波風立てて面白くする。面白きことは良きことなり!「有頂天家族」

リアルな世界で社畜の私は、おかげ様でここ2か月間、大変お仕事にも恵まれすぎて、同僚に仕事も振れず、代休もとれずにただ会社と家を往復する日々が続きました。毎日15~17時間も働けば、さすがにお腹が一杯になります。もうこれ以上は食えないよ!っていう夢を見そうなくらい、夏から今まではくそ忙しい日々でした。プロ野球選手のイメージテーマ曲みたいなものが今の私にあるとしたら、おそらくは「進撃の巨人2」のオープニングテーマ”心臓を捧げよ!”がピッタリじゃないかと自分では思っております。会社というよりはお客様に心臓を捧げておりましたね。「おまえらみんな駆逐してやる!」っていうエレン(進撃の巨人の主人公)の言葉を妄想し、毎日全力で仕事を駆逐しておりました。

そんな日々の中で、とある科学の~ではなく、 とあるお得意先の、いつも忙しそうな年輩の男性と世間話をしていると、彼は何気に、「何のために働いているのかって、最近思うよね。」と言うことを口にしておりました。それを聞いて私も一瞬、はっと自身を振り返りました。「私は何のために?、いやいや、余計なことを考えちゃ駄目だ、考えちゃ駄目だ(ちょっとエヴァのシンジ君入っています)このキーワードは地雷のようなもの。」まともに考えて踏んでしまうと爆死してしまいます。

余計なことは考えずに、”働く”のはごはんを食べるため、人様のお役に立つためには、あたり前田のクラッカー、と割り切って、程々に真面目に腹八分に働く。それとは別に、”いかに人生を楽しく面白く生きるか”ってことを並行的に考えないといけないのかもしれません。働くことと人生を楽しむことは別のベクトルで成り立っていると。一緒のベクトルで考えると非常に悩みます。悩んでる時間はもったいないので、そんな時間があるのであればとにかく楽しいことをやるのに時間を費やす。明日突然、あの世に召喚されるかもしれません。私はそんなことを考えると、悔いを残さないくらいに日々楽しく面白いアニメを時間のある限り、観続けようと思ってしまいます。実はアニメに一番、心臓を捧げていた、と言うことでお後がよろしいようで m(_ _)m

本日紹介する作品は、”波風立てて面白くする、面白きことは良きことなり!”という、狸界の偉大な父の教えを実践しようと日々、荒波を立てて面白おかしく過ごそうと、まわりを巻き込んで騒動を起こしている三男狸の矢三郎が主人公の物語「有頂天家族」です。ジャンルはコメディ・ファンタジー・群像劇となっていますが、登場する狸界・天狗界を通して人間界を客観的に観ることが出来る”人情コメディ・群像劇”だと思います。

この作品は小説家・”森見登美彦”さんによる同タイトル小説が原作となっております。動物小説としてのたぬきシリーズ3部作の第1部「有頂天家族」が2007年9月に幻冬舎より刊行、第2部「有頂天家族 二代目の帰朝」が2015年2月に刊行。それぞれがアニメ化され、2013年7月~9月に「有頂天家族」全13話がBS11・TOKYO MX他で放送、2017年4月~6月に「有頂天家族2」全12話がTOKYO MX・AbemaTV他で放送されました。アニメーション制作は、人情味溢れる作品なら天下一品のP.A.WORKSです。ちなみに、森見登美彦さんは、「夜は短し歩けよ乙女」の小説で2007年に山本周五郎賞と本屋大賞2位を受賞してブレイクした方です。そして、この「有頂天家族」のアニメとしては、2013年12月に第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞しております。

有頂天家族1

人間は街に暮らし、狸は地を履い、天狗は天空を飛行する。この世は人間と狸と天狗の三つ巴。狸は空を飛ぶ天狗に遠く憧れ、人間を真似ることも大好きである。京都が舞台のこの物語は、狸たちが主役でありながらも人間界と天狗界との間でうまく折り合いながら、狸らしく生きようとする姿をコミカルに描いた狸情噺である。

主人公、下鴨家4兄弟の三男・矢三郎は自分に流れる阿呆の血の力しむるところ、狸界のまとめ役である偽右衛門であった偉大な亡き父・総一郎の日頃の教え”面白きことは良きことなり!”を実践しようと日々、あえて世間に波風を立てて、面白くする生きかたを良しとしている。狸としての化け力は父親譲りで、4兄弟の中でも一番優れており、人間界においていろんなものに化けては毎日を楽しんでいる。一介の普通の狸では良しとしない矢三郎であった。

天狗でありながら空を飛ぶことができなくなった矢三郎の師匠である赤玉先生(如意ヶ嶽薬師坊という名の天狗であるが、赤玉ポートワインを好んで飲んでいるため周りからそう言われている)は、かつて自分が司っていた如意ヶ嶽を追われ、現在は人間界において一人、アパートで隠居生活を送っていた。先生に少しでも喜んでもらおうと矢三郎は女子高生に化けて先生宅を訪れる。しかし、先生は自分のことをからかう弟子の悪態と思って矢三郎に対して怒りを露わにする。先生は、自分の愛弟子である弁天(鈴木聡美という、人間にして赤玉先生の教えによって天空を自在に飛べるようになった女性)にご執心なのだが、最近は全く先生宅に顔を見せなくなったたために、矢三郎に自分が書いた彼女への恋文を届けるよう命じるのであった。

先生の頼みとあらば矢三郎はそれを仰せつからないわけにはいかない。赤玉先生の情報によるところ、本日の金曜日は、弁天が人間界の”金曜倶楽部”なる会合に出席しているはずだということだ。矢三郎はその会合場所へと向かい、外の茂みから弁天を確認するやいなや、矢文をもって文を届けたのであった。矢文は見事、弁天が持っていた扇子を射抜いて壁に突き刺さったのである。

大役(?)を果たした矢三郎は、同じ狸が経営する馴染みの酒場に入り、偽電気ブラン(酒の名前)なる酒を飲んで自分をねぎらっていた。するとそこへ、金曜倶楽部を抜け出してきた弁天がやって来て、扇子を台無しにされたことに対して矢三郎に文句を言い始めたのであった。扇子を壊してしまったことについては素直に謝る矢三郎であったが、赤玉先生のところに顔を出してほしいと弁天にお願いするのであった。人に指図されるのを嫌う弁天はそんな出過ぎたことを言う矢三郎に対して、「あなたがケンカを売ってくれたら喜んで買うのに。そうしたら捕まえて忘年会の鍋にしてやるわ。」と脅し文句を口にするのであった。気まぐれな弁天はやがてその場からいなくなった。

弁天は人間でありながら天狗にもなり、唯一、狸が化けることを知っている人間であり、おまけに狸を食べてしまうという、狸にとってはまさしく天敵であるため、狸界では恐れられている存在なのだ。それを知っていても阿呆の血が矢三郎を動かすのであった。なぜなら、矢三郎にとっても弁天は初恋の相手という因果な存在であったから。(第1話)

有頂天家族1-2

この作品は、狸の世界に起こる日常を面白おかしくコメディタッチでお送りする内容ですが、その中には人間的な親子・兄弟の絆、地域の絆や文化・しきたりについての畏敬など、あらためて、昔の良き日本が崩れてしまった現代社会に生きる方々が再認識しなければならないような事が、狸の衣を借りて語られているような興味深い物語です。狸たちは自分たちの分をわきまえ、天空を自在に凌駕する天狗を崇め、人間を恐れ、いつかは自分たちが人間に食べられる日が来ようとも、それは自然の成り行きと潔く天命をまっとうする考えを持ちわせている、という狸像になっております。シンプルに毎日を謳歌する狸たち。複雑に生き過ぎている人間たちが人生をもっとのびのびと楽しむべきだと言わんばかりの狸界からのメッセージがそこにあるような気がします。

作品には多くの狸たちが登場します。人間に化ける前の狸姿もそれぞれ違っていてとっても愛らしいのですが、人間に化けた姿もとても個性的です。生真面目だけどココ一番に弱い長男・矢一郎、怠け者だが全体を見渡すことに長けていてみんなの相談相手になる次男・矢次郎、楽しければ後先考えないでまずは行動あるのみの自由奔放な三男・矢三郎、化け力はまだまだ及ばないが勤勉で努力家の四男・矢四郎。下鴨家と親戚なのだが犬猿の仲の夷川家・頭領の早雲、下鴨兄弟といざこざを起こす夷川家の双子の兄弟・金閣と銀閣、そして夷川家の長女にして矢三郎の元許嫁の海星。どのキャラもベテラン声優陣たちによってより色濃いキャラに染め上げられていて、作品の総体的な力を魅せつけております。

そして狸以外のキャラもまた、魅力たっぷりです。赤玉先生の、気持ちだけは天狗で有り続ける腑抜けぶりが時に笑いと切なさを感じさせてくれます。自由奔放といえば弁天もそうなのですが、彼女については、まだ天狗にもなっていない頃のあどけない姿と性格から、やがて天狗になって様々な力を備えた事によってみんなを見下ろす立場になった彼女の成長と同時にその変わりぶりが、好きな女性には永遠であって欲しいが現実はそうはいかないよと言わんばかりの展開がまた、非常に感慨深いものがあります。 

物語が徐々に進行していくと、やがて父があの世にいった理由も明らかになっていきます。少しずつシリアスな場面も出てきて、最後はあっと言わせられるどんでん返しが用意されております。コメディ・群像劇・ちょっとした推理物語も入ったエンタティメント作品と言える作品かと思います。

声優さんにつきましては、とにかくみなさんとても素晴らしく、ケチのつけようが1片たりとも見つかりません。矢三郎役の”櫻井孝宏”さん、櫻井さん=矢三郎というくらい100%なキャラぶりだと思います。矢一郎役の”諏訪部順一”さんはFateの渋いアーチャー役とは全然違いますね、さすがです。矢次郎役の”吉野裕行”さんも落ち着いた役どころをひょうひょうとこなしていて素敵です。矢四郎役の”中原麻衣”さんは本当に可愛い4男を演じてくれています。そして、ごくごく個人的には矢三郎の元許嫁の海星役の”佐倉綾音”さんは元許嫁を影からいじらしく支える女の子を演じていて、とてもキュンとしました。

こんなところが「有頂天家族」についての見処なのですが、続編の「有頂天家族2」も1期を観たらぜひ、こちらも観てくださいね。かつての親子対決に敗れて姿をくらました息子が英国紳士として登場します。また亡き父後の狸界のまとめ役”偽右衛門”に矢一郎が立候補して行われる総選挙など、あらたなエピソードで狸界には荒波が立ちまくりです。2期の最終話も素敵な結末が待っております。どうぞご期待ください!

1期オープニングテーマ「有頂天人生/milktub」
1期エンディングテーマ「ケセラセラ/fh'ana」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仕事も忙しい時は忙しく、
暇な時は本当に暇と波があるものですが、
辛い仕事も楽な仕事も生活の一部と割り切って、
あれこれ考えて苦しむよりも楽しい時間に時間を割きたいものですね^^;

『有頂天家族』自体は狸達を題材にしたものでしたが、
敢えて人で家族模様を描かずに、
狸で家族模様を描いているからこそ、
人間自身が忘れてしまった価値観や家族愛を再認識できる、
そんな感じがしましたね~。

作品自体はまるで万華鏡のように、
覗く度に目まぐるしく色々な場面に変わったり、
時には面白く、時には切なく、物語が進んでいって、
でも、変にごちゃごちゃした展開にならないのは、
ちゃんとした芯があるからこそで、
物語に色々な要素を装飾しても濁った世界観にならないのも、
また素晴らしいところでした。

Re: ツバサ様、お帰りなさいませ。

ツバサ様、お帰りなさいませ。

リアルでのお仕事は順調ですか?
お互いに大変なときもあるかと思いますが、
悩むとかえってストレスが増大するので家に帰って
楽しいことをしてリセットしましょうね。
ツバサ様は若いでしょうが、そのあたりの自己管理が
きちんと出来る方とお見受けしておりますので何も
心配はありませんが。

イチロー選手が良いことを言ってました。
”自分に越えられないハードルはやって来ない”と。
だから目の前のハードルは絶対に越えられると
常日頃思っているそうです。
一流プレイヤーは言うこともやはり一流ですよね。

「有頂天家族」はただ面白いだけじゃなく、人間って
こうだよねってあらためて感じさせてくれる内容が
いっぱい詰まった作品でしたね。
当たり前ですが、どんな強い人間(天狗)でもやがては
老いの時期がやってくることや、女性は常に変わってゆく
生き物であることなど(男性に比べて)。

確かに場面がいろいろと変わってもごちゃごちゃした
感じがしませんでしたね。
ツバサ様が言うように、芯がきちんとあるからこそ
いろんな話があってもお話がスッキリと流れて
いたんでしょうね。
原作がやはり、しっかりとしているからなのでしょうかね。
原作は大事ですね。

そういえば、イラストも個性的でしたよね。
オンリーワンな感じがしました。

ストーリー展開もイラストも声優さんも、そして、
個人的にはエンディングのfh'anaも含めて
質が高い作品だったと思います。

ではツバサ様、風のクロノアと一緒にリアルな世界へ
元気でいってらっしゃいませ!


プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation