決しておこちゃまアニメではありません。「魔法少女まどか☆マギカ」

アニメもさまざまなジャンルに分けられますが、その中のひとつに「魔法少女」というジャンルがあります。
ジャンル分けされるくらい、それらには多くの作品があるようです。
昔であれば男の子ならロボットアニメ、女の子なら魔法少女系アニメを見て育つのがごく一般的でした。

最近ですと、子供たちに人気なのはプリキュアシリーズですが(大人の方でも好きな方は結構いらっしゃるようですが)、大人になるとさすがに魔法少女系は見るものがないと思いきや、そうではなく、見るに値すべきものが存在いたします。
おこちゃまな魔法少女を卒業した女性や大人の男性でも楽しめる魔法少女ものです。
映画化されましたし、グッズもたくさん出ましたのでまだ見てない方でもあのアニメか、と心当たりがなにかしらあるかと思います。まだ見てない方のために面白い作品なので今日はその作品をご紹介いたします。

「魔法少女まどか☆マギカ」です。

2011年1月~4月に毎日放送・TBS他で深夜帯で放送されたアニメです。全12話。
2012年には総集編「前編」始まりの物語、「後編」永遠の物語、2013年には「新編」叛逆の物語」と、立て続けに映画公開もされています。
この作品は、 監督が「化物語」や「ひだまりスケッチ」、「幸腹グラフィティ」を手がけた”新房昭之”監督であり、キャラクター原案は同じく「ひだまりスケッチ」の漫画家”蒼樹うめ”さん、脚本はシナリオライターの”虚淵玄(うろぶちげん)”さん、そしてアニメーション制作がシャフトという最強+異色のタッグが組まれております。
見終われば、「なるほど、だからおもしろかったのか」と、納得いく面々であることが後々わかると思います。
また、この作品は2011年の第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞受賞の他、さまざまな賞に輝いている秀逸な作品でもあります。

42473223_430x636.jpg

主人公”鹿目(かなめ)まどか”はごく普通の中学生。まどかはある夜、敵と戦い苦しむ少女と、願い事をなんでもひとつ叶えてあげるから魔法少女にならないか、と問いかけてくる不思議な白い生き物の夢をみる。
次の日学校へ行くと、クラスに転校生がやってきた。まどかはその少女を見て驚く。
その女の子は、昨日の夢で見た少女にそっくりだったからである。
学校の帰り、同じクラスの親友”美樹さやか”とCDショップによって曲を選んでいると突然、まどかの耳に「助けて」という声が聞こえてくる。
その聞こえる方へ足を運ぶと、天井から痛手を負った白い動物らしき生き物が落ちてくる。夢と同じ生き物が。
まどかはその生き物を助けようとするが、なぜか今朝の転校生がその生き物を追ってまどかの前に現われるのであった。
まどかはその生き物を抱きかかえ、駆けつけた”さやか”と共にその場所から懸命に逃げるが、魔女がはった結界らしき場所に迷う込んでしまう。
そこへ”巴(ともえ)マミ”という魔法少女が現われ、彼女は魔女と使い魔を倒し、二人とその生き物を助けだす。
どうやらマミは、魔女とその使い魔たちと日々戦い続けているようで、その生き物/キュウべえ”とは味方同士の関係であった。
”キュウべえ”は、夢で話したのと同じように、まどかたちに対して「君たちの願いを何でもひとつだ叶えてあげる、どんな奇跡だっておこしてあげるよ。だから僕と契約して魔法少女になってほしい。」と話かけてくる。

ここまでが1話の内容ですが、まどかたちはやがて魔法少女の契約を結ぶことになっていきます。

魔法少女になると、「ソウルジェム」という宝石のようなアイテムを持ち、これによって魔女を感知したり変身アイテムとして使うことが出来るようになる。
反面、そのソウルジェムは常に輝きを失わないようにしなければならず、魔女と戦い、倒した代償として得られる輝きを保つための代替アイテム・「グリフシード」を手に入れなければならなくなってしまう。
輝きがなくなると魔法少女は生きていけないのであった。
望みを叶えるためのはずの魔法少女の契約により、彼女たちはのっぴきならない過酷な運命を背負わされてしまう。
このあと、彼女たちは救われるのか?運命やいかに!

魔法少女のジャンルでありながら同時にダークファンタジーであるこの作品、これから先は想定外の展開があなたの前に繰り広げられていきます。常にいい意味で裏切られるストーリーがこの作品のキモです。
ただし、ダークでありながらもその中で困難に立ち向かう彼女たちの姿は、現実で日々もがいている私たちに何かしらの共感めいたものを提示しているようにも受け取れます。

声優はまどか役/悠木碧(あおい)さん/、ほむら役/斎藤千和さん、マミ役/水橋かおりさん、さやか役/喜多村英梨さん、キュウべえ役/加藤英美里さんという構成です。
それぞれが別の作品と印象ががらりと違う役どころを演じています。
そのあたりも見て聴いてみると楽しめます。
ちなみに、悠木碧さんは「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」の比企谷小町役を演じている方です。
水橋かおりさんは「ひだまりスケッチ」の宮子役、グリザイアの果実(楽園)の松嶋みちる役を演じています。

この作品も、最後にあっと驚く結末が待っていますのでどうぞお楽しみに!

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト

人のために生きるということ。「翠星のガルガンティア」

 人は、環境の変化や人間関係を良好にするために自らを変化させて順応し、生きていく能力を持っているはずです。
しかし、自分が変わりたくない場合は、「人はそう簡単には変われないものだ。」と否定し、また、まわりの変われない人間を見ると「いままでの生き方をそう簡単に変えることなど出来ないからね。」と納得してしまいます。
結局のところは、自分自身が変わりたいと願って行動するか否かによりけりかもしれません。
どうせなら、良い意味での成長という変化を楽しめるよう、プラス思考と行動で日々生活していきたいものですね。

今日ご紹介する作品は、主人公が時空を超えてたどり着いた先で順応していくお話ですので、比べ物にならないぐらい自分を変化させなければ生きてはいけないことになるわけです(笑)。
と冗談はここまでで、異文化であってもお互いを分りあおうとしたり、学ぼうとしたり、歩み寄ることの大切さが随所に出てくる素敵な物語であります。
「翠星のガルガンティア」は2013年4月~6月にBS11で放送されたアニメで、ジャンルは冒険活劇SFです。全13話。

はるか遠い未来において、人類は宇宙に進出し、「人類銀河同盟」を結成し、人類の敵である宇宙生命体「ヒディアーズ」と戦いを繰り広げていた。
人類銀河同盟はヒディアーズの母星を見つけ、宇宙空間を飛び越えるワームホールを使って近づき、一斉攻撃を仕掛ける。しかし、反撃を受けて撤退を余儀なくされる。
撤退する仲間を援護するために”中佐クーゲル”と”レド少尉”は最後まで戦うが、そのためそれぞれの搭乗機はワームホールからはじき出されて時空を超えてしまう。
時は変わってその半年後、氷河期が訪れたあとの地球では、水面が上昇し、陸はすべて水没し、人々は船をつなげた船団の上で生活をしていた。
レド少尉は人口知能を持つ搭乗機”チェインバー”とともに、海から沈没船を引き上げるがごとく、お宝として引き上げられれていた。
意識を回復したレドは状況をつかもうとチェインバーの中から外に出るが、未知のお宝を見ようと近づく15歳の少女”エイミー”を思わず人質にして周りの人々を敵にまわしてしまう。そんな最悪の状況から、レドは徐々に船団”ガルガンティア”の人々との共存の中で異文化に寄り添い、信頼を勝ち得ていくのであった。人間の祖先の地、地球において。
戦うことしか知らなかったレドは次第に人間らしさを取り戻していく。

22580389_480x339.jpg

やがて、地球の反対側に飛ばされてしまったクーゲル中佐が現われるが、船団ガルガンティアと戦う運命に。
昔のクーゲルとすっかり変わってしまったと悟ったレドは、クーゲル率いる船団と戦うことを決意する。
レドはチェインバーとともにガルガンティアの人々を守ることが出来るのか?そしてそのあと、レドは最後にはもとの居場所に戻ることは出来るのか?
戦士であり人間であるレド、死ぬ事しか知らなかった戦士がこの星で生きるということを知る。

レドは、人口知能を持った、搭乗者の支援啓発システムを担うロボット(搭乗機)チェインバーを介して地球の言葉を理解し、地球の生活にも適応している。
チェインバーにとっては、搭乗者の戦士としての啓発を支援することが存在意義であり、最終目標であるが、そのチェインバーの人口知能にもやがて変化が生じていくのであった。

だいぶ間はショートカットしましたが、このようなストーリーです。
何が自分にとって幸せな生き方なのか、見終わったあと、ふと自分のこれからもちょっと考えたくなる作品かもしれません。

ラストにはおもわぬ感動も待っています。ぜひ最後までご覧くださいませ。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


笑いの銃弾からあなたは逃げ切ることができるか?「キルミーベイベー」

日常系のジャンルのアニメは数知れずあります。
○○な日常系と、それぞれに当てられるテーマは千差万別ですが、およそ、ほのぼのとした作品・ギャグ作品・コメディ作品が主流で、見ていて肩に力が入らないのが前提かと思われます。

その中でエッジの効いている、ちょっと変わった設定の日常系作品があります。

それは「キルミーベイベー」という作品です。
物騒なタイトルなのですが、ギャグ作品であり、そのようなショッキングなシーンは一切登場しませんのでどうぞご安心を。

この作品は漫画家・イラストレーターの”カヅホ”さんの4コマ漫画で、”まんがタイムきららキャット”に2008年1月に登場し、同年7月から連載開始された作品です。
2012年1月~3月にTBS系でアニメ化放送されています。全13話。

13616831_444x636.jpg

主人公は、普通の高校生の”折部(おりべ)やすな”とその高校に通う普通でない高校生”ソーニャ”の二人で、この二人の高校生活が面白おかしく描かれたとっても楽しいギャグ満載の作品です。

”やすな”は普通の高校生ではありながら、かなりの天然系であり、物騒な本職を持つソーニャに物怖じせず、いつもソーニャにちょっかいを出しては手痛い仕打ちを受けているのでした。天然+おバカキャラのため、学習能力がほとんど無いために。
かたや、金髪の外国人少女”ソーニャ”はやすなと同じ高校に通っているものの、それは仮の姿であり、とある組織に所属するいわゆる”殺し屋”であります。
職業柄か、背後に立たれると条件反射で体が動き相手を撃退、学習能力ゼロのやすなの挨拶に毎度、一撃が繰り出されるのは言うまでもありません。反面、ソーニャは動物と虫が苦手な少女の一面も覗かせる事もしばし。
お話はこの二人がメインで、やすなのボケとソーニャのツッコミで構成されています。
メインの二人のほかには、ソーニャと同じ暗殺組織に所属する殺し屋・忍者である”呉織(ごしき)あぎり”も登場します。
彼女は忍者ゆえに突然と現われては常にその場をかき乱してゆく凄腕忍者?。
胡散臭い忍術?を常に繰り出し、やすなはソーニャと互角に張り合うためにそれらを常に会得しようとしています。
毎回、彼女たちのドタバタな日常に笑いがいっぱい詰まっております。

作品の面白さのほかに、やすな役の”赤崎千夏さん”の力量に注目です。やすなの天然っプリとはじけ具合がハンパないのです。メーターを振り切っているぐらいの演じ方かと。
おそらく、この役は彼女以外にはこなせる人はいないのでは?というより、彼女が作り上げた完成されたキャラに他ならないと思われます。
彼女は「中二病でも恋がしたい!」の”丹生谷森夏(にぶたにしんか)”役を演じていますが、とても同一人物とは思えないくらい落差があります。時間のある方はぜひ、そちらの方も比べてもらえるといっそう楽しめるかと思います。

ありえない日常の設定だと、その何気ない日常がすごく面白く移るという事でしょうか。
一度ご覧になって、あなたも笑いの銃弾に容赦なく打たれてみることをおすすめいたします。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


思い出の中の記憶と今とのハザマで人は生きている。「革命機ヴァルヴレイヴ」

 日本はまだまだ平和です。過去に先人たちが戦争をしていたなんて、体験をしていない私たちにとってはまるで別世界の出来事のように感じている方が大半かと思います。
紛れもなく戦争はあったはずなのに。
ただ、世界の情勢が怪しくなってきている一面もありますので、今後決してありえないとは言い切れないかもしれません。
戦争で幸せになれる人なんていない事を考えれば絶対に起こしちゃいけないものですよね。
現実味はありませんが、戦争関係のアニメひとつ通して見ても、救われるものはいないようです。
ただ、娯楽を楽しむ中でも少しは教訓も得ながら、今の平和のありがたみをかみ締める必要はあるような気がします。

本日ご紹介するのは「革命機ヴァルヴレイヴ」です。
このアニメほどシリアスな戦争アニメ作品はそうそうないんじゃないかと思います。
ジャンルはロボットアニメ・群像劇なのですが・・・。
ただ、見ていて切ない気持ちになりながらも、人間の愛する人を守ろうとする一途な思いと行動力に感動を覚えます。

2013年4月~6月1期、10月~12月2期の各12話ずつTBS系列で放送されました。
ガンダムでもおなじみのサンライズが制作した作品です。

21101021.jpg

人類の総人口の7割が地球から離れた宇宙都市で暮らす時代。世界は「ドルシア軍事盟約連邦」と「環大西洋合衆国(ARUS)」の2大勢力が対立。
主人公”時縞ハルト”は、どちらにも属さない中立の小国「ジオール」の一区画「モジュール77」の中にある咲森学園に通う高校生である。ハルトは争いを好まない平和主義者で、幼馴染の”指南(さしなみ)ショーコ”に片思い中であった。
平和な最中、突如ドルシア軍がジオール内部で極秘開発されていた人型兵器の存在をかぎつけ、それを奪うために攻撃を仕掛けてくる。
ハルトとショーコは仲間たちいっしょに逃げるが、爆撃から逃げる途中、人名を救助しようとしたショーコが爆撃にやられてしまう。
愛するものが目の前で命を絶たれたと思ったハルトは(後に無事が確認されるが)怒りをあらわにし、地下から姿を現した謎の巨大ロボットに乗り込み、それを動かし始める。
その巨大ロボットこそが、ドルシア軍が狙っていた人型兵器「ヴァルヴレイヴ」であった。
しかし、ハルトの意志とは正反対にロボットはまともにうまく動かない。ヴァルヴレイヴのコックピットのモニター画面には「ニンゲンヤメマスカ?YES・NO」の文字。
無我夢中でハルトがYESの文字を押すと注射針がハルトの首を刺し、突然、ヴァルヴレイヴが動き出し、周りのすべての敵をあっという間に倒してしまう。
一夜にしてジオールを救ったヒーローに祭りたてられてしまうが、これがきっかけで平和だったジオールも戦争に徐々に巻き込まれていくのであった。

o0700051012526614762.jpg

ヴァルヴレイヴの燃料は情報素粒子「RUNE(ルーン)」であり、人が人ならざる者”マギウス”に変わり、RUNEを使い果たすと人に噛みついて欠乏したRUNEを補給しなければならない、そうしないと自らの過去の記憶や思い出を情報素粒子として消費し、徐々に記憶が消え去っていくという、人間にとってはあまりに過酷な道が待っていた。また、マギウスになると、不死身のような肉体に変わってしまうのである。
やがてドルシア軍の情報戦略により、ジオールは人間じゃない化けものの集団である、と広められ、世論はひっくり返り、ジオールは世界の中で敵視されるようになり、ARUSからも攻撃を受ける窮地に追い込まれて行く。
ジオールを救うために立ち上がった仲間も他のヴァルブレイブに乗り込み、ハルトを援護するが、マギウスだということが知れたことにより、敵国ばかりではなく味方からも見放されてしまう。ハルトはショーコからも裏切り者扱いをされてしまうのであった。
それでもハルトたちは愛すものたちを守るために戦い続ける。自らの大切な思い出と記憶が消え去ってまでも。
こんな感じの切ない物語です。

人を信じ続ける事の大切さ、人にとっての思い出とはいかに大事なものであるか、それらをなくしてでも守らなければならないものが目の前にあったなら、あなたなら・・・。

アニメながら、とっても感慨深い作品です。
単なるロボットアニメに終わらない良い作品ですのでご覧ください。

エンディングテーマ「そばにいるよ/ELISA」もいい曲ですので、こちらもお楽しみに!

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


七人のそれぞれの願いを胸に立ち上がれ、「Wake Up, Girls!」

「誰かを幸せにするということ、それには3つのタイプがあると思う

世の中の多くの人を幸せにできる人
自分のまわりの身近な人を幸せにできる人
自分を幸せにできる人

幸せについてわかたこと、それは自分が幸せじゃなければ誰も幸せにできないってこと

だから今の私ならもしかしたら誰かを幸せにできるんじゃないかって思う」

後に彼女は紛れもない確信にたどり着き、新たな一歩を踏み出すのでした。

これはそれぞれの願いを胸に7人の少女がアイドルを目指すサクセスストーリーの中の一文です。

「Wake Up, Girls!」は2014年1月に劇場版アニメ「Wake Up,Girls!七人のアイドル」としてアイドルグループ結成までの物語が全国公開され、同じ1月~3月にその後のデビューの物語がテレビ東京系他でテレビ放送されました。

しかしながらこの作品、全国放送ではないこと、聖地巡礼アニメの地元とのタイアップ広告が常識の中、仙台の地元とのタイアップが弱かったこと、声優陣がプロダクションに所属していない一般人2,000人のオーディションで選ばれた七人がメインではありますが素人くささがあること、などから盛り上がりに弱冠欠けていたように思います。

反面、物語は仙台が舞台でありますが、ほとんどの情景・施設がかなりリアルであり、ライブ会場・テレビ放送局もリアル、七人の初々しさももちろんリアルであるため、より3次元に近い2.7次元くらいのリアルアニメなのです。

35865262_435x636.jpg

最初の1話は素人っぽさが全快でぎこちないのですが、アイドルを育てる親心でこの1話を乗り切れば2話以降は声優陣も慣れてきて、それなりに自然に見れるようになり、いつしかはまっていること間違いなしの不思議な作品です。
7人の背負っているものがリアルなのですごく共感できます。
決して七人みんながめちゃくちゃかわいいわけではありません。田舎くさいところも多々あります。
でも、一生懸命それぞれが悩み苦しみ、自分の願いを叶えるために、同じ夢に向かって進む仲間のために努力する姿にはとても心打たれます。
「ラブライブ!」にばかり脚光があたっておりますが(ラブライブ私も結構好きです)、地味ながらももうひとつのアイドル物語に注目いただけたなら幸いです。

久海菜々美役の”山下七海”さんは「異能バトルは日常のなかで」の姫木千冬役を演じ、片山実波(みなみ)役の”田中美海”さんは「ハナヤマタ」のハナ・N・フォンテーンスタンド役を、そして菊間夏夜(かや)役の”奥野香耶”さんは「ハナヤマタ」の笹目ヤヤ役を演じています。それぞれに活躍し始めているようです。
アニメも声優も同時に注目できる2倍の楽しみ方もありそうです。ちなみに声優さん7人の下の名前と役名の読みがすべて同じみたいです。

今こそ島田真夢(まゆ)、林田藍里(あいり)、片山実波(みなみ)、七瀬佳乃(よしの)、久海菜々美(ひさみななみ)、菊間夏夜(かや)、岡本未夕(みゆ)の七人のアイドルにエールを送りましょう。

「立ち上がれ!Wake Up, Girls!」と。 

そしてもちろんオープニングテーマ「タチアガレ!/Wake Up, Girls!」も聴いてくださいね。

ご静聴ありがとうございました。 

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
information
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation