自らが前に進もうとしなければ、自分が望む明日は永遠にやってこない。「灰と幻想のグリムガル」

前回に引き続き、今回紹介する作品もジャンルはハイ・ファンタジーのアクション系で、主人公が異世界に転生し、その世界で冒険を繰り広げる物語です。冬アニメで、面白いと思った作品に異世界ものが2つ入りましたが、おすすめ順からしても素直にこの2つを取り上げることにしました。「この素晴らしい世界に祝福を!」が、同じ異世界転生の作品であってもコメディ路線であるのに対して、今回のアニメはそれとは正反対で、シリアスな正統派の異世界・冒険作品であります。

タイトルは「灰と幻想のグリムガル」です。

この作品はライトノベル作家”十文字青(じゅうもんじあお)”さんのライトノベル作品(2013年6月~現在まででオーバーラップ文庫より既刊8巻)が原作となってアニメ化され、2016年1月~3月にBS11他で放送になりました。全12話。制作は、毎年コンスタントにヒット作を輩出しているA-1Picturesという会社です。 この作品タイトルは意味するところがすぐさまわからないところがまた良くて、見進める内にそれが次第に明らかとなって行きます。

オープニングテーマは、主人公たちのつかの間の休息と戦いに挑む出で立ちに変わる場面によって、戦士のオンとオフが表現されており、本編は共に冒険する登場人物たちのリアルなアクションシーンと、それと平行して各キャストの内面と互いに交わす心の交流がじっくりと描き出されております。エンディングテーマは物語の回想シーンの映像とこの作品の世界観にピッタリの音楽で余韻に浸れる締めくくりになっております。

生きるって、簡単じゃない。記憶も、お金も、特別な力も___ 何もない僕たちが手に入れた現実。
この作品のキャッチコピーですが、かっこ良すぎますね。このコピーだけを見ても、すでにこれだけをおかずにしてめし3杯かっこめるぐらいの作品の良さを予感させてくれます。

55882065.png

「目覚めよ」という声が聴こえ、主人公”ハルヒロが目を覚ますと、目の前には見知らぬ闇の世界が広がっていた。自分の名前を覚えている以外はすべての記憶が無いようである。自分が今までなにをしてきたか、どういう人間で、善人か悪人なのかさえもわからない。時を同じにしてそこで目覚めたものたちはハルヒロを含めて12人。その暗闇からおもむろに外に出た12人が目にしたのは、空に赤い月が映しだされる世界であった。その中にいた”レンジ” という男はさっさと動きの良さそうなものを仲間に誘い、パーティ(チーム)を組んでその場からいなくなってしまった。

その場に残されたのは6人。これからどうして良いのかわからないものたち、ハルヒロら6人の前に、ある案内人が現れる。彼の誘いでハルヒロらは”義勇兵レッドムーン”という事務所を訪れた。その事務所の所長が言うには、この世界では人類とモンスターが常に戦っているらしい。そして、この世界にいる人間はそのモンスターと戦う”義勇兵”となるか、それとも義勇兵にならずに街でほそぼそと生きていくかを選択しなければならないのだと。ハルヒロたち6人は、義勇兵になる道を選択する。そして、義勇兵の見習いとしてまずはその登録を済ませるのであった。

その職業紹介所らしきところで微々たる準備金を手に、その後6人は、自分の好きな義勇兵のclass(職業)を選び、その師匠のもとで基本技能やスキルを学ぶこととなる。ハルヒロのパーティは”マナト”と”ランタ”と”モグゾー”の計4人の男子と、”ユメ”、”シホル”の女子2人。モグゾーが戦士、マナトが神官、ハルヒロが盗賊、シホルが魔法使い、ランタが暗黒騎士、ユメが狩人を選び、それぞれが師匠のもとで数日間、基本技能を習得し、どうにかパーティとしての体裁を整えた6人であった。

そしてこの世界”グリムガルの地”で彼らの冒険はいよいよ始まり、6人はまず、グリムガルで最弱と呼ばれる”ゴブリン”を倒しに向かった。しかし、いざ6人で戦闘を行うがコンビネーションはばらばらで、個人個人の能力もまだ低く、実戦はなかなかうまくは行かない。それどころか自分たちが逆にやられそうになる危険な場面も多々あり、成果は思うようには挙げられずにいた。来る日も来る日も一匹足りともゴブリンを倒すことは出来ずに日にちだけが経過してゆく。そうこうしている内に、持ち金が間もなく底を尽きそうになる。彼らに光明は射すのでしょうか?そしてこの先、それぞれが自分の過去の記憶を呼び覚ますことはあるのでしょうか?

無題

音楽・映像・ストーリーが相まって、この作品は独自の世界観がしっかりと形作られています。最初から最後まで一貫して方向性がぶれていないところがこの作品の素晴らしいところで、見進めるうちに自然といつしかその世界に心が吸い寄せられていきます。ストーリーはかなりゆったり目で、主人公たちは決してすぐさま強くはなりません。回を追うごとに着実に強さを増して行きますが、時に心情的に弱く立ち尽くすこともしばしあります。けれども心を収め、前を向いてまた仲間と共に歩み出すのです。

前回紹介した「このすば」とはまた違った切り口で、人間の泥臭さを全面に出した作品といえると思います。このアニメの登場人物たちは、それぞれが互いを察し、関わりを持とうとする中で見つける、相手を敬う心や共存していくために自分の役割を果たそうとする行動が真っ直ぐで、現実社会に置き換えてとらえたとしても、とても共感が持てます。

そして、リアルな世界で生きることは日々生活されている皆さんが個々で感じているように、それぞれの事情の中で大変なことばかりと思いますが、この作品の中の苛酷さを考えると今の自分の現実はまだ衣食住にも恵まれていて、ましてや自由な生き方が選べるだけ幸せなんじゃないかと思えてしまいます。作品の中の彼らは前に進むことしか出来ないのです。それは常に死と隣り合わせの環境下に置かれて生きているからです。自由にかこつけて何もしないのはもったいないことであることを私たちに語りかけているように思えます。そしてまだ自分は何かをやれる、となぜか客観的に前向きな気持ちにもなれたりします。
自らが前に進もうとしなければ、自分が望む明日は永遠にやってこないとでも言っているような、そんな作品です。

私達が手に入れた現実は満足の行くものですか?人によって満足の尺度は違いますが、小さいながらも目に見えにくい幸せは私達のすぐ近くにきっとあるはずです。この作品を見てそれを感じてみませんか?

オープニングテーマ「Knew day/(K)Now_NAME(ノウネイム):Ayaka Tachibana」
エンディングテーマ
第2話~11話「Harvest/(K)Now_NAME(ノウネイム):NIKIIE(ニキー)」
第12話「Cultivate/(K)Now_NAME(ノウネイム):NIKIIE(ニキー)」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

楽して冒険出来るほど、異世界も甘くはなかった!?「この素晴らしい世界に祝福を!」

最近、異世界もののアニメで2期目だった「GATE」が終わりました。自衛隊が異世界と現実の世界とGATEを通して行き来する異色なアニメでしたが、かなり面白かったので私としては大変満足のいく作品でした。でも、1期目で記事にしたので2回目の記事は書きません。まだ見てない方はこちらのGATEを参考に是非見てください。単に面白いだけじゃなく、今の日本の自衛隊のあり方も頭に浮かびつつ、いろいろと考えさせられるアニメでもありますので。

本日は同じ異世界系の作品でも、現実の延長線上のローファンタジーとは異なる、ハイ・ファンタジー系(完全なる異世界のお話)の「この素晴らしい世界に祝福を!」をご紹介いたします。ジャンルは異世界ファンタジーコメディ

すでに、タイトルからして楽しげな世界が待ってそうで、大いに期待が持てそうですよね。でも安心してください。私はすでに見ているからこそ記事にしますので、楽しいこと間違いなしです。ただし、見る上での注意点は、オモシロすぎて不意に声を出して思わず笑ってしまうということです。深夜に見る方はご注意を!

では本日も、現実から一度は異世界に逃避したい行ってみたいと思っている店主が皆様を異世界の入り口にご案内致します。

主人公である、ゲームオタクの引きこもり高校生”佐藤和真(カズマ)”は、最新のネットゲーム初回限定版を買うために久しぶりにに家を出た。その帰り道、すれ違った少女がトラックに轢かれそうになっているところを助けようとして不慮の事故にあい、短くも生涯を終えることとなった。
気がつくとそこは死後の世界。和真の目の前には水色の髪と瞳を持つ、プロポーション抜群の"アクア"という女神(年齢不詳)とやらがいるではありませんか。

彼女は、若くして死んでしまった人間のために、次の人生を導く役目を授かった女神であった。しかし彼女は、和真の死因が車に轢かれたことではなく、別の理由で死んでしまった事を和真に面白おかしく話をしてしまう。そして彼女は、和真に今後の生き方に2つの選択肢が用意されていることを告げる。一つは、ゼロから新たな人生を歩むこと、もう一つは、天国的なところに行き、おじいちゃんみたいなのんびりとはしていても、実はすごく退屈でつまらない暮らしをすることであった。

だが、その他にもう一つ、異世界で魔王討伐のようなエキサイティングな生き方をすることも出来ると、その生き方を和真にすすめるのであった。なぜなら、そっちの世界では強くなければやられてしまうために行く人があまりいないからである。でも、もしその道を選択すれば、今の記憶を引き継いだまま、異世界での魔王討伐の冒険が出来、そして討伐のために何か一つだけ好きなものを持って行くことが出来る。和真は真剣に何を持っていくかを考えるが、しびれを切らしたアクアは和真の選択をあおる。その態度に憤慨した和真は、アクアを持って行くと言い放つ。すると別な女神が現れ、その願いが発動されてしまう。こうして和真とアクアは異世界へと転生されるのであった。

このすば1

降り立った先は”アクセル”という街。
異世界に降り立ち喜ぶ”カズマ(異世界名)”とは対照的に、無理やり連れて来られたアクアは帰りたいと泣き叫ぶ。とにかく魔王を討伐しなければ元の世界に帰れないアクア。自分の思い描いた冒険者のイメージを膨らませるカズマ。
しかし、カズマの思い描いていたイメージとは裏腹に、その街は平和すぎる雰囲気が漂っていた。
まず、ふたりは自分たちのステータスを調べた。カズマは運だけが異常にいい、ごく普通の冒険者となり、女神アクアは頭が悪いが知性以外のすべてのステータスが高い”アークプリースト”となった。早速、冒険のための装備を買おうとするが、普通はゲームの世界ではあるはずの所持金が一銭もない。二人は資金をつくるために労働に勤しむのだが、働いたお金で食っては酒を飲み楽しむ毎日へ、どっぷりと浸かってしまう。ある日、カズマは自分たちの振る舞いが冒険者ではなく、単なる労働者であることに気がつく。

これではいけないと、二人は簡単な装備を揃え、駆け出し冒険者になるのであった。最初の討伐クエストは”ジャイアント・トード”という巨大なカエルを3匹倒すこと。結果は2匹。危険を冒して苦労して討伐した割に、それで得た報酬は過酷な1日労働となんら変わりない金額。
二人は自分たちの限界を知り、パーティーを組んで戦う事を思いつく。そして自分たちの実力は棚に上げて、上級職の冒険者にタ限った求人募集を伝言板に張り出す。

ハードルが高く、なかなか仲間が集まらない中、その張り紙を見て現れたのが二人。
一人は紅魔族(こうまぞく)と呼ばれる魔法使いの一族にして13歳の少女”めぐみん”。黒マントに黒グローブ、そしてトンガリ帽子のいかにも典型的な魔法使いのいで立ち。さらに片目を眼帯で覆い、カッコつけの言葉を発する、やや中二病的な言動が見掛け倒しに見えてしまう不安材料が・・・ 冒険者としての職業はアークウイザード。「爆裂魔法」という大技を持っていると言う。そして、一度一緒にジャイアントトードを討伐に行き、爆裂魔法を披露してもらうが、放った直後にその場に倒れ、動けなくなる始末。その大技は消費魔力の関係で1日1回しか使えないらしい。彼女はその大技しか愛せないためにスキルポイントをその他には割り振っていないのである。訳あり上級職であった。

方やもう一人、冒険者としての職業はクルセイダーという、金髪の美人で上級職の18歳の女性”ダクネス”がやってきた。彼女は大剣を使うが、不器用なために攻撃があまり当たらないという。だが、防御は完璧なので自分を盾に使って欲しいと売り込んできた。どうも彼女は、スキルポイントを全て防御に割り振っているために、攻撃力がおろそかになっているようであった。しかし、その後に続く言動がどうもおかしい。「モンスターに力尽きた後にあんなことやこんなこともされても私は耐える」という。極度のマゾヒストの疑いが浮上する。いかなる敵の攻撃にも耐えうる頑丈さを持ってはいるのだが、やはり妄想を抱く変態的な少女のようであり、こちらも痛い存在であった。

女神アクアはアクアで、この世界では女神らしいふるまいは一切なく、全くの役立たずで、お調子者でものぐさで、空気も読まない駄女神っぷり全開である。

55828933_447x636.jpg

これから魔王を討伐しようとパーティを組むが、揃ったのは何かしらのいわくつきのポンコツメンバー。
この後4人はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。そして魔王討伐のクレストを無事にクリア出来るのでしょうか。
アクアは無事に元の世界に帰れるのか?カズマはこの世界で最強の勇者となりえるのか?

この作品はライトノベル作家”暁なつめ”さんの小説が原作で、2014年に漫画としても連載されておりますが、2016年1月~3月にアニメ化され、BS11他で放送されました。全10話。そして放送終了と同時に2期決定が発表されるという、人気と期待が寄せられる作品となっております。

個人的にはまた、声優さんの話になってしまいますが、主人公の4人のキャラ立ちを声優さんがうまく盛っていて、面白さを倍増してくれているといった印象です。
男性の”福島潤”さんの鬼畜っぷりのカズマキャラ、面白いですね。アクアは”雨宮空”(そら)さん、めぐみんは”高橋李依”(りえ)さん、ダクネスは”茅野愛衣”(あい)さんで3人とも私が好きな声優さんです。中でも高橋李依さんは昨年からブレイクしてまして、昨年の「がっこうぐらし!」の主人公役や、今年の新作プリキュア「魔法使いプリキュア!」(女の子には一番人気のアニメ)の主人公”朝比奈みらい”役にも抜擢された注目株の声優さんです。声優女優新人賞も獲得しており、今後さらなる活躍が期待されております。茅野愛衣さんは言わずと知れた 「あの花~」の主人公”めんま”役で不動の人気を掴んだ声優さんです。

この作品の面白いところは、コメディ路線とういことはもちろんありますが、異世界系での勇者・冒険者ものが大抵はそのキャラの強さに焦点が当てられますが、ココに出てくるキャラたちはダラダラしながらも向上心は持ちつつ、知恵を絞って(時には言葉の策略的悪知恵)活躍するだろう?的な日常っぽさが、ファンタジーながら普通の人間臭さがむしろあって共感が持てるのかもしれません。冒険したいけどできるかな、みたいなわれわれの日常と非常に近い等身大ファンタジーアニメであります。
そして、何かを成し遂げるためにはやはり、何かしらの努力が必要であることを作品の中で示しています。いい加減に見えてもそこだけはぶれていない主人公・カズマの活躍に今後目が離せません。2期目も今から楽しみな作品です。

オープニングテーマ「fantastic dreamer/Machico」
エンディングテーマ「ちいさな冒険者/アクア・めぐみん・ダクネス」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
information
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation