Blue heavenーかけがいのない地球に生かされた、我々人類がなすべきこととは・・・「ALDNOAH. ZERO(アルドノア・ゼロ)」

「マスタング1-1、応答せよ。マスタング2-2、応答せよ。だめだ、敵のジャミングで通信が妨害されている、あっ、うちの小隊長から通信が入ったもよう。そう、うちの通信はホテルと同じあのチ~ン!というベルなのである。電波障害もなんのその、ミッションが入った。”ヨークベニマルで本日、格安でコメ20KGを奪還GETせよ!本作戦名は”ササニシキで錦をかざれ!”とのこと。我が家の小隊長の命令は絶対!TAKAPON4-6起動、オールレディ、発信!」ということでしばし、リアルな世界へ戦いに行ってきます。
あれから20年、あれから2時間、無事ミッション達成で帰還、本題です。

ここ最近、ロボットアニメについて書いてないことにふと気が付きました。肉ばかり食べると魚も食べたくなるようにアニメも同じです。何事も生活においてバランスをとるということが肝要です。
「ロボットアニメを見ています」なんて堂々と大人の男性が口にすれば、女性の方は「いい大人が子供じみてるわね」と大抵の方が言うかもしれません。しかし、そこは男のロマンの領域ということで、寛大な目で見てやってください。正義という名のもとに現実では成し得ないことを主人公がカッコ良くやってのけるのがヒーローものであり、ロボットものであります。いつもそんなものを小脇に抱えるようにして、現実で強く真っ直ぐでありたいと常に願う男心をちょっと理解してもらえたら幸いです。

ロボットものは当然、自分の力以上にその何千倍も、何万倍もの能力を引き出す道具であり、それを扱う人間の技量が試されるところです。なのでその能力に長けた主人公には尊敬の念を持って男性は見届けるのであります。あっ、やっぱりただの痛いだけのおじさんでしょうか?そんなふうに思った女子の皆さん、騙されたと思ってこのアニメを見てください。大人女子も気に入ってもらえるロボットアニメかも知れませんよ。主人公がとってもクレバーで、沈着冷静ながら内に秘めた闘志を燃やすクールビューティGUYなのです。リアルで言ったら羽生結弦君タイプでしょうか。

そのアニメは「ALDNOAH. ZERO(アルドノア・ゼロ)」です。

1972年、人類の月面におけるアポロ計画の最中、月と火星をつなぐ「ハイパーゲート」なる古代文明の遺産が見つかり、人類は”レイガリア”博士率いる調査団を、その瞬間移動が可能なハイパーゲートを使って火星に送り込んだ。やがて調査団は、火星の3万年前の古代文明テクノロジー「アルドノア」を発見する。その後、火星側は「アルドノア」の使用独占を主張し、かたや地球側は火星との共有化を主張。お互いの見解の相違によって、火星と地球は「アルドノア」をめぐって対立が生じるようになった。

KG-6-SLEIPNIR_main_0715_02.jpg

1985年、レイガリア博士は自らを皇帝とし、火星に「ヴァース帝国」を築き、火星を統制。1999年、レイガリア皇帝の息子”ギルゼリア”は資源が豊富な地球を配下に治めようと、地球に宣戦布告をする。しかし、惑星間戦争の中、突如起こったハイパーゲートの暴走によって月が崩壊し大惨事となり、それに巻き込まれたギルゼリアは戦死してしまう。月のカケラが落下した地球はその被害によって人口が半減する事態となった。翌2000年、火星と地球は休戦協定を結ぶ。月日は流れて2014年。火星は地球と和平交渉を進める一環として、親善大使を地球に派遣することにした。それを担うこととなったのが当物語のヒロイン、火星の皇女”アセイラム・ヴァース・アリューシア”であった。

主人公である高校生の”界塚伊奈帆”(かいづかいなほ)はアセイラム皇女のパレードが行われるとあって、その手伝いに借り出されていた。彼女の歓迎パレードが行われている最中、何者かがアセイラム姫を襲撃、彼女は生死不明となる。火星側はこれを火星に対する地球側の宣戦布告と認識し、これが引き金となってヴァース帝国は火星の軍人”火星騎士を地球に集結させ、世界各地を一斉総攻撃し始める。

再び惑星間戦争となるが、実はアセイラム姫は生きていた。パレード当日、体調不良のために影武者を立てていたことが功を奏し、難を逃れていたのだ。彼女は侍女”エデルリッゾ”とともに地球人の服装に扮して安住の場所を探していた。伊奈帆は避難先へ向かう途中、偶然にもアセイラム姫とは知らずに彼女たちと遭遇。3人は一緒に避難先を目指すこととなる。途中、クラスメートの乗る軍用車にピックアップしてもらうが、それもつかの間、火星騎士の操縦する”カタフラクト”(人型起動兵器)に攻撃されてしまう。救助に来た伊奈帆の姉で軍人の”界塚ユキ”が操縦するカタフラクトが応戦するが、全く歯がたたない。その戦いの最中、ユキを救うために伊奈帆のクラスメートが命を落とした。

伊奈帆は逃げることを止め、戦う事を決意する。彼が乗り込むのは学校にある練習用のカタフラクトKG-6。かたや、火星のカタフラクトは地球にはない”アルドノア”のテクノロジーによって起動し、受けた弾丸をも吸収してしまう表面バリア構造のスーパーロボットである。無謀だと思われる戦いに伊奈帆は残されたみんなを守るために挑もうとしていた、しかし、彼は沈着冷静であった。学年一の秀才がその頭脳を持ってして地球外のテクノロジーに対抗するというのである。彼に勝機はあるのだろうか?一方、アセイラム姫はどうにか自分の生存をヴァース帝国に伝え、無駄な戦争を早く終わらせることを願っていた。火星側の通信衛生の破壊とジャミングによって通信手段が途絶えた今、その思いは火星に届くのだろうか?

36570991.jpg

この作品は、A1-PicturesTROYCAの共同制作のオリジナルアニメであり、2014年7月~9月に第1クール12話、2015年1月~3月に第2クール12話の、計24話がBS11他で放送されました。ジャンルはロボット&ファンタジー。
ストーリー原案は、「魔法少女まどか☆マギカ」のシナリオ担当の”虚淵玄”(うろぶちげん)さんが手がけております。

文明・資源の豊かさを求めるあまりに、我が先とばかりに人類の身勝手さが戦争という最悪のシナリオを選択してしまう愚かさ、それと同時に人間の優しい部分も描かれていてとってもヒューマンな内容です。この地球は特定の個人の所有物ではなく、そこに住まう人類が共有すべき奇跡の産物であることが教訓となっているように感じる作品でした。この作品を通して、今生きているこの世界がいかに素晴らしくかけがいのないものであるかに気づかされるはずです。リアルな世界でみんながそう思えたら戦争なんてなくなるのにと。それと平行して、地球のロボットがテクノロジーの差が歴然である火星のスーパーロボットにどう立ち向かっていくかが見どころです。戦闘シーンのBGMの演出も緊迫感があって絶妙です。それとアセイラム姫を慕って救出しに地球にやってくる”スレイン・トロイヤード”との伊奈帆の対決とアセイラム姫をめぐって2人の心模様がドラマティックであります。

そして今回の作品も、私の好きな声優さんが二人登場しております。ヒロインのアセイラム姫を演じる”雨宮天”(そら)さんですが、 「一週間フレンズ。」の主人公のピュアな女の子”藤宮香織”役で大好きになりました。もう一人は本作品の中の”網文韻子”(あみふみいんこ)役の”小松未可子”さんです。彼女は「凪のあすから」の主人公”先島光”の義理の妹”汐留美海”(しおどめみう)役がいじらしい乙女心全開でおじさんのハートを打ち抜きました。育ちの良さそうなアセイラム姫と主人公大好き少女韻子の役どころを彼女たちがしっかり演じております。そのあたりもお楽しみポイントです。

それと今回は伊奈帆のお姉さん”界塚ユキ”が”大原さやか”さんですが、こんなお姉さんも最高です。「○○君、ダメだぞ!コラ♡」って言われたいですね。先生役やお母さん役が多い大原さんですが、この役どころはドストライクです。

ではみなさん、本作品を楽しみながら、今いるBlue Heavenのすばらしい奇跡を再認識してみてください。

第1クールオープニングテーマ「heavenly blue/kalafina」 ※この曲は聴くたびに胸が熱くなります。
第2クールエンディングテーマ「GENESIS/藍井エイル」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
スポンサーサイト

ほんの少しの優しさと、ひとかけらの勇気があれば、誰かを守ることだってできるかもしれない。「僕だけがいない街」

ドラマや小説にミステリーやサスペンスといったものがあるように、アニメの世界にもそういったジャンル作品が存在します。私は皆さんに、できるだけ色々なジャンル作品をまんべんなくお伝えしようと思ってはおりますが、ミステリーやサスペンスは正直、自分にとっては苦手なジャンルです。好きな人はとことん好きなのでしょうが、考えながら見ると言うのはちょっと疲れてしまうので今まで避けてきました。しかし、ジャンルだけを見て、その作品を見ないと決めつけてしまうのは早急かもしれません。一つのジャンルに収まらない内容の作品もありますので、せっかくのおもしろ作品を逃してしまわないようにしたいものです。そんなミステリー・サスペンスのジャンルの中での最近の飛び抜けたおもしろ作品を一つ、今日はご紹介します。

「僕だけがいない街」という作品です。
この作品は、漫画家”三部敬(さんべけい)”さんの漫画が原作となっています。2012年7月~2016年4月までに「ヤングエース」に連載され、同時に2016年1月~3月にテレビアニメ化され、フジテレビ系列のノイタミナ枠で全国放送されました。全12話。制作会社はA-1Pictures。3月には実写版映画も公開となりました話題の作品です。

この作品は、当然、サスペンスなので何人か人が死んでしまいます。主人公、”藤沼悟(ふじぬまさとる)”はちょっとした特殊な能力を持っています。それは、”リバイバル(再上映)”と言って、1~5分程度の時間をさかのぼって同じ光景を見ることができる能力です。決まって悪いことが起こる直前にその能力は急に発動され、見たものの中には必ず、何か違和感が存在するのです。まるで悟に、それを強制的に排除しなさいと言わんばかりに唐突にそれはやってきます。悟はリバイバルの中でその悪いことを必死に探し、それを解消しようとするのです。その結果どうなるかというと、今まで幾つかのトラブルを回避出来たものの、その殆どが良くてプラスマイナスゼロになるか、悪い場合はそれによって自分がマイナスになる時もあるのです。

藤沼悟は売れない漫画家であった。作品の踏み込みが足りなく、作者の顔が見えないと漫画編集者からの評価がもっぱらで、それが人気にも作用し、未だに伸び悩む29歳。自分の心に踏み込むのが怖く、それが漫画の作品にも影響しているらしい。漫画を描くかたわら、悟はピザ屋でアルバイトをしながら生活している。そんなある日、ピザ屋の配達でバイクで出かけた矢先、突然リバイバルが訪れた。「いつものように、早く探さないとまた悪いことが起こる。」悟はすぐに違和感を探しはじめた。すると、すれ違いのトラックの運転手が運転しながら目を閉じたままで走っている状態を発見。その先には小さな子どもが横断歩道を渡ろうとしていた。悟はトラックと並走し、運転手の腕を引いてどうにか進路を変え、間一髪子供が轢かれるのを避けた。しかしその後、悟は対向車と正面衝突、病院へ搬送。気がついた時は、ベットに横たわっていた。見舞いに来てくれていたピザ屋の同僚(高校生)”片桐愛梨(かたぎりあいり)”の話では、体に大きな外傷は奇跡的になかったものの、まる2日間眠りっぱなしだったらしい。事故のトラック運転手は運転中にすでに死んでいて、子供は無事だったそうだ。

53547764_480x269.jpg

それから間もなくして悟が病院を退院しアパートに戻ると、部屋には息子を心配して駆けつけた母の姿が。北海道から上京してきたわけだが、息子のその後の具合が心配なのでしばらくは悟のアパートに泊まって様子を見るらしい。後日、悟は母の”佐知子”と買い物に出かけた。その帰り、悟に再びリバイバルの兆候が訪れた。まわりを見渡すが、悟は違和感を見つけ出せない。思わず悟は、母にまわりを見渡しておかしいところがないかを尋ねる。何もおかしそうなところはないようだが、男と幼児が連れ添って歩いている光景を佐知子は目にする。そちらの男にも佐知子が視界に入っていた。男は車に乗って立ち去り、そこには車に乗らずに幼女が残されていた。おそらくはそれが違和感。事件が未遂に終わった匂いを佐知子は感じ取っていた。そのことを佐知子は悟に言わずに二人は帰宅した。

佐知子には、その男を何処かで見たような気持ちが沸き上がっていた。そう、それは18年前に地元の北海道で起きた3件の連続誘拐殺人事件に関係のある人物像であった。その殺人事件の被害者のうち、二人は悟の同級生の女の子だった。その事件の犯人は、悟が昔よく一緒に遊んでもらっていた近所の青年”白鳥潤”と断定され、死刑囚となっていた。悟はその当時、絶対に白鳥さんではないことを警察に話すが、子供の言うことを大人は真に受けなかった。すでに時が流れ、真犯人が仮にいたとしても事件はすでに時効を迎えていた。

佐知子はその事件を思い出し、先日見かけた男がその当時の事件の真犯人ではないかと思いはじめる。そして、昔働いていた新聞社の同僚の報道記者に連絡を取りはじめた。しかし、その思いを誰にも告げる間もなく、佐知子は何者かによってアパートで刺殺される。悟は何も知らずにアルバイト先から帰宅すると、目の前に死んでいる佐知子の姿を発見する。ちょうどそこへやってきた大家がその場を見て驚き、110番通報。駆けつけた警察は動揺している悟に話しかけようとするが、とっさに悟は犯人にされると思って逃走してしまう。「一体誰が母を・・・」、とその瞬間、悟はタイムリープしてしまう。

気が付くと、そこは18年前の小学校の校庭だった。悟の何かしらの強い思いで、かつてない時間をさかのぼってリバイバルを引き起こしたのだ。悟の体はその当時の小学生の姿だった。しかし意識は29歳の俺。悟はここからうまくやり直せば、もしかしたら母・佐知子を救うことができるかもしれないと考える。そして昔、自分が踏み込めなかったために防げなかった事件もなくすことができるかもしれないとも考え始める。そこから悟一人での運命を変える行動が始まってゆく。悟は無事にその2つの目的を果たせるのだろうか?そして誘拐連続殺人事件の真犯人と母が殺された事件とはリンクするのだろうか?悟はその時代を過ごし、手探りでそれらの糸をたぐり寄せるのであった。

53008880_452x636.jpg

この作品が楽しめる要素はいろいろありますが、一番は単にサスペンスの犯人探しだけにとどまらずに、タイムリープという人間の憧れの領域の時間軸というものが加わった、スケールの大きな物語に仕立てあげられているところかと思います。多分にロマンを感じることができる作品であります。そして誰かを救う、守るために最後まで諦めない気持ちと行動が全面に出ているところが非常に前向きであり、私は好きです。単にタイムリープの能力があるから行動できるのではなく、それ抜きにしても根本としてのハートの優しさ・強さが大事であることが作品から伝わってきます。それによってまわりも感化されてゆくところがさらに暖かく素敵に思えるのです。そして最後にとびっきりのエピローグが待っているところがにくい演出かと。結果、この作品ってミステリー&サスペンスなの?となるわけです。それは最後までたどり着いた方のご褒美と言えるぐらいのお楽しみ感ありです。果たしてハッピーエンドが待っているのでしょうか?

余談ですが、タイムリープという言葉は日本的な独特の言い方で、「時をかける少女」で初めて使われた言葉だそうです。時間を超えて行った先々の過去や未来には、その時代の自分がそこに平行して同時に存在するというのが”タイムトラベル”であり、行った先には行った本人以外は同時に存在しないのが”タイムリープ”のようです。タイムリープで行けるのは、あくまで過去のみらしい。タイムリープをする作品には「Steins;Gete シュタインズ・ゲート」という秀逸な作品が有りますが、本作品もそれとはまた違った心に残る秀作です。ぜひ、サスペンス&ミステリーと思わずに本作品を見てください。

あっ、声優さんについてまだ書いてませんでした。
私はリアルな世界では一途ですが、こっちの世界ではたくさんの愛を見つけてしまって一人に絞れずに大変なことになっています。この作品でも好きな声優さんが一人出演いたしております。”悠木碧(あおい)”さんですが、誘拐事件に巻き込まれてしまう”雛月加代”役で出ています。悠木さんは「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の主人公・比企谷八幡(ひきがやはちまん)の妹役”小町”ちゃんで<お兄ちゃんをたてるできた妹>を可愛らしく演じております。こちらも個人的なわたくしのおすすめです。ご参考までに。とりとめのない話になった私の話が実は”ミステリー”ということで本日はここまで!

オープニングテーマ「Re:Re:/ASIAN KUNG-FU GENERATION」
エンディングテーマ「それは小さな光のような/さユり」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information

亜人ちゃんは語りたい 小鳥遊ひかり 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥7,970から
(2017/4/28 03:57時点)

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation