忘れたくない想い、ありますか?聴こえますか?真実のメロディ。「ef - a tale of memories.&melodies.」

「このアニメを観たい」と思うきっかけになるのは、旬な時期ならネット上の話題からが一番です。そうでない過去物アニメにおいては以前にも書きましたが、自分で面白そうなタイトルを見つけ、そのアニメのイラストやジャンル・あらすじを視て判断することがほぼほぼです。ただ稀におすすめアニソンなんてのを聴いて、オープニング&エンディングテーマの良さから入る場合もあります。
今日ご紹介するアニメは、どちらかというと後者のテーマ曲の良さから観るに至ったパターンです。

その作品は「ef-a tale of memories.」(第1期12話)&「ef-a tale of melodies.」(第2期12話)です。

とてもしゃれたオープニングテーマであり、第1期&第2期共にアップテンポの英語歌詞で、バックの映像も色使いを抑えたモノトーン基調がアーティスティックな作りでもの珍しく、その融合がとてもインパクトありで惹かれました。始めはそのオープニングの映像の意味がわからないのですが、作品を観すすめていくうちにそれが作品の包括的なテーマを表していることにやがて気が付きます。
第1期だと回が進むに連れ、主人公たちのアウトラインに色が増えいき(第1期の主人公が女性漫画家なこともあってモノクロっぽいところから徐々に色づいていくという職業的な関連があるらしい)、最終話12話では日本語歌詞が登場し、作品の普遍的なテーマがそこで堂々と明かされるという、にくい演出になっております。

方やの第2期は、最終話12話まで毎回エンディングが少しづつ変わっていて、主人公たちをいろんな角度から見ているような作りになっています(これは私が勝手に想像するに、第2期のメインの主人公の一人が建築家であることに由来しているのかもで、その職業柄の特性をもじっているのではないかと)。

こうなると、オープニングテーマから本編までを含めてが作品であり、魚のアンコウのように無駄に捨てるところが一切ない、妥協なき作品だといえます。オープニングが毎回変わっていくという手法はこのあとのその他の多くのアニメにも多大な影響を与えているとの話もあります。

第1期のオープニングテーマ「euphoric field(ユーフォリック・フィールド)/ELISA」は私が英単語を調べた限り、”幸福に満たされた場所”というタイトルだと思われます。あっ、今更ですが、この作品のジャンルは「恋愛ストーリー」でありますので、それを踏まえて読み進めてくださいね。そして第2期のオープニングテーマ「ebullient future(イブリアント・フューチャー)/ELISA」は”あふれんばかりの未来”という意味(たぶん)。
このどちらもナベアツなムネアツな一曲で、皆さんのハートを鷲掴みにすること間違いなしです(おそらくは)。

この作品、"ef"というタイトルの頭のアルファベット2文字が何を表しているのかすごく気になりませんか?
上のふたつのオープニングの単語の頭文字もそれぞれeとfになるように計算され韻を踏んで作られているとしか思えないのですが。

私はすごく気になりました。(アニメ「氷菓」の主人公の”えるたそ”も恐らくは気になっているはずです。)そのはっきりとした由来は明らかにはされていないようですが、第2期の1話タイトルが"ever"(いつか)で、最終12話タイトルが"forever"(永遠に)となっております。第2期最終12話のエンディングでは”ever forever”(恐らく、”ますます永遠に”という意味?)いう曲が流れます。この辺りが作品のテーマであり、タイトルの由来なんじゃないかと私は思っております。

15715836.jpg

ちなみに、第2期の1話~6話のタイトルの頭文字を6話から縦読みすると"future"という単語が浮かび上がってきます。7話~12話の頭のre,forを取った頭文字も順に縦読みすると"future"が読み取れます。これら3つの言葉"ever""forever""future"がキーワードのごとくアチラコチラに見え隠れしていて、この恋愛ストーリーの伝えたいベースなのかもしれませんね。

恋愛ってやっぱり永遠につづくものではないのかもしれませんが、そうあって欲しいと願う気持ちは当事者なら絶対持っていたい想いですよね。恋愛される方の未来(future)が、どれもever foreverであってほしいという普遍的な願いが込められた作品なのかもしれません。

この作品は第1期・2期共に2組ずつの男女の恋愛模様が描かれています。それぞれの期でふたつの恋愛が平行して進んでいきます。そして、それらの4つの恋愛は全く関係のないオムニバスではなく、段々とつながりを持って後半に進んでいきます。第2期最終話でそれらは・・・これ以上は言えません。ネタバレが多くなってしまうと楽しみが半減しますので。

とにかく最終話に大きな感動・フィナーレが待っています。私は第2期の10話からすでに涙腺崩壊で残り3話までそのペースでゴールしました。第1期だけでもすごく感動しますが、第2期の最後がそれ以上に感動的な結末が待っておりますので、どうかこの作品は途中でリタイアしないで、最後まで見届けてください。

この作品はアクションによる怖さはないのですが、途中、人間の心の奥底、心の叫びがリアルに表現されているので、怖く感じる場面もそれなりにあります。ただし、恋愛マスターのR40ーOVERの男子・女子の皆さんならそれを踏まえて観ることが出来ると思います。人が相手を好きになった時の相手を想っての行動・自分の気持ちを全面に出したい想いとの間で悩み苦しむ姿がストレートに表現されていて、より人間味のある作品内容に、なにかしら共感を持って観ることが出来る恋愛ストーリーかも知れません。入りはオープニングテーマからではありましたが、作品の中身は非常に濃厚で、個々人の内面の動きを詳細に伝えている良い作品です。

今回のブログのタイトルはそれぞれのキャッチコピーからとっております。
第1期「忘れたくない想い、ありますか?ef-a tale of memories.」
第2期「聴こえますか?真実のメロディ。ef-a tale df melodies.」

そういう私には、忘れられない思い出があります。かれこれ25年前の恋愛ですが、結婚一歩手前で振られた経験があり、その時の出来事がすごく私にとっては大きく、後にも先にもそれが一生に一度の大恋愛であったと思います。その時は「明日のジョー」状態で恋愛というリングの上で灰になっておりました。あれから25年たっても未だに思い出は色あせません。辛い時に忘れたいと何度思ってみても、それは深く私のこころに刻まれていたのです。その想いに情けないと思うこともしばしば。なかなか時間が経過しても記憶はまったく薄れないものですね。 

ef.jpg

そんな時にこの作品を観て私はハッと気が付きました。そんな、彼女と過ごした過去も私の人生の一部であり、宝物であり、私だけしか経験できないシナリオであることを。忘れられないのではなく、実は私自身が無意識に忘れたくなかったのだということに。そして何も忘れなくても良いんじゃないかと思うようになり、私は救われました。そう思うようになってすごく気が楽になり、忘れられずにいる今の自分をやっとその呪縛から開放してやることができました。今ならきっとありがとうって心から言えるはずです。

efの中に出てくる恋愛の話をひとだけしますね。

少年は一人の少女に出会います。そこは少年がいつも一人で居るお気に入りの場所。そんなある日いつもと同じその場所に少年が向かうと、そこにはすでに先客の一人の少女が。音羽(おとわ)という名の無人駅のベンチ。「ここは電車は止まりませんよ。そ、それじゃあ。」そう告げると少年は、彼女に手を振りその場をあとにした。それは45秒未満の邂逅だった。翌日、学校の放課後に再び、少年はその無人駅へと向かった。すると、そこには昨日の彼女がいた。やがて彼と彼女は少しずつ会話をするようになり、毎日会うようになっていった。でも、彼女はいつもどこかよそよそしい。毎日あっているのになぜ。彼にとっては重ねる毎日、しかし、彼女にとっては全く新しい一日一日であった。

なぜなら、彼女は13時間という時間の中でしか、記憶をとどめておけないという記憶障害を抱えていたからである。彼女は彼との楽しい毎日を日記に綴り、翌日その出来事を振り返り、そしてまた駅へ向かう。やがて彼女は、描いたものを何度も読み返して時間を遅れさせ、徹夜で彼との過ごした出来事を記憶に留ようと・・・。そしてついに彼女は倒れてしまいます。彼は重い現実を受け止めなければならなかった。彼はそれから彼女に対してどう接するのか?彼女は13時間という記憶の限界を超えて新しい世界へ羽ばたくことが出来るのか?ふたりの向かうこれからの未来はいったい?

第1期「ef-a tale of memories.」は2007年10月~12月に全国の独立UHF系5局で放送、第2期「ef-a tale df melodies.」は2008年10月~12月に全国の独立UHF系4局で放送という、大変少ない放送局数にとどまってしまいました。放送局数の少なさと、2007年の「CLANNAD」、2008年の「CLANNAD After story」「とらドラ!」の恋愛作品の人気の影になり、人気が今一つ出なかったらしいのですが、内容が大人仕様であったこともまた理由のようです。ですので、むしろ大人が見て正解の作品であります。

アニメーション制作は、背景の美しさでも定評のある制作会社”シャフト”ですので、恋愛ストーリーをより神秘的に盛り上げてくれています。原作はゲーム会社のブランド名minoriが担当、「ひだまりスケッチ」「化物語」シリーズ・「魔法少女まどか☆マギカ」の監督で有名な”新房昭之”さんが監修、監督はその新房さんのもとで長年スタッフとし動かれたアニメーション演出家の”大沼心”さん、脚本・シリーズ構成は「アルドノア・ゼロ」も手がけた”高山カツヒコ”さんが担当されています。これらの方々が創った作品なので、観る価値がありありです。

ちなみにさっき出てきた邂逅(かいこう)っで言葉は難しいですね。私は知らない言葉でしたが、この作品でこの言葉の意味を知りました。”思いがけない偶然の出会い”という意味のようです。アニメってお勉強にもなるのですね。実に素晴らしい!
では、みなさんにとってもこの作品が、「それは26話未満の邂逅だった」となることを期待してお開きといたします。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

自己責任・自分スタイルで生きるのが今の時代のスタンダード?「おそ松さん」

昨年は、R40ーOVERの世代に一世を風靡したギャグ漫画「天才バカボン」の偉大なる生みの親”赤塚不二夫”先生の生誕80周年という節目の年であったそうです。

そのタイミングで、私が生まれた1967年に毎日放送で全56話(1966年2月~1967年3月)が放送された「おそ松くん」の第3作目が作られました。題名は「おそ松くん」から「おそ松さん」に代わって、六つ子のおそ松くんたちが20歳以上の大人になった設定での日常アニメに仕立てられています。

第1作目「おそ松くん」は私が生まれた年の作品なので、私はリアルタイムでは視ていません。それから27年が過ぎた第2作目も、私が20歳~21歳の頃(1988年2月~1989年12月・全86話・フジテレビ放送)なのでスルーしておりました。
ですので、「おそ松くん」に関しては全く触れてこなかったので、”イヤミ”のギャグ「シェー」以外、正直おそ松くんを知らずに「おそ松さん」を視ることになった、全く持っておそ松な話であります(お後がよろしいようで)。ですが、これが自分の予想を超える想定外の面白い内容だったのでご紹介いたします。

「おそ松さん」はおそ松くんを知っている世代にはちょっと懐かしく、知らない世代にとってはまったく新しいアニメであります。
ただし、おそ松くんたちが約半世紀の歳月を過ぎてようやく大人になったので、今の時代背景で生きる「おそ松さん」たちに対して、昔リアルに視られていた方々にとっては相当なショックがある作品かもしれません。時代は変わったのです。そして本来、日常アニメでは不変的なキャラが時代を超えて成長すること自体がまれですので、ダブルの衝撃かも知れません。そのあたりは覚悟をして寛大な心でご覧いただければと思います。自分の子供達が親の思い通りに育たないのと一緒です。あくまでこの作品は「おそ松くん」ではなく、「おそ松さん」なので、ご容赦くださいませ。

「おそ松くん」を知らない今の10代~20代には天井知らずの人気作品となっています。特に女子たちに。あまりの人気に、今年5月の若者女性雑誌「an an」では、モデルではないアニメキャラ「おそ松さん」たちが雑誌の表紙を飾るという、異例の自体にも発展しております。その人気の理由は様々あると思います。

D7100013529161.jpg

「おそ松くん」時代の彼らは、両親が見間違えるくらいに個性があまりなく、また、六つ子を4人の女性声優さんで演じていたそうです。声の違いでキャラをすみ分けしていたようです。(その中にはサザエさん役の”加藤みどり”さんが長男のおそ松くんを演じていたそうです。)
方やの成長をとげた「おそ松さん」は、ビジュアル的にも個性いっぱいの六つ子となり、彼ら6人を、今をときめく人気男性声優さん6人がそれぞれの役どころをより個性的に演じています。

ちなみに、下記はそれぞれ声優さんの配役と代表的な出演(主役)作品を挙げてみました。

長男:<おそ松>”櫻井孝宏”さん/「金色のガッシュベル!!」の主人公”高峰清麿”
次男:<カラ松>”中村悠一”さん/「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の主人公”高坂桐乃”の兄”京介”
三男:<チョロ松>”神谷浩史”さん/「ノラガミ」の主人公”夜ト”、「化物語」シリーズの主人公”阿良々木暦”
四男:<一松>”福山潤”さん/「中二病でも恋がしたい」の主人公”富樫勇太”
五男:<十四松>”小野大輔”さん/「ばらかもん」の主人公”半田清舟”
六男:<トド松>”入野自由”さん/「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の主人公”宿海仁太(じんたん)”

アニメ好き女子にとっては”夢の共演”と呼べるくらいの豪華なラインナップなのではないでしょうか。
そのあたりも人気の秘密だと思いますが、アニメのイケメン主人公に飽きてきた女子たちの、現代の何処か頼りない男性像のアソート的なラインナップに好みの男性(推し)を見つけることが出来るあたりが、多くの女性の共感を得られている、という話もあるようです。実際、私のまわりの知り合いの女性たち(20代の方たち)の中でも、あなたは誰推し?という会話が出ております(決してキャバクラをお仕事にされている方々ではありません、なぜ、あえて言い訳する?一応・・・)。

おそ松さん3

このアニメは、今の世の中を反映させた日常を取り巻く内容が作品のベースになっておりますので、ブラック企業・社畜問題や、両親の離婚問題、若者の合コン事情やサブカルチャーなどいろいろな世相が盛り込まれています。その中で、おそ松さんたちがどのように生きていたいかが楽しくブラック・コメディで綴られています。

自己犠牲はまっぴらご免、楽しいことだけやって過ごしたい彼ら。しかし、それを貫くためにはある意味、雑草のごとく、タフでたくましく、図太い神経を持ち合わせていないと今の世の中をそのようには生きては行けません。誰にも迷惑をかけないで生きて行ければ、この混沌とした世の中、自己責任の上でならそれもありな時代かもしれません。
一方、作品のマドンナ”トト子”ちゃんは六つ子の憧れの存在ではあったようですが、彼女も成長してどのように変わったか?、主役を食うサブキャラ”イヤミ”のギャグ「シェー」は健在か?”チビ太”はちゃんと大きく成長したのか?などなど気になる側面もたくさんあるかと。

半世紀をかけて大人になりかけている彼らなので、あと半世紀もすればまっとうな大人にみんなが仕上がっているかもしれません。あと半世紀は待てない、はい、ごもっともです。私も視ることができるか怪しいものです。
まあ、先のことはわかりませんので、あまり力を入れずに過度の期待もしないで気軽に見てください。

全26話でたくさんお話がありますが、1話完結の日常ものなので、途中でリタイアしても構いません。賛否両論のアニメですが、中には感動のお話もあります。第9話「恋する十四松」だけは必ず視て欲しいと思います。ギャグアニメの中にも感動は存在するのです。

「おそ松さん」は2015年10月~2016年3月にテレビ東京・テレビ大阪・BSジャパン他で放送となりました。アニメ数年前にフジテレビ日曜朝9時代放送の「銀魂」の制作監督”藤田陽一”さんが監督、同じく銀魂の脚本・シリーズ構成担当の”松原秀”さんが脚本・シリーズ構成を、映画ドラえもんシリーズの総作画監督を担当している”浅野直之”さんがキャラクターデザインを担当しています。女子向けを狙っていないところの、はちゃめちゃな何でもありの作品を創ったところ、意図していない女子たちが食いついた、というエピソードありの本作品、視るか視ないかはあなた次第です!

第1クールオープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ!/A応P」
第2クールオープニングテーマ 「全力バタンキュー/A応P」
※この曲を歌うサブカル的な彼女たちの音楽も一興の価値あり?

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
information
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation