大好きな人にはきっと会える、世界はそういうふうにできている。「R.O.D-THE TV-」

最近、我が”R-40overアニメおすすめ専門店”「TAKAYA」に、とんでもなく面白いアニメ情報が入ってきた。
D.I.T通信社の突き出し記事に取り上げられた情報をもとに、我が社のスタッフ総勢が総力を集め・・・と言いたいところだが、現在スタッフは私一人のため、店主自ら調査したわけだが、遺跡を掘り当てたような感動に心躍る(掘り当てたことはありませんがおそらくそのようなときの感動に近いのではないかと!?)、そんなアニメに出くわしたのであった。 

そのアニメとは、「R.O.D-READ OR DIE」、直訳すると読むか死ぬか、読まずに死ねるか、読まなければ死ぬ、なんて称される作品です。ジャンルはSF・アクション
”本の街”神保町に出没し、生活費を使い果たすぐらいに本を買い漁っては読みふける、無類のビブリオマニア(蔵書狂)”読子・リードマン”。彼女は普段は非常勤講師の仕事をしているが、実は彼女にはもう一つの顔があった。彼女は大英図書館に特殊工作員として所属し、紙を自由自在に操る”紙使い”と呼ばれる凄腕のエージェントである。手持ちの紙をいかようなものにも変化させ、場合によっては大きい紙飛行機を創って空を飛ぶことだってできる特殊能力の持ち主である。彼女の任務は大英図書館の本と英知を守ることである。

ある時、世界各地で”偉人”と名乗る異能者の集団が図書館・博物館を襲撃し、各施設の稀覯本を奪うという事件が多発した。これを重く受け止めた大英図書館は、その集団の行動を阻止し、稀覯本奪回のために、コードネーム「ザ・ペーパー」こと読子・リードマンと、あらゆるものをすり抜ける特殊能力を持つ「ミス・ディープ」こと”ナンシー・幕張”をコンビとして招集、サポート役として傭兵の”ドレイク・アンダーソン”をつけ、ことにあたるのであった。果たしてその一団の狙いとはいかに?ザ・ペーパーたちはその脅威から世界を守り、無事に稀覯本を奪回することが出来るのであろうか?

634546-read_or_dieova.jpg

アニメ脚本家・小説家”倉田英之(くらたひでゆき)”さんのライトノベルが原作で、2001年~2002年にかけてOVA版として3巻が発売されたようです。そのあと、その続編として「R.O.D-THE TV-」が作られ、2003年10月~2004年3月で全26話がフジテレビの深夜枠で放送された模様。今から15年も前に世に登場したアニメですが、完全に大人向けに作られた娯楽アニメであり、作者及び制作スタッフ陣の遊び心がいっぱい詰まった大スペクタクル作品であり、この良作をどれだけの大人が知っているのだろうか?という思いに駆られました。見てなければ実にもったいないと! 「フルメタル・パニック」というアニメもそうですが、次世代に残したい「アニメ遺産」だと私は思います。

方や、「R.O.D-THE TV-」の内容はと言うと、「R.O.D-READ OR DIE」 のお話から5年後が舞台となっての続編です。
やはり、セオリー通りに「R.O.D-READ OR DIE」の3話を先に見てから、「R.O.D-THE TV-」の26話を見た方が良いと思います。先の3話が後の26話のベースになるので、最初にその3話を見ていると内容の厚みが増すからです。ぜひOVA版からどうぞ!

作家”菫川(すみれがわ)ねねね”は、23歳の小説家。13歳でデビューをはたした天才小説家であったが、大切な人であり、ねねねの作品を読んでくれる一番の読者であった読子・リードマンが失踪し、それ以降の4年間、ねねねは小説を書くことができなくなっていた。日本では忘れ去られた彼女の作品が、香港で映画化されることになった。彼女は現地で開かれるサイン会に出るために香港へと向かう。彼女には熱烈なファンが付いている反面、過激なアンチファンも多く、危険にさらされることが予想されるため、彼女の編集担当者”リー・リンホー”は、現地で3人の護衛を雇うことにした。

その3人とは、読子とはまた違った紙技を使う”紙使い”の3人で”三姉妹探偵社”と名乗る者たちであった。末っ子の”アニタ・キング”は本が嫌いだが紙を自在に操ることが出来、紙を刃物のように扱い、近距離戦闘が得意な13歳。次女”マギー・ムイ”は活字中毒なビブリオマニアで紙で傀儡(くぐつ)と呼ばれる動物や亜人を作り出し操ることが出来る。長女の”ミシェール・チャンはマギーと同じくビブリオマニアであり、本の買い過ぎでいつも家計を圧迫している張本人。戦闘の際は紙を弓矢のように扱い遠距離戦が得意である。長女として2人をうまくまとめ上げ、チームワークで依頼の任務をこなす美人なお姉さん。
3人は、ねねねの護衛に就きサイン会を見守るが、案の定、事件は起きる。だが3人は無事にねねねを守り、任務は遂行された。

readordie-640x429.jpg

やがて、ねねねは日本に帰国。3人の任務はそれで終わりに見えたが、編集担当者のリー・リンホーの計らいで3人は日本に呼ばれ、引き続き護衛をすることとなる。小説を書けないねねねに対し、3人の存在が刺激となって、小説をまた書き始めきっかけになればという彼の算段もあっての事だった。いろんな事情もあって3人はねねねの家で共同生活をすることになる。読子がいなくなり一人ぼっちでいたねねねに対して3人がいい刺激となって、それによってねねねの執筆が復活し、やがて新しい小説が誕生しようというところまで来た。

そんな折、3人は、ねねねの安全な状況もあって護衛の契約解除をリー・リンホーから言い渡され、香港に帰国。しかしその後、ねねねがある謎の組織にさらわれてしまう。3人は多額の金を積まれ、ねねねの件には立ち入らないように忠告を受ける。一生本を買うのにも、生活するにも十分なお金を手にした彼女達。果たして彼女たちの選択はいかに?
そして、謎の組織がねねねをさらった理由とは?ねねねはいずれ、失踪した読子にふたたび会うことは出来るのでしょうか?

お話はめまぐるしく展開していきます。小説ならではですね。回を追うごとに様々なことが明らかになって行きます。

この作品は26話もあるので、各登場人物の生き方や行動における人間模様がたくさん描かれております。切れない絆、紡ぎたい絆など、人にとってそのつながりがあってはじめて人は生きて行けることなど、それぞれのヒューマンドラマが登場し、感慨深い作品でもあります。紙使いのアクションシーンの楽しさはもちろんですが、そうしたドラマが作品全体を非常に熱くしております。思わず引き込まれてしまう、そんな魅力ある作品です。

そして、お決まりのフレーズがこの作品にも登場しますが、そういうフレーズがある作品というのはなんともいいものですね。
「大好きな人にはきっと会える、世界はそういうふうにできている」という、この言葉。
自分たちの人生の中でもそうあってほしい言葉ですよね。
夢と希望の膨らむアニメはやはり最高です!
だいぶ前の作品ではありますが、時代を越えた良い作品かと思いますのでぜひ、視聴してみてください。

26話の作品の方の主人公”アニタ・キングは声優の”斎藤千和”さんが演じてますが、物語シリーズの戦場ヶ原ひたぎ役とはひと味違った彼女の魅力を感じることが出来ると思いますので、そのあたりも見どころです。
ちなみに、読子・リードマンは女優の”三浦理恵子”さんなのでびっくりでした(゚∀゚)

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
最新コメント
いらっしゃいませ!  カウンター
information
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation