待っていてくれる人がいる。だいじょうぶと言ってくれる人がいる。君の「これから」はみんなの想いに包まれている。「たまゆら~卒業写真~」

ついに、私の大好きなアニメ「たまゆら」シリーズが今年の6月に完結しました。とても心温まる良作ですが、最後の完結編はこれで終わってしまうという切なさが同時に沸き起こり、見終わった後は巷でよくいわれている”○○ロス”と同じように私もまた、”たまゆらロス”に陥ってしまったのです。「いやいや、アニメの世界ですからそんなにいい年したおっさんがどっぷりと入り込まれても。」、なんておっしゃられると話が終わってしまいますので、2次元と3次元を行き来出来る特異能力者ということでご理解を頂いて話をすすめますね。なにが言いたいかというと、それぐらい引き込まれる魅力溢れる作品だったということです。そして、いつしか親の立場で主人公たちみんなの成長を見守るようになって行き、その娘達がついに私達のもとから旅立つ時がやってきたのであります。その成長の喜びと同時に、親元から旅立ってゆく寂しさがなんとも心に残ってしまいました。いやあ、本当にいい作品でした。

ジャンルは”撮影写真”となっているようですが、”青春”ものでもあるかと思います。シリーズは順にご紹介しますと4つあります。

「たまゆらOVA(オリジナル・ビデオアニメーション)」
2010年11月~12月・全2巻4話。

「たまゆら~hitotose~」(第1期)
2011年10月~12月・特別編含む全13話。アニメ専門チャンネルATーX他独立UHF局放送。

「たまゆら~もあぐれっしぶ~」(第2期)
2013年7月~9月・特別編含む全13話。アニメ専門チャンネルATーX他独立UHF局放送。

「たまゆら~卒業写真~OVA」
2015年4月~2016年4月・完結編4部作。1部と4部は劇場公開あり。

尚、「たまゆらOVA(オリジナル・ビデオアニメーション)」は「たまゆら~hitotose~」の第2話のあとに続くお話になりますが、たまゆらのダイジェスト版的な作りですので、まずはこれを観て、順に上の流れで観すすめていって構わないかと思います。

「たまゆら」シリーズにつきましては過去記事で一度、第1期「たまゆら~hitotose~」12話についてだけは触れておりますが、「たまゆらOVA」を足しての第1期につきましてあらためて簡単なあらすじを紹介いたします。

たまゆら1

舞台は瀬戸内の広島県竹原市で、主人公はその街の女子高校に通う1年生”沢渡楓(さわたりふう)”。中学卒業を期に父の田舎であり、小さい頃に父とよく訪れていた竹原市に家族と一緒に引っ越し、新しい生活が始まった。彼女はカメラで写真を撮ることが趣味。ただ、大好きだった父が5年前に他界し、父が残した形見のフィルム式カメラ”ローライ35Sで撮ったアルバム写真を見ると、楓は父を思い出して悲しくなるので、母に頼んで中学のときにはそのカメラとアルバム写真を押入れにしまってもらっていた。あるとき、弟がそのアルバムを押入れから出して楽しそうに眺めているのを見て、ふたたびそのカメラで写真を撮ることを決意。亡き父との思い出を結ぶカメラに再び向き合うようになる。

カメラ・写真を通して、楓は少しずつ父の後姿を追いかけ、前へ一歩ずつ進み始めていくのであった。竹原市で昔よく遊んだ幼馴染の”塙(はなわ) かおる”との再会、新しい友達”桜田麻音(さくらだまおん)・”岡崎のりえ”も出来、楓の生活に輝きが戻り始める。楓の憧れの写真家”志保美りほ”との出会いもまた楓の未来に光を与え始める。

かおるの姉”塙(はなわ)さよみ”も楓のことを気にかけ、みんなで楓が父と訪れたであろう思い出の場所を探しに度々連れ出すのであった。楓の行きつけの街の写真館「日の丸写真館」の店主”マエストロ”もまた、楓の良き理解者であった。亡き父の同級生でもあり、いつも楓の成長を温かく見守っている。かたや、竹原に来る前に住んでいた横須賀市では、楓の父に対する悲しみを考えていつも楓のために泣いていた友人”三次ちひろ”が遠くから楓が元気になることを気にかけていた。

みんなの温かさに包まれ、楓の抱く父との悲しい思い出はやがて、楽しい思い出へと変わっていくのでした。

第2期「たまゆら~もあぐれっしぶ~」は、同じく写真を撮るのが大好きな竹原南高校の3年生で写真展で入賞も果たした”三谷かなえ”との出会い、そしてあぐれっしぶになった楓がそのかなえ先輩を誘って写真部をつくる話と、その活動がメインになっております。

「たまゆら~卒業写真~OVA」は、楓・かおる・のりえ・麻音の4人がいよいよ高校3年生となってのお話です。最終作品でありますこちらでは、それぞれが自分の進むべき道を決め、どのように歩んでいくかが描かれております。4人の成長の過程が愛おしく、それぞれの旅立ちと別れに「我が娘達よ頑張れ!」とエールを送りたくなる本当にこれがラストのお話になります。

たまゆら2

 この作品は、主人公”楓”のファインダーごし&写真から観た瀬戸内・竹原の美しい情景と家族・友人・街の人々との温かなエピソードが中心となり、そして楓や友人たちそれぞれが、自分達のおぼろげな「夢」を追いかけていくお話でもあります。楓を囲む街の人たち、家族、そして友人の温かさに見る側も心が洗われるお話がたくさん登場します。とても優しい気持ちになれる素敵な物語ですので、まだご覧頂いてない方はぜひぜひ、ゆっくりと時間をかけて構いませんので、全てを観て頂けたなら幸いです。

作品を作った方々ですが、原作・監督が”泣かせの佐藤順一”と言われている「美少女戦士セーラームーン」「ケロロ軍曹」「ARIAシリーズ」「おジャ魔女どれみ」を手がけたアニメーション監督であり演出家でもある”佐藤順一”さんです。脚本の一部と全体のシリーズ構成も担当しております。脚本は「ARIAシリーズ」「けいおん!!」「のんのんびより」「ガールズ&パンツアー」の脚本家”吉田玲子”さんが多く携わっております。制作会社は「たまゆらOVA」がハルフィルムメーカー、それ以降の作品はTYOアニメーションズとなっております。

声優さんも大変豪華でメジャーな方々が沢山登場しております。
主人公の佐渡楓”竹達彩奈”さん、塙かおる”阿澄佳奈”さん、岡崎のりえ”井口裕香”さん、三谷かなえ先輩 ”茅野愛衣”さん、かおるの姉さよみ”大原さやか”さん、お好み焼き「ほぼろ」の八色(やくさ)ちも”松来未祐”さんです。(松来未祐さんは突然の訃報でしたが、昨年お亡くなりになられました。謹んでご冥福をお祈りいたします。大変惜しまれた方で、皆さんの記憶に残る素敵な声優さんです。)

この作品は音楽もとても素敵です。以下は特に私が好きな4曲です。

「たまゆらOVA」オープニングテーマ「やさしさに包まれたなら/坂本真綾」
「たまゆら~hitotose~」オープニングテーマ「おかえりなさい/坂本真綾」
「たまゆらOVA」第4話・
「たまゆら~hitotose~」第2話エンディングテーマ「夏鳥/中島愛」
「たまゆら~hitotose~」エンディングテーマ「神様のいたずら/中島愛」

OVA完結編「卒業写真」オープニングテーマ「これから/坂本真綾」
               エンディングテーマ「卒業写真/坂本真綾」
こちらも最高にいい曲ですがアップ出来ませんのでみなさん、こちらは本編を観ながらじっくりと聴き惚れてください。

さいごに”たまゆら”とは何かと言いますと、このお話の中でいう”たまゆら”とは、うれしい気持ちの時に撮った写真に稀に映り込む白い光の点をそう呼んでおります。ドットのような光の点のことです。うれしい気持ちがいっぱいだと映るそうで、写真が素敵に見えるそうですよ。皆さんはそんな写真を観たことがありますか?

「たまゆら」よ、たくさんのやさしさをありがとう。そしてみんなの記憶にも永遠であれ!!

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

バイク乗りの気持ちがちょっとわかるかもしれない、女子高生×放課後バイクライフアニメ、「ばくおん!!」

少年から青年へと成長する過程で若者たちが飛びつくものといえば、スポーツ以外ならロックやバイク。ちょっとワルっぽいイメージがいかにもカッコ良かったのである。これはおじさんが高校時代の話で、80年代半ばのことであります。今から30年前の大昔、週刊少年マガジンでは「あいつとララバイ」と「バリバリ伝説」という2つのバイク漫画が人気を博し、それぞれ”公道レース”と”サーキットレース”で青春を謳歌する若者像が描かておりました。方や劇場ではバイク映画、「汚れた英雄」(汚らしいひでお君を取り上げた映画では決してありません。)が話題となり、実際に私もその映画を見に行きました。主人公・草刈正雄さんの代わりにスタント撮影に携わった当時の現役ライダーの平忠彦さん(私の地元出身)はその後、世界GPでも優勝するという快挙をやってのけ、本当の英雄になったという伝説を残したこともありました。そう言うわけで、80年代はそれなりにバイク全盛の時代であったと思います。

私は3人兄弟の末っ子ですが、兄2人はバイク乗りでした。自分もその当時バイクに興味があり、いつか免許を取って自分もバイクに乗りたい、と思っていたわけですが、車先行で免許を取得し、後に免許を取る予定でおりましたが、なんだかんだで取る機会を失い、結局は取得には至りませんでした。
今思えば取っておけばなあ、と悔いるところです。まだ50歳になっておりませんが、息子が社会人になり手がかからなくなったら免許でも取って単車を購入、全国のアニヲタの方とオフ会を開くっていうのも良いかもしれませんね。
前置きが長くなりましたが、最近見たアニメの中でバイクを取り上げたアニメが久々にあったので観てみましたが、実にこれが面白かったので本日はこのアニメをご紹介いたします。

その名も「ばくおん!!」。

放課後ティータイムなノリの女子高生の日常を描いた軽音楽部アニメ「けいおん!]に似ていますが、非常に似ておりますが、非常に非常に似ておりますが、似て非なるものです。女子高生4人組の日常という設定は似ております。一年後にツインテールの可愛い後輩が入部してくるという設定も似ております。主人公の女の子が天然なところも似ております。タイトルも同じ4文字でタイトルロゴもっけこう似ています。パクリじゃねぇ、似すぎじゃないかよヽ(`Д´)ノと思うところもあるかもしれませんが、これはたまたま似てしまったんだと私は思います。面白いものを考える中で行き着いた先がたまたまです。少しだけ、けいおん!に寄っていただけの話しです。

だがしか~し!このアニメのベースは先にお伝えしたようにバイクあるいはオートバイというフレームで出来ております(バイクなだけにフレーム、決まった!笑点の木久扇師匠なみの英語が出ました!)。「ばくおん!!」は女子高生の放課後バイクライフと言う日常を取り上げていますので、同じ日常であっても音楽とバイク、全く違う世界のものを取り扱っております。なので、似ている部分は一層の面白みと思って比較しながら見たほうが100倍このアニメを楽しんで観ることが出来ます。「けいおん!」はある意味草分け的な神アニメなのですから。

ばくおん!!5

主人公”佐倉羽音(さくらはね)”は丘乃上女子高等学校へ入学が決まった一年生。ハレのその日を迎えて、羽音は自転車で登校。その名の通り、高台にある高校までの坂道を苦労しながら自転車のペダルを踏んで登っていた。それを尻目に羽音の脇を疾風の如く通り過ぎる一台のバイクと制服の少女。彼女の名は”天野恩紗(あまのおんさ)”。ヤマハのオフロード系寄りのバイク・セロー225Wに乗っている。そのカッコ良さに羽音は魅了されてしまった。羽音はその一瞬の出来事に心奪われてハイになり、バイクのばくおんを口で真似ながら全力で自転車をこぎ、坂を駆け登るのであった。偶然にも羽音と恩紗は同じクラスに。恩紗は羽音にバイク通学を勧める。恩紗からバイクの話をいろいろと聞くうちに、羽音はどんどん触発され、バイクにただならぬ興味を抱くようになる。

そして放課後、ふたりは部活の見学へと向かった。行った先はバイク部。恐る恐る中に入るとそこには一人の先輩が。彼女はなぜか部屋の中でも白いヘルメットを着用し、一言も発しない。普通じゃないファーストインプレッションにふたりは驚きを隠せない。しかし、彼女は余計なことは話さず(もちろん最初から一言も話していないが)、見学に来た羽音をカワサキ・ニンジャZX-12Rの後部に乗せ、近場をドライブするのであった。後にその先輩は、カワサキのバイクに乗っていることからその企業カラーであるライムグリーンより”来夢先輩”とニックネームで呼ばれるようになる。とにかく正体不明のミステリアスな先輩である。初めてバイクに乗せられ、風を切って走る独特のバイク乗りにしかわからない感覚を味わった羽音は、バイク部に入部すること、そして自らがバイクに乗るために自動二輪免許を取ることを決意する。バイク大好きな恩紗ももちろん一緒にバイク部に入部することに。

それから羽音は教習所に通いはじめ、免許取得を目指すこととなった。自動二輪免許最大の難関は、横たわるバイクを起こす”引き起こし”と呼ばれる技能。これが出来ないとその他の実技がいくらクリア出来ても免許は取れない。今までバイクとは無縁の生活を送ってきたただの女子高生、羽音にそのハードルは越えられるのだろうか?そして彼女はその教習所で運命のバイクに出会う事となる。そのバイクとは一体?

こんな感じで彼女たち女子高生のフルスロットルな”放課後バイクライフ”は始まっていきます。部活には加わらないものの、何かと恩紗と羽音に絡んでくる同じクラスの”スズキ乗り””スズキ信者”と呼ばれる(バイク界ではスズキに乗るバイカーは多少、異端児扱いされているようで)バイクメーカー・スズキ大好き少女の”鈴乃木凛(すずのきりん)”も登場。彼女は父から譲り受けたスズキ・GSX400Sカタナで通学している。

この作品は今までのバイク漫画の王道の、バイク同士のバトル主体で展開する男性臭さ全開のアニメとは一線を引いた、「女子高生×バイク」と言うカテゴリーの中で女子高生たちにバイクとはなんぞやと”バイクあるある”を語らせる、バイク乗りの気持ちがすこし分かるようになる、一般大衆向けバイクアニメであります。もちろん、もともとのバイク乗りの方にもツッコんで観て頂ける作品なんじゃないかと思います。

ばくおん!!4

かなりバイクに関係した裏打ちされたネタがちょくちょく入ってお話が膨らんでおりますので、それなりに、いやそれ以上に原作者並びにアニメ脚本・シリーズ構成の方たちはかなりバイク業界・メーカーに神経を使って楽しさを追求しているものと解釈できそうです。ちなみに登場人物の名前の由来はきちんと当てはまっていて、そのキャラが乗るバイクのメーカーにちなんでおります。羽音はホンダ技研工業のエンブレムであるWINGマークより、恩紗はヤマハ発動機のエンブレムである音叉マークより、鈴乃木凛(すずのきりん)はメーカーエンブレムではないのですが、1987年~2010年にミスターバイクBG・ヤングキングに連載されていた、スズキのカタナという車種に乗るライダーを描いたバイク漫画「キリン」からとっているようです。そして作品の中で凛が「キリンは泣かない」というセリフもこのお話のワンフレーズからだそうで。

作品に出てくるバイクについてですが、ホンダCB400SF・SPEC3、スズキGSX400Sカタナは1992年に発売された車種であり、これを知っている方は40歳以上の方々です。このあたりを作品に入れてくるということはやはり、バイクブームを経てきた方を観る対象に入れているということでしょうか。私が知っている車種はそれよりももうちょい上の時代の車種でしたので、ホンダCBX400F、カワサキZ400FX、スズキGSX400F、ヤマハXJ400が主流でした。このホンダかヤマハに乗りたかったですね。もちろん、女子高生というバイクから遠い存在に語らせるということは若い方々にもっとバイクに興味を持ってもらいたいという向きもあるかも知れません。なので若い方も観て大いに楽しむことが出来る作品でもあると思います。

この作品は2011年から現在まで”月刊ヤングチャンピオン烈”に連載された、漫画家”おりもとみまな”さんの同タイトル漫画が原作であり、2016年4月~6月に全12話がBS11他でアニメ化・放送されました。バイクをよく知らないけど興味はあるヨ、という女子の方が観ても楽しめる作品ですし、女子高生のお色気もちょっと混じった(R指定ではないようですが)ところもあるとか、あるとか、なので男性はもちろんお楽しみです。

声優さんは、主人公の佐倉羽音役が”上田麗奈”さんで、早見沙織さんを感じさせるちょっと個性のあるブレイク必至の方であります。私の最近の一推しの声優さんです。
そして天野恩紗役は 「きんいろモザイク」の猪熊陽子役である”内山夕実”さん、鈴乃木凛役は同じくきんいろモザイクの九条カレン役である”東山奈央”さんが演じています。この2人の掛け合いが、きんモザの作品での絶妙なボケ・ツッコミを惜しみなくここでも発揮されているので、何気ない日常が楽しいものに映り変わります。
やはり作品には声優さんの力もかなり影響を及ぼします。この作品は良い効果が出まくりだと思いますが。

最後に、バイクの世界に於いては「バイクの前では全てのバイク乗りは皆、平等」だと言われています。バイカー同士の絆は硬いという表れの言葉なのかもしれません。この作品は”バイク乗り”という、今までにそれらの方々にしか知られていなかった世界へ新たな方々をいざなう大使的な役割を担っているように感じます。快適で安全なバイクライフの提案と言ったところも含めてでしょうか。あなたもぜひ、この作品の中でちょっとだけその風を感じてみてはいかがでしょうか。

オープニングテーマ「FEEL×ALIVE/佐咲紗花」
エンディングテーマ「ぶぉん!ぶぉん!らいど、おん!/佐倉羽音・鈴乃木凛・天野恩紗・三輪聖」

<追伸>
今回の作品の紹介記事につきましては、バイクにお詳しい私のお師匠様(勝手に私がそう思っているのですが、弟子は取っておりません)の「D・I・Tのピストル」管理人でありますyutethuさんに、ばくおんのお話の中に出てくる関連のバイクあるあるネタをいろいろと教えてもらえたおかげで記事にすることが出来ました。誠にありがとうございました。この御方のブログは、ミニカーのカスタムと息子さんの成長を記した記事がメインで、とても楽しく、サービス精神いっぱいの愛あるブログです。 お師匠様は車・バイク・飛行機・アニメ・音楽・パソコンなどいろんなジャンルを広く深く、大抵の事ならなんでも知っている方です(ハードル上げてすみません(笑))。まるで「化物語」シリーズの”羽川翼”のように。でも、恐らく彼もまた、照れながらこう言うであろう。「何でもは知らない。知っていることだけ。」と。本当に楽しいブログですのでまだの方は一度訪問してみてくださいね。こちらをクリックしてみてください。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information

亜人ちゃんは語りたい 小鳥遊ひかり 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥7,970から
(2017/4/28 03:57時点)

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation