。

その町にある立山国際高校は、黒部研究所で働く、世界から集まったエンジニア・研究者の子どもたちが通う国際色豊かな高校でる。そこに通う”白羽由希奈(しらはねゆきな)”は高校2年生。黒部研究所の所長であり母である”洋海(ひろみ)”といっしょに進路指導を受けていた。由希奈の進路は漠然と火星。先生に言わせれば、火星探査の仕事に着くには母のように優秀でもなく、何の努力もしない由希奈には到底無理との判断。娘の希望と可能性を無視する先生に対して憤慨しながらそそくさと研究上へ戻る洋海。

大事な携帯電話を忘れていった母にそれを届けるために、由希奈は同級生の”荻野美夏(おぎのみか)”といっしょに黒部研究所へと向かった。研究所に着く、と美夏はそこで働く父に面会するため由希奈と別行動をとることに。由希奈は洋海に面会する途中で、謎の遺物”アーティファクト”のひとつであるザ・キューブと呼ばれるものを目の当たりにする。そしてそれに関わる顔見知りのエンジニアからどのようなシロモノなのか説明を受けていた。そんな最中、事件は起きる。

未確認飛行物体が黒部周辺に落下したのだった。それは隕石などの落下ではなく、異星人による地球襲来であった。これに応戦するために国連部隊の人型機動兵器が出動し攻撃するが、まるで歯が立たない。黒部研究所が作り出した”ジオフレーム”と呼ばれる最新型の人型機動兵器ガウス1・2も出動し応戦。一方、外部からのものすごい衝撃を受けた黒部研究所内では、由希奈たちに避難指示がくだされていた。避難する前に、由希奈は目の前の”ザ・キューブ”に何らかの反応が起こっている事に気が付き、思わず、その反応している光る部分に手を触れてしまう。するとその四角い箱は反応し、中が開いた。その中にはうつ伏せに裸で横たわっている男性らしき人の姿があった。間もなくその男は目を覚まし、由希奈を見ると「姫、ご無事でしたか!」と言葉を発した。そして振り返るやいなや携えていた刀を手に取り、「我は”青馬剣之介 時貞(おうまけんのすけ ときさだ)”、うぬらは鬼の手先か」と名乗りを挙げ、目の前まで侵入してきた敵の人型機動兵器に向かっていき、その刀で敵を倒してしまう。しかし、間もなく男は意識を失くしてその場に倒れてしまう。目の前で起こっている状況を飲み込めずにただ呆然と立ち尽す由希奈であった。

クロムクロ3

男は一度捕らえられたが脱走してしまう。そして、由希奈を見つけると由希奈の手を取って突然走り出したのだった。しかし、それはその男の勘違いであった。昔仕えていたお家のお姫様と由希奈を見間違ってお守りしようと連れてきてしまったようだ。間もなく男の目の前にザ・キューブが移動して現れた。男が「馬!」と叫ぶとそれはトランスフォームして、乗り物に変形。男は由希奈を強引にそれに乗せ移動しはじめた。着いた先は研究所の地下施設で、そこには巨大ロボットらしきものが存在していた。そのロボットもまた地球には存在しない遺物”アーティファクト”であった。次の瞬間、その馬は変形し、コックピッドとしてロボットに合体。由希奈の首にチクリと何かが刺さる。初めて乗ったにも関わらず、由希奈はコックピッドの状況がわかるらしい。モニターに敵らしき大型の人型起動兵器が映ると男は「鬼!」とそう呼んだ。ロボットを起動し、研究所の外に出ると山の斜面をものすごいスピードで駆け上がっていった。山から見下ろした市街のビルを見て男は見たことのない景色に由希奈に「あれ何だ!」と問いかける。ここまでのいきさつから由希奈は彼が現代の方ではないことをあらためて感じるのであった。

向かった先で二人の乗ったロボット”ムクロ”は大型の人型機動兵器(巨大ロボット)と遭遇。応戦しているうちにたちまちまわりをぐるっと敵に囲まれてしまう。男はそれでもその敵に立ち向かおうとする。わけもわからないうちにいつの間にか戦いに巻き込まれてしまった由希奈。彼女は直接ロボットは操作しないが、何故かこのロボットに適合し敵の所在が手にとるようにわかるため、敵からの攻撃方向を剣之助に伝え、成り行き上、戦いに協力し出すようになる。ふたりはこの窮地を突破することが出来るのだろうか?そしてこの状況を作り出している剣之助は敵それとも味方?黒部だけじゃなく世界規模で異星人が襲来してきた理由とは一体?

クロムクロ5

この作品には、誰かが誰かを守るという伏線が本当にたくさん入っております。家来が姫を、執事がお嬢様を、母が我が子を、父が娘を、少年が好きな女の子を、国が国民を、そして敵が敵を守るという展開もあったりと、そこに多くの人間味あふれるストーリーが組み込まれています。また、アクション・ロボット系アニメなので敵とのバトルがもう一つの見処です。敵がとにかく強すぎます。難敵を相手に打ちひしがれる場面も有りますが、それでも人々は立ち上がり戦いに挑みます。未来を信じて。そしてこのお話の後半で素敵な言葉が登場します。「お前は俺が命に変えて守る!」というフレーズ、とてもしびれます。さあ、誰が言っているのでしょうか?男性なら一度は言ってみたいし、女性も言われてみたい言葉ですよね。全26話ですが、とてもテンポの良いストーリー展開で、アクションあり笑いありな作品ですのでさくさくっと見進めていけます。早い方なら4~5日でコンプリート出来るでしょう。

オープニングテーマ1「デストピア/GLAY」(第2話~13話)
エンディングテーマ2「永遠ループ/和島あみ」(第14話~24話)

今回の作品に出てくる注目の声優さんは3人います。まずは主人公の白羽由希奈役が”M・A・O”さんで、海賊戦隊ゴーカイジャーのゴーカイイエローの方です。次いで由希奈のクラスメイトのお嬢様で、ガウス2のパイロットであるソフィー・ノエル役の”上田麗奈”さんですが、前に紹介した「ばくおん!!」の主人公・佐倉羽音役もこなしている旬な方です。そしてもう一人、由希奈の親友・荻野美夏役は「TARI TARI」では主人公・宮本来夏(こなつ)役をやっていた”瀬戸麻沙美”さんです。3人ともヒロイン役をこなしている方ですし、役柄もそれぞれが個性的なのでそれぞれに萌え要素があるかと思います。あなたのお気に入りが見つかるかもしれませんよ。

最後になりましたが、愛の力があふれる感動の最終話が、皆さんを釘付けにすること必至です。どうぞ見る予定の方は最後までご期待下さい!2期もあるだろうなあ、きっと。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information

亜人ちゃんは語りたい 小鳥遊ひかり 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥7,970から
(2017/4/28 03:57時点)

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation