ロックなアニメ。少年の心を映し出す、「FLCL(フリクリ)」

詩というものは読む方によって思い思いの解釈ができるところが素晴らしいと思います。それぞれが自分なりに受け止めて自分なりの世界を持つことができる、そこが良いところなのでしょう。
アニメ作品においても、一回見ただけでは即座に話がわからない厚みのある作品があります。かめば噛むほど味が出る、まるでスルメのような作品が。

そんなアニメのひとつに「FLCL(フリクリ)」という作品があります。結構難しい作品です。

二度見てなんとなく全体が見えました。三度見ればまた別な何かに気づくでしょう。
この作品はロックバンドthe pillowsの音楽にのせて、穏やかに、そして時に激しく展開する詩的な物語です。
主人公の少年が、成長過程で見る世の中の不条理や大人の汚い部分、また、自分は子供なのにまわりの同級生より自分は大人だと思う勘違いなど、大人への通過点である少年期独特の世界をうまく表現している作品だと個人的には思います。
おそらく、男性が見ればあの時の自分はそんなこともあったなぁと、中二病とは違う一時的なはしかの症状を思い出す方も少なからずいるでしょう。背伸びしたい、自分は他とは違う、と自分のカラーを映し出し始める特別な時期のお話です。

この作品は2000年4月~2001年3月までにOVA作品(オリジナルビデオアニメーション)としてリリースされた全6巻で、TVでの放送はありませんが、後の2006年あたりにバンダイチャンネルで有料配信されたようです。
新世紀エヴァンゲリオンの副監督を務めた”鶴巻和哉”さんの初監督作品だそうで、アニメーション制作はガイナックスです。
日本よりも海外で高く評価されているアニメのようですね。

主人公”ナンダバ・ナオ太”は小学6年生のごく普通の少年。
「すごいことなんてない、ただあたりまえのことしかおこらない」そう思いながらナオ太は変わらない毎日を淡々と過ごしていた。またそれを望んでいた。
とある地方都市、丘の上に突然出来た大きなプラント工場、”メディカルメカニカ(医療機器メーカー)”から定刻に吐き出される白い煙で覆いつくされる町並みを眺めながら、ナオ太はその煙が街中に呪いをかけているように見えた、などとちょっと大人びた、さめた感情を抱いていた。

ナオ太の兄のタスクはアメリカに野球留学中。タスクのガールフレンドの女子高生”サメジマ・マミ美”は、寂しさを紛らわせるためなのか、タスクの弟であるナオ太とよく河原でじゃれあいをしていた。
そんな小学生と女子高生の普通ではないが、変わらない日常のさなか、事件は起こる。
ナオ太とマミ美が橋の上で話をしていると、突然二人の前にベースギターを背負ったベスパのバイクに乗った女が現れたかと思うやいなや、ナオ太は彼女のバイクに轢かれてしまう。意識不明のナオ太を蘇生しようと彼女は、マウスツーマウスをしたかと思えば思いっきりベースギターで頭を殴ったりと乱暴な行動でナオ太を目覚めさせるのであった。それは偶然の事故ではなく、むしろ意識的に彼女が彼を轢いたのだった。それにはある理由があった。
FLCLRender (640x640)
意識が戻り、無事に自宅に帰ったナオ太だが、彼の額からは角のようなものが生え始めた。異変に気がつくが それに対してどうしようもないナオ太は額に大きな絆創膏を貼って学校へ登校する。学校の帰り道、ナオ太は再び”ベスパ女”に出くわす。彼女から、その後体に異変が何かなかったか、と問われるナオ太だったが、自分の秘密を知られたくない一心でそれをひた隠すのであった。それから間もなく、ベスパ女はナオ太の家に家政婦としてやってきた。父の”ナンダバ・カモン”も彼女にベスパで轢かれたようだが、その後に彼女を気に入ったらしく、カモンが家政婦として招き入れたのである。
彼女の名は”ハルハラ・ハル子”。彼女は自分のことを宇宙人だとナオ太に伝えるのであった。

それから数日後、どうしたことか、ナオ太はマミ美に兄のタスクにはもうアメリカで新しい彼女がいることを話してしまう。
それを聞いたマミ美は突然倒れてしまう。今はマミ美が自分に気があると信じていたのか、ナオ太にとっては想定外のマミ美のリアクションにやり場のない気持ちが高まり、それによってナオ太の体にはさらなる異変が生じる。なんとナオ太の額からロボットが現れた。そのロボットは、ナオ太の感情が創りだした幻想ではなく、しっかりと形をまとったロボットであった。その後、ロボットはロボットでナオ太の家で重宝がられ、便利に使われていた。

ハル子と出会ってからというもの、ナオ太のまわりでは事件が次から次へと起こり、平穏だった日常は大きく変わろうとしていた。
ナオ太の体の変化の原因はハル子にベースギターで殴られたせいなのか?そしてナオ太の額から出現したロボットの正体とは?そして宇宙人ハル子は何者で、何の目的でここにやって来たのか?滴か味方かそれとも?
そして更に新たな事件がふつふつと沸き起こり、それはナオ太自身の問題にとどまらず、事体は町をも巻き込む規模に発展してゆく。
そうした中、ナオ太はハル子とともに生活するうちに彼女にだんだんと惹かれ始める。
マミ美にハル子に少年の心は大いに揺れ、そしてあるがままの現実を知るのである。

この作品の中で私が注目したのはハル子の言葉です。
ナオ太は兄への尊敬・憧れか、いつも兄のバットを持っているにもかかわらず、試合ですら一度も振ったことがない。
そんなナオ太にハル子がアドバイスをする。
「やっぱり、振ってみないとね。空に向かって打ち返してみー。真のスラッガーは現実のボールを打つ前にまず心の中でアーチを放っているのさ」、と。
少年の背中を押してあげるなんとも味のあるお言葉ですね。
まずは自分から行動しないことには自分の目の前の景色は変わらないってことですよね。
サン=テグジュペリ(星の王子さま)にも匹敵する素晴らしいフレーズです!

長くなりましたが、見る方によって感じ方は様々なアニメですので、どうぞあなたもFOOLY COOLYな世界を覗いてみてください。

エンディングテーマもロックだぜぃ!
「Ride on shooting star/the pillows」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

碇シンジ君もビックリ?妄想モード突入!アニメ。「今日のあすかショー」

日頃アニメを見ていると、その作品の中で”男の願望”・”男の欲望”・”男の妄想”など、男のわがままに答えたものが非常に多いとつくづく感じます。
なんてお馬鹿なアニメなんだろう、なんて思う作品はゴマンとあり、これらの設定で余りにも行き過ぎたものの場合、正直疲れることもあります。全12話ぐらいが主だとすると、最後まで見るにはちょっと無理だな、と途中リタイアの作品も。
まあ、自分の好みの問題もかなりありますが、何事も腹8分目というやつでしょうか、楽しめるのは程々な作品がちょうど良いと思います。

そんな男のわがままに応える、男たちに都合の良いアニメの中で、今日は”男の妄想”を再現してしまったかのような作品をご紹介致します。
「今日のあすかショー」というショートストーリー作品です。全20話。

漫画家の”モリタイシ”さんによる漫画が2009年10月~2013年9月まで「月刊!スピリッツ」で連載され、単行本としても全4巻発行されています。それが2012年8月にアニメ化され、スマートフォン向け動画サービス「ビデオマーケット」で配信、2013年3月~7月にアニメ専門チャンネル「ATーX」で放送されたようです。
その後2014年3月にBlu-ray Discで全2巻が発売されています。

アニメーション制作は、「のんのんびより」を制作したSILVER LINKで、監督・キャラクターデザイン・総作画監督をハヤテのごとく!の2012年・2013年版の監督とキャラクターデザインを手がけた”工藤昌史(まさし)”さんが担当しています。

気になる作品の内容ですが、ジャンルが「日常・ギャグ・お色気」となっていて、天然な女子中学生の突拍子もない行動に周りがドギマギさせられてしまうという日常が綴られています。
もちろん、この日常が男目線で作られていますので、内容が非常に妄想的で実にけしからん?(男にとっては実に良いです)ぐらいにわがままなストーリーに仕上がっています。ある意味、完成度が高いと評価されるかもしれません。評価の基準がごくごく狭い範囲(妄想好きの方々)でですが。

f451157fc5ed96b088275ee8f850c3f8.jpg

では、続けてもう少しだけ内容をお話しします。
主人公は”京野あすか”中学3年生。その年代の割には、少し大人びて見えるかわいい女子。
お年ごろもありますが、天然でいて他の子よりも非常に好奇心が旺盛で、人と違った感性を持っているのでついついそれを行動に移してしまう研究熱心な性格なのです。
その行動と言動が普通じゃないために、それに遭遇した周りの男性にとっては実にありがたいトラブルを引き起こしてしまうのです。
ですが、”あすかの天使な行い”に周りの男性も自分の中にある良心との葛藤の中で見事、そのヨコシマな気持ちを超えて改心してしまうところが見どころです。ラッキーなトラブルのありがとうの後、それがごちそうさまだとすれば、その後にはみんな当事者男性はそれに答えてきちんと反省しているケースが多いのです。
この子は他とはちょっと角度の違う独自の定規を持っている常識人で、それを持ってして結果、世の男性を更生へと導いています。妄想は妄想のアニメですが、きちんとモラルにも触れていてそのバランスが程よい作品です。

主人公”京野あすか”役は”能登有沙(ありさ)”さんで、主人公の独特のキャラを作り出しています。あまりまだ目立った作品ではお目にかかれていませんが、「マンガ家さんとアシスタントと」という2014年春アニメの”音砂(おとすな)みはり”役を演じています。

オープニングテーマはなく、エンディングテーマだけですが、彼女が歌っています。
OP「ほぼ健全少女宣言/京野あすか(能登有沙)」

どうですか?みなさん。まだ見ていない方は頭の中が妄想でいっぱいになっていることでしょう。
その気持を持ち続けてテンションを上げたまま、TSUTAYAにGO!です。
当店TAKAYAには残念ながら置いてございませんのであちらでお借りくださいませ。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


まさにアニメ西洋版、必殺仕事人!「アカメが斬る!」

闘うアニメ(バトル系)は男心を大いにくすぐります。その闘いの元となるもの(テーマ)がアニメによっていろいろあり、そのどれもがそれぞれに楽しい要素を含んでいます。
例えばロボット同士の闘いであったり、そのものたちが各々持つ超能力であったり、魔法による武器であったり、切り口はいっぱいありますよね。

今日ご紹介するアニメは、そんなバトル系の作品の中でも登場キャラが様々なオリジナルな武器を片手に闘いを繰り広げるタイプのものです。実にたくさんのキャラと武器が登場しますので見ていてワクワク感が半端ないですよ。
そして冗談抜きでバトルシーンに何度も引き込まれて見てしまいます。ある意味、ボクシングのセコンドにつくコーチの心境みたいなものでしょうか?コーチをやったことは無いですが。闘いをするものといつの間にか一体になって闘っている、ということを言いたかったのです。

「このキャラと武器の組み合わせだとこいつに勝てるのだろうか?」、なんて同時に先読みをしながら見ることになるわけですが、すごく楽しいジャンルですね。その作品とは「アカメが斬る!」です。

帝国を築いた”始皇帝”が、「ずっとこの国を守っていきたい」という願いから造られた48種の超兵器”帝具”と、それと相性が良いごく限られた人物たちがそれをもとにバトルするお話です。
48種全部は出てきませんが、それなりの数がお目見えします。果たしでどの”帝具”が最強なのでしょうか?

35090951.jpg

帝国の圧政に苦しむ村で暮らす少年剣士の”タツミ”は、帝都軍の兵士になって一旗揚げて村を潤そうと、馴染みの少女”サヨ”と少年”イエヤス”と3人で帝都を目指して旅に出た。しかし、その途中で夜盗に襲撃され3人ははぐれてしまう。
タツミはどうにか一人で帝都にたどり着き、帝都軍に入ることをあれこれ模索するが、なかなか入れてもらえないでいた。そんな時、門前払いをくらう帝都軍に口利きをしてあげようと申し出る女性”レオーネと出会う。だが、まんまとレオーネに騙され持ち金を全部なくしてしまう。そこへ通りかかった貴族の少女”アリア”にタツミは助けられ、アリアの護衛としてまずは働く事となった。
帝都では、富裕層を狙う”殺し屋集団”「ナイトレイド」という組織がいることを知る。そして、そのために貴族たちは護衛をつけて身を守るのであった。

ある夜、アリアの住む屋敷についにナイトレイドが現れる。タツミがどうしたものかと思っている間にも護衛人がすべてナイトレイドに抹殺されてしまう。必死に逃げるアリアを守ろうとするタツミの前に現れたのはナイトレイドの一人、赤目の少女”アカメ”。彼女はタツミ諸共斬ろうとするが、それを静止する仲間が現れる。なんとそれはタツミからお金を巻き上げたレオーネだった。
彼には借りがあるから斬るな、とレオーネはアカメを止めたのであった。レオーネはナイトレイドの一人であった。そしてレオーネは、目の前にいるその貴族の衝撃的な真実をタツミに告げる。アリアとその家族は、帝都で路頭に迷う田舎者たちを助ける素振りを見せては家に連れて帰り、残虐な実験や拷問でいたぶりながら殺すサディスティックな一家であった。半信半疑なタツミだったが、逃げ惑うアリアを追いかけた先で見たものは、離れ離れになったサヨとイエヤスの無残な姿であった。
拷問によってサヨはすでに行き途絶え、イエヤスも虫の息。真実を知ったタツミは怒り、自らが命乞いをするアリアを斬殺する。

ためらいもなく斬ったタツミを、レオーネはナイトレイドに向かい入れようと強引に引き込もうとアジトへ連れて行く。
そしてタツミはそこでボスの”ナジェンダ”の話から帝国の腐敗のことも知り、世を正すために闇の動きで鉄槌をくらわせるナイトレイドのやり方に同調し、闇で生きることを決めるのであった。

帝都軍もナイトレイドの動きを察知し、”エスデス将軍”率いる帝具持ちばかりの最強集団「イェーガーズ」が動き始める。一方、ナイトレイドは諸悪の根源である帝国の大臣”オネスト”討伐を最終目標に動きを固める。果たして軍配はどちらに?

37755254_371x636.gif

ちなみに主人公アカメが使う帝具は”一斬必殺(いちざんひっさつ)/村雨”。切りつけられた切り傷からも呪毒が全身にまわり死に至るという怖い道具です。なんせそれを扱うアカメ自身もそれを手入れする際に自分の手を切らぬように最新の注意を図ると語っていましたので。まずいろんな帝具が出てくるのでお楽しみに。

このアニメは、2014年7月~12月までBS11他で放送された作品で、全24話。原作が”ゲームクリエーターの”タカヒロ”さん、漫画家の”田代哲也”さんで2010年4月~の「月間ガンガンJOKER」での連載が元になっております。
ジャンルはバトル(アクション)、ダークファンタジー。
主人公アカメは声優の”雨宮天(そら)”さんで、
オープニングテーマ「Skyreach/雨宮天」(1話~14話)
エンディングテーマ「月灯り/雨宮天」(15話~24話)
と頭からおしりまで私のためにあるようなアニメです。
ちょっと私的な感情が入りましたが、それを差し引いても面白い作品ですのでバトル系が好きな方はぜひ見て下さいね。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


永遠じゃないからこそ、みんなのせいいっぱいがここにある。「あの夏で待ってる」

大抵のアニメは、ストーリー進行のために”時間経過”や”季節の移り変わり”があるのが一般的です。ファンタジーものだと季節はむしろ関係がなくなるかも知れませんが、それ以外はそれらの変化がないと物語のメリハリや場面展開がつけ難いかと思います。
そんな中で”一定の時間”と”一定の季節”だけに的を絞った作品というものもあります。それも夏限定。これが意味するところは、「思い出の夏」ということがテーマであることが多くの方に容易に理解いただけることでしょう。
夏の期間だけでたっぷりと、そして限られた夏だけで物語を構成するためにはいろんなハプニング(出来事)が詰まっている必要があります。つまり美味しさが凝縮している必要が。今回は、この夏だけに特化したストーリーの夏限定アニメをご紹介いたします。

本日のご紹介するアニメは、タイトルからして既に砂糖水のような甘さで惹きつけられる、「あの夏で待っている」です。すごく気になるタイトルですよね。”なんだかな~待っているんだよなあ~目の前で怪しい人影が”という稲川淳二さんは登場しませんので爽やかに行ってみましょう!

主人公、”霧島海人(きりしま かいと)”は高校1年生。両親は事故で他界し、姉の”七海”と二人で暮らしていた。趣味は8ミリカメラでいろんなものを撮影すること。おじいさんが使ってたであろう古いそのカメラで海人は、湖の周りの夜景を撮りに出かけていた。すると突然の閃光と衝撃の中、海人は橋の上から吹き飛ばされて湖の中へ落ちていった。かすかな記憶の中で、海人は自分の手をつかむ女性を見たあとで意識をなくす。
翌朝、目を覚ますとなぜかそこは、自分の部屋のベットであった。少し体に違和感を感じつつも海人は、姉の”七海”のボリビア長期出張の話を聞かされながら朝食を済ませ、いつもどおりに学校へと向かった。

海人は親友の”石垣哲朗”、そして同級生でクラスメートの”谷川柑菜(たにがわ かんな)”、”北原美桜(みお)”と自主映画撮影の話をしながら教室の窓ごしに8ミリで外を映していた。すると、その視界に見慣れない女生徒が割り込んできた。海人はなぜか彼女が気になって、しばらくレンズ越しにその子の姿を追っていた。
その行動に気づいた哲郎は、海人が彼女に好意を持っていると感じ、親友のために彼女に声をかけ、自主映画づくりに参加してもらいたいと頼み込むのであった。
彼女の名前は”貴月イチカ”高校3年生。赤い髪が目立つ先輩が転校してきたという情報がすでにみんなの話題になっていて、まさしくそれが彼女であった。彼女は以外にもあっさりと哲郎からのお願いをOKしてしまう。

810sF9pTUCL__SX385_.jpg

そして学校の帰り、海人は手荷物のカートを引きながら歩いているイチカに出会った。どうも彼女は転校そうそう住むところがないらしい。海人は、イチカに一晩だけ自分の家に泊まっても構わないことを告げる。二人で家に戻ると海人は早速、旅の疲れを癒やしてもらおうと、姉の帰宅時間までイチカにお風呂に入ってもらった。その後海人は、急に体に変調をきたし、玄関口で倒れこんでしまう。風呂から上がったばかりのイチカは海人の異変に気づき、すぐに海人を介抱した。ちょうどそこへ、姉の七海と偶然会った柑菜が帰ってきて玄関を開けると、なんとそこには裸で海人を抱きかかえる少女が目の前に。七海と柑菜は目の前の光景に唖然とする。
目を覚ました海人は、七海の誤解を解き、遠いところから転向してきたがまだ住む場所が決まらないイチカを一晩だけ泊めて欲しいと頼む。するとそれを理解した姉の七海はイチカに、自分が長期出張で家を空ける間、海人が心配だから一緒にここに住んでほしいとお願いするのであった。

こうして海人とイチカの共同生活がスタートする。ふたり屋根の下、若い男女の共同生活は大丈夫なのか?海人に気がある柑菜は二人のことが気が気でない。
一方で、海人たちによる自主映画制作も始まってゆく。
映画制作の中、それぞれが自分の好きな相手の行動がすごく気になっている。海人のイチカ先輩への行動に柑菜が、そして海人を目で追っている柑菜の行動を哲郎が、その哲郎の行動を美桜が追いかけているという、なんとも恋の一方通行が続いていた。相手が幸せになることも大事、友情も大事、そして自分の気持ちも大事。恋と友情の間でそれぞれがせいいっぱいの毎日を過ごしていた。
日が経つにつれ、徐々に互いに惹かれ合っていく海人とイチカであったが、イチカは海人を好きになっていくことをためらっていた。なぜなら、彼女はずっとこの場所にとどまっていられない理由があったからである。いつか離れないといけない土地のひとを、好きになってはいけないと。イチカがこの町に一人でやって来た理由とは?この後、無事に自主映画は完成できるのであろうか?それぞれの恋の行方はいかに?そして海人があの日湖で体験した出来事はいったい何だったのか?
この夏でいろんな出来事を彼らは体験してゆく。彼らにとっていつにない”特別な夏”がやってきた。

風景

この作品は、2012年1月~3月にBS11他で放送されました。全12話+特別編1話。
原作は”I*Chi*Ka”さん、そして監督が、「とらドラ!」「とある科学の超電磁砲」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」を担当した”長井龍雪(たつゆき)”さんということで、この作品も類にもれず、大いに期待できる作品です。
ヒロインの3人は”戸松遥”さん、”石原夏織”さん、”阿澄佳奈”さんが熱演しています。
オープニングテーマは「Sign/Ray」、エンディングテーマは「ビードロ模様/やなぎなぎ」となっていて、私の大好きな「凪のあすから」と同じ2名のアーティストがOP・EDを飾っています。
青春らしさが存分に味わえるどちらも素敵な曲です。

この作品は単に青春・ラブコメにとどまらず、ファンタジーな側面も持つ二重構造となっています。そのファンタジーな要素が一層の素敵な思い出となってみんなの心に"特別なあの夏”を刻みつけます。
また、みんながそれぞれの思う相手に一生懸命な思いを伝えようとする姿にとても心打たれる作品です。戸惑いながらも相手の気持ち、友人関係、自分の気持を考え、そして後悔しないために告白する若者たちに思わず拍手を送りたくなります。
青春の1ページを思い出しながら、みなさんも一緒に”あの夏”を体験してみてはいかがでしょうか。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村



プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information

亜人ちゃんは語りたい 小鳥遊ひかり 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

新品価格
¥7,970から
(2017/4/28 03:57時点)

月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation