5人の勇者がこの地に舞い降り、町の未来とおのれの未来を賭けた冒険の章が今、始まる。現代版冒険活劇?「サクラクエスト」

QUEST(クエスト)”という英単語をみなさんはご存知でしょうか。ゲーム好きならすぐにピンとくるこの言葉。あまりにも有名な冒険モノのゲームソフト”ドラゴンクエスト”で、みなさんもおよそ冒険を意味する言葉だと認識できていると思います。あらためて意味を調べると「探求・追求・探しもの・冒険の旅」と、それ一つで日本語よりも広い意味合いをカバーする、カッコ良く前向きで、尚かつ奥の深い言葉だと思いませんか?

今回紹介したいアニメは、まさしくこの言葉が入った「サクラクエスト」という作品です。ファンタジーな冒険活劇アニメではありません。しかしながら、リアルな現代社会の中で、就活でこれから自分の生き方を見つけようとしている一人の女の子が、ひょんなことから自分と縁もゆかりもない田舎町に召喚され、”町おこし”という難題に立ち向かうはめになったこの物語は、ある意味、”現代版異世界冒険活劇”と言ってもあながち間違いではないかもしれません。

この作品は、アニメーション制作会社”P.A.WORKS”が手がけた、”働く女の子シリーズ”の3作目に当たるオリジナル作品です。1作目は温泉旅館で悪戦苦闘しながら自分を見つけていく女の子を描いた「花咲くいろは」で、2作目はアニメーション同好会出身の女の子がアニメ制作会社に就職し、プロのお仕事を通して自分の夢に一歩一歩進んでいくお話「SHIROBAKO」でした。

3作目のサクラクエストは、主人公の女の子が田舎町の観光大使的な”国王”として迎えられ、仲間たちと一緒に同じ目的を果たしていくという、チームワークで仕事をこなしていくお話です。現代の仕事の中でいろんなことと戦いながら勝利(成功)を目指すその姿は、タイトルから想像するにも、ゲームで言う、まさしく冒険者たちのパーティに重ね合わせることも出来ます。町にとっては彼女達の活躍は勇者そのもの、と言わんばかりの作り手たちの遊び心が感じられる楽しい作品です。この作品のジャンルは”観光”ですが、町おこしの5人組の女の子たちをはじめ、町の人々の様々な生き方を客観視出来る”群像劇”とも言えます。2017年4月~9月でBS11他で全25話が放送されました。

サクラクエスト1

主人公の”木春由乃(こはる よしの)”は、地方から東京に出てきて、普通じゃない生き方がしたい20歳の短大生。地元には帰らず東京でそのまま就職するために、現在就職活動中ではあるが、もうじき卒業間近なのに30社受けて内定は今だにゼロ。実家の母からは普通でもかまわないから地元に帰って来るように言われている。来月には短大の寮も出ないとならないし、仕送りも無くなってしまう。そんな中、由乃の携帯に1本の電話がかかってきた。以前、友達と一緒にモデルのバイトをした際に登録していた、モデル事務所・モモンガプロモーションからの仕事依頼であった。その仕事の内容とは、とある町が”町おこし”の一貫ではじめた独立王国をPRするお仕事、観光大使を勤めることである。由乃はよくある警察署の1日署長的な仕事と解釈してその仕事をとりあえず引き受けてしまう。

向かった先は自分の地元と大差のない田舎町・間野山(まのやま)。駅に着くとそこには木春由乃を歓迎する横断幕を持った一団が。由乃はその一団に挨拶をした。しかし、歓迎の割に歓迎されていない雰囲気が漂い始めていた。先方の代表である、間野山観光協会の会長”門田丑松(かどた うしまつ)”が望んでいたのは木春由乃(こはる よしの)ではなく、往年のアイドル椿由乃(つばき よしの)であった。会長のメモを頼りに観光協会の職員が椿ではなく木春と読み違えオファーをかけてしまったらしい。もうすでに観光協会からモデル事務所の方へ契約金が支払われており、契約が成立している状況。ここでも必要とされていないことを知った由乃であったが、もし、手違いであったとしても、自分を必要としてくれるのであれば仕事をさせてもらいたい、と観光協会の面々に告げる。それを聞いた会長の丑松は、由乃を採用することにし、彼女を交えて間野山のミニ独立国である”チュパカブラ王国”・新国王の戴冠式(たいかんしき)を執り行なった。戴冠式に出席した由乃は、2代目国王に就任し、無事に式は終了した。

1日国王の仕事を終えた由乃は、町の人々からねぎらいを受けた。その後、彼女は観光協会の職員の”四宮しおり”に案内され、宿泊先である寮へと向かった。部屋に入ると、自分しかその寮にはいないと思っていたのだが、先客が床に寝袋で寝ていて由乃はビックリ。新しい国王なのかと彼女に聞かれ、そういうあなたは誰なのかと由乃が尋ねると、ここの管理人みたいなものだと言う答えが。彼女が言うには国王の仕事はこれからが本番なのだと。由乃は国王の仕事は1日だけだと思っていたのだがそれは由乃の勘違いであり、契約書をよくよく見てみると観光大使の任期は1年間となっていたのである。とにかく、まだ受験した最後の企業の結果待ちの状況なのに、1年間も観光大使をやるわけにはいかない由乃は早速、東京に帰ろうと路線バスに乗り、運転手に駅に向かってほしいと無理を言う。しかし、このバスはもう車庫に戻るだけだと言われてしまう。それでも帰りたい一心の由乃は駅へと歩き始めた。どうにか駅にたどり着きはしたが、時刻表を見ると、夜10時過ぎに東京へ向かう電車はもうなかった。

サクラクエスト2

国王がいなくなったことを知った丑松会長は由乃を引き留めようと怪しい怪人・チュパカブラの衣装を着て由乃の前に現れた。怪人との遭遇にびっくりした由乃は一目散に逃げ出した。と、その先にはなぜか聖剣が刺さった岩のセットが置いてある。しかし、由乃は聖剣には目もくれずに通り過ぎてしまう。会長と一緒に由乃を引き止めに来たしおりは、会長扮するチュパカブラに襲われたふりをする。聖剣を抜いてチュパカブラを倒したら、真の国王になれるよ、としおりは由乃に叫んだ。しかし、由乃は剣は抜かずに怪人に変装した丑松会長めがけて思いっきり持っていたバッグで殴ってしまう。会長はその場に倒れ、救急車で運ばれる始末。由乃に聖剣を抜かせたら、その気になって国王の仕事を続けてくれるかも知れないという、丑松会長としおりの思惑であった。同じ若い世代の由乃がこの町に来てくれたことが嬉しかったことと、無理に引き止めて悪かったことをしおりは由乃に伝えた。そして、今日のところはとりあえず、由乃を宿泊先の寮まで送り届けるのであった。

しおりが車で去ったあとに寮に入ろうとしたが、寮は鍵がかかっていて入れない。由乃は仕方なく王宮へと向かい建物の中に入った。王宮の中の壁には王宮の10万人来場突破をお祝いするイベント写真がたくさん貼られていた。それは、かつて王宮に活気があった時代の写真であった。そこにはなんと、小さい頃の由乃が映っていた。写真の中の彼女は、10万人目の来場者として王冠を頭に載せ、王様の席に座ってニッコリと微笑んでいた。夢か現実か分からないままの、彼女が昔感じた、どこかで王様になった微かな記憶がここで繋がった。どうやら彼女は、幼い頃に家族と一緒にこの地を訪れていたのであった。翌朝、しおりが王宮を訪れると、王様の席には王様の衣装を身にまとって眠っている由乃の姿が。その光景はまさに、王様の正式な誕生を予感させる1日のはじまりだった。(第1話)

こんな1話から物語は進んでいきますが、全部で25話あります。先に話したようにこれから5人の勇者が由乃を中心に徐々に集結していきます。その5人は全て若い女の子。そして、彼女たちはあの手この手を考え行動し、廃れた町を再生しようと立ち上がります。いよいよ、彼女たちの”探しもの”・”冒険の旅”ははじまるのです。果たして彼女たちは町を救えるのか?その中で彼女たちがそれぞれに探し得るものは一体何なのか?彼女たちの目の前には倒すべき敵キャラ(難問)が幾つも登場します。町の未来を背負いながら、彼女たちは力を合わせてその敵に挑んでいきます。敵はそれだけではありません。おのれという自分とも戦わないといけません。そうです。その戦いとは同時に自分探しへの旅でもあるのです。

サクラクエスト3

この作品は5人の女の子の町おこしがメインの物語ですが、彼女達のそれぞれの生き方や、町おこしを通して触れる町の人々のいろんな想い、老若男女幅広くその町の人々の生き方がたくさん描かれています。田舎ならではのいろんな問題ごともクローズアップされています。若い人には受けないお話かもしれませんが、人生を半分生きてきた40歳以上の方々や、田舎に住む、あるいは田舎を持っている方には自分の故郷と重ね合わせて観ることが出来、共感が得られることが多い作品だと思います。若者の生き方、中年の生き方、年寄りの生き方が今までの自分の生き方ともクロスし、自分の若かりし頃、今、そしてこれからをちょっと省みる機会になるかもしれません。

またこの作品の面白いところは、制作会社であるP.A.WORKSが富山県に本社を置く地元LOVEな会社なのですが、富山県内を物語の設定にすることが割と多く、実際に富山をPRしているのかと思う作りが作品に垣間見れます。観光協会のしおりちゃんが時折「だんないよ」という富山弁らしき言葉を発するのですが、この言葉は富山弁でいう「大丈夫だよ」という方言のようです。失敗したり、落ち込んでいる人がいると必ず彼女がみんなを気遣かってこの言葉をかけてくれます。あったかい言葉ですよね。物語の中の人物にかけられる言葉ですが、いつしかこの作品を観ている私にもそう言ってくれているんじゃないか思えるくらいに結構場面場面で出て来る言葉です。そんなところも注目して観ていただけたなら作品をより楽しく微笑ましく観てもらえるんじゃないかと思います。

登場している5人はいずれも特徴があり、声優さんが巧みに演じております。主人公の由乃は世間知らずな可愛さと芯の強さを持った女の子ですが、新人の”七瀬彩夏”さんが好演しています。観光協会の四宮しおりは天然でおっとり型で癒し系ですが、”上田麗奈”さんの持っているポテンシャルがうまく引き出されています。後から登場してきます元役者の緑川真希は、時にクールで時に熱い役柄ですが、「響け!ユーフォニアム」でもクールさを魅せつけた高坂麗奈役の”安済知佳”さんが抜擢されています。IT系の知的で意識高い系のお姉さん女子・香月早苗も5人のメンバーとして登場しますが、ちょっと大人の懐の大きさを感じさせる役柄を幅広い役を実力派の人気声優”小松未可子”さんが演じています。もう一人は、引きこもりだけど好きなことにはものすごく精通している女の子・織部凛々子役を”田中ちえ美”さんが演じています。5人の個性に合わせて声優さんがうまくキャスティングされていて違和感はなくバッチリかと。

この作品を通して、人とのつながり、地域とのつながりの大切さをあらためて思い起こしてみてはいかがでしょうか。それはきっとあなただけの特別の存在だったかもしれませんよ。

オープニングテーマ(1クール目)「Morning Glory/(K)NoW_ NAME」
エンディングテーマ(1クール目)「Freesia/(K)NoW_ NAME」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

波風立てて面白くする。面白きことは良きことなり!「有頂天家族」

リアルな世界で社畜の私は、おかげ様でここ2か月間、大変お仕事にも恵まれすぎて、同僚に仕事も振れず、代休もとれずにただ会社と家を往復する日々が続きました。毎日15~17時間も働けば、さすがにお腹が一杯になります。もうこれ以上は食えないよ!っていう夢を見そうなくらい、夏から今まではくそ忙しい日々でした。プロ野球選手のイメージテーマ曲みたいなものが今の私にあるとしたら、おそらくは「進撃の巨人2」のオープニングテーマ”心臓を捧げよ!”がピッタリじゃないかと自分では思っております。会社というよりはお客様に心臓を捧げておりましたね。「おまえらみんな駆逐してやる!」っていうエレン(進撃の巨人の主人公)の言葉を妄想し、毎日全力で仕事を駆逐しておりました。

そんな日々の中で、とある科学の~ではなく、 とあるお得意先の、いつも忙しそうな年輩の男性と世間話をしていると、彼は何気に、「何のために働いているのかって、最近思うよね。」と言うことを口にしておりました。それを聞いて私も一瞬、はっと自身を振り返りました。「私は何のために?、いやいや、余計なことを考えちゃ駄目だ、考えちゃ駄目だ(ちょっとエヴァのシンジ君入っています)このキーワードは地雷のようなもの。」まともに考えて踏んでしまうと爆死してしまいます。

余計なことは考えずに、”働く”のはごはんを食べるため、人様のお役に立つためには、あたり前田のクラッカー、と割り切って、程々に真面目に腹八分に働く。それとは別に、”いかに人生を楽しく面白く生きるか”ってことを並行的に考えないといけないのかもしれません。働くことと人生を楽しむことは別のベクトルで成り立っていると。一緒のベクトルで考えると非常に悩みます。悩んでる時間はもったいないので、そんな時間があるのであればとにかく楽しいことをやるのに時間を費やす。明日突然、あの世に召喚されるかもしれません。私はそんなことを考えると、悔いを残さないくらいに日々楽しく面白いアニメを時間のある限り、観続けようと思ってしまいます。実はアニメに一番、心臓を捧げていた、と言うことでお後がよろしいようで m(_ _)m

本日紹介する作品は、”波風立てて面白くする、面白きことは良きことなり!”という、狸界の偉大な父の教えを実践しようと日々、荒波を立てて面白おかしく過ごそうと、まわりを巻き込んで騒動を起こしている三男狸の矢三郎が主人公の物語「有頂天家族」です。ジャンルはコメディ・ファンタジー・群像劇となっていますが、登場する狸界・天狗界を通して人間界を客観的に観ることが出来る”人情コメディ・群像劇”だと思います。

この作品は小説家・”森見登美彦”さんによる同タイトル小説が原作となっております。動物小説としてのたぬきシリーズ3部作の第1部「有頂天家族」が2007年9月に幻冬舎より刊行、第2部「有頂天家族 二代目の帰朝」が2015年2月に刊行。それぞれがアニメ化され、2013年7月~9月に「有頂天家族」全13話がBS11・TOKYO MX他で放送、2017年4月~6月に「有頂天家族2」全12話がTOKYO MX・AbemaTV他で放送されました。アニメーション制作は、人情味溢れる作品なら天下一品のP.A.WORKSです。ちなみに、森見登美彦さんは、「夜は短し歩けよ乙女」の小説で2007年に山本周五郎賞と本屋大賞2位を受賞してブレイクした方です。そして、この「有頂天家族」のアニメとしては、2013年12月に第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞しております。

有頂天家族1

人間は街に暮らし、狸は地を履い、天狗は天空を飛行する。この世は人間と狸と天狗の三つ巴。狸は空を飛ぶ天狗に遠く憧れ、人間を真似ることも大好きである。京都が舞台のこの物語は、狸たちが主役でありながらも人間界と天狗界との間でうまく折り合いながら、狸らしく生きようとする姿をコミカルに描いた狸情噺である。

主人公、下鴨家4兄弟の三男・矢三郎は自分に流れる阿呆の血の力しむるところ、狸界のまとめ役である偽右衛門であった偉大な亡き父・総一郎の日頃の教え”面白きことは良きことなり!”を実践しようと日々、あえて世間に波風を立てて、面白くする生きかたを良しとしている。狸としての化け力は父親譲りで、4兄弟の中でも一番優れており、人間界においていろんなものに化けては毎日を楽しんでいる。一介の普通の狸では良しとしない矢三郎であった。

天狗でありながら空を飛ぶことができなくなった矢三郎の師匠である赤玉先生(如意ヶ嶽薬師坊という名の天狗であるが、赤玉ポートワインを好んで飲んでいるため周りからそう言われている)は、かつて自分が司っていた如意ヶ嶽を追われ、現在は人間界において一人、アパートで隠居生活を送っていた。先生に少しでも喜んでもらおうと矢三郎は女子高生に化けて先生宅を訪れる。しかし、先生は自分のことをからかう弟子の悪態と思って矢三郎に対して怒りを露わにする。先生は、自分の愛弟子である弁天(鈴木聡美という、人間にして赤玉先生の教えによって天空を自在に飛べるようになった女性)にご執心なのだが、最近は全く先生宅に顔を見せなくなったたために、矢三郎に自分が書いた彼女への恋文を届けるよう命じるのであった。

先生の頼みとあらば矢三郎はそれを仰せつからないわけにはいかない。赤玉先生の情報によるところ、本日の金曜日は、弁天が人間界の”金曜倶楽部”なる会合に出席しているはずだということだ。矢三郎はその会合場所へと向かい、外の茂みから弁天を確認するやいなや、矢文をもって文を届けたのであった。矢文は見事、弁天が持っていた扇子を射抜いて壁に突き刺さったのである。

大役(?)を果たした矢三郎は、同じ狸が経営する馴染みの酒場に入り、偽電気ブラン(酒の名前)なる酒を飲んで自分をねぎらっていた。するとそこへ、金曜倶楽部を抜け出してきた弁天がやって来て、扇子を台無しにされたことに対して矢三郎に文句を言い始めたのであった。扇子を壊してしまったことについては素直に謝る矢三郎であったが、赤玉先生のところに顔を出してほしいと弁天にお願いするのであった。人に指図されるのを嫌う弁天はそんな出過ぎたことを言う矢三郎に対して、「あなたがケンカを売ってくれたら喜んで買うのに。そうしたら捕まえて忘年会の鍋にしてやるわ。」と脅し文句を口にするのであった。気まぐれな弁天はやがてその場からいなくなった。

弁天は人間でありながら天狗にもなり、唯一、狸が化けることを知っている人間であり、おまけに狸を食べてしまうという、狸にとってはまさしく天敵であるため、狸界では恐れられている存在なのだ。それを知っていても阿呆の血が矢三郎を動かすのであった。なぜなら、矢三郎にとっても弁天は初恋の相手という因果な存在であったから。(第1話)

有頂天家族1-2

この作品は、狸の世界に起こる日常を面白おかしくコメディタッチでお送りする内容ですが、その中には人間的な親子・兄弟の絆、地域の絆や文化・しきたりについての畏敬など、あらためて、昔の良き日本が崩れてしまった現代社会に生きる方々が再認識しなければならないような事が、狸の衣を借りて語られているような興味深い物語です。狸たちは自分たちの分をわきまえ、天空を自在に凌駕する天狗を崇め、人間を恐れ、いつかは自分たちが人間に食べられる日が来ようとも、それは自然の成り行きと潔く天命をまっとうする考えを持ちわせている、という狸像になっております。シンプルに毎日を謳歌する狸たち。複雑に生き過ぎている人間たちが人生をもっとのびのびと楽しむべきだと言わんばかりの狸界からのメッセージがそこにあるような気がします。

作品には多くの狸たちが登場します。人間に化ける前の狸姿もそれぞれ違っていてとっても愛らしいのですが、人間に化けた姿もとても個性的です。生真面目だけどココ一番に弱い長男・矢一郎、怠け者だが全体を見渡すことに長けていてみんなの相談相手になる次男・矢次郎、楽しければ後先考えないでまずは行動あるのみの自由奔放な三男・矢三郎、化け力はまだまだ及ばないが勤勉で努力家の四男・矢四郎。下鴨家と親戚なのだが犬猿の仲の夷川家・頭領の早雲、下鴨兄弟といざこざを起こす夷川家の双子の兄弟・金閣と銀閣、そして夷川家の長女にして矢三郎の元許嫁の海星。どのキャラもベテラン声優陣たちによってより色濃いキャラに染め上げられていて、作品の総体的な力を魅せつけております。

そして狸以外のキャラもまた、魅力たっぷりです。赤玉先生の、気持ちだけは天狗で有り続ける腑抜けぶりが時に笑いと切なさを感じさせてくれます。自由奔放といえば弁天もそうなのですが、彼女については、まだ天狗にもなっていない頃のあどけない姿と性格から、やがて天狗になって様々な力を備えた事によってみんなを見下ろす立場になった彼女の成長と同時にその変わりぶりが、好きな女性には永遠であって欲しいが現実はそうはいかないよと言わんばかりの展開がまた、非常に感慨深いものがあります。 

物語が徐々に進行していくと、やがて父があの世にいった理由も明らかになっていきます。少しずつシリアスな場面も出てきて、最後はあっと言わせられるどんでん返しが用意されております。コメディ・群像劇・ちょっとした推理物語も入ったエンタティメント作品と言える作品かと思います。

声優さんにつきましては、とにかくみなさんとても素晴らしく、ケチのつけようが1片たりとも見つかりません。矢三郎役の”櫻井孝宏”さん、櫻井さん=矢三郎というくらい100%なキャラぶりだと思います。矢一郎役の”諏訪部順一”さんはFateの渋いアーチャー役とは全然違いますね、さすがです。矢次郎役の”吉野裕行”さんも落ち着いた役どころをひょうひょうとこなしていて素敵です。矢四郎役の”中原麻衣”さんは本当に可愛い4男を演じてくれています。そして、ごくごく個人的には矢三郎の元許嫁の海星役の”佐倉綾音”さんは元許嫁を影からいじらしく支える女の子を演じていて、とてもキュンとしました。

こんなところが「有頂天家族」についての見処なのですが、続編の「有頂天家族2」も1期を観たらぜひ、こちらも観てくださいね。かつての親子対決に敗れて姿をくらました息子が英国紳士として登場します。また亡き父後の狸界のまとめ役”偽右衛門”に矢一郎が立候補して行われる総選挙など、あらたなエピソードで狸界には荒波が立ちまくりです。2期の最終話も素敵な結末が待っております。どうぞご期待ください!

1期オープニングテーマ「有頂天人生/milktub」
1期エンディングテーマ「ケセラセラ/fh'ana」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation