昭和のノスタルジックなジャズアニメ「坂道のアポロン」、一見の価値あり。

皆さんは音楽は詳しいですか?私はあまり詳しくないのでクラシックやジャズなどといったらメジャーなものしか知りません。とはいってもタイトルもあまり合致しないレベルです。アニメにも幅があるもので、ジャズ漫画なるものがありました。それでも、ジャズ漫画だからとわかって私がその漫画を見ようと思ったわけでは決してないのですが、タイトルに惹かれて見てしまった、といういきさつです。

 そのタイトルは「坂道のアポロン」。何か心惹かれますよね?そんなわけで見てしまったら結構面白かったのです。
なので、ぜひ、40代以上の大人の方には特に見てもらいたいアニメなので紹介いたします。

 舞台は1966年の初夏。主人公である”薫(かおる)”が船乗りの父親の仕事の都合で、横浜から長崎県の田舎町に転校してきたところから始まります。人一倍ナイーブな薫であったが、転校初日からバンカラな”千太郎”と出会ったことから彼の高校生活は一変してしまうのであった。彼はピアノを弾くことができたが、ジャズを弾いたことはなく、ジャズが好きな千太郎に挑発されて、ピアノでジャズを弾く羽目になる。それから彼は徐々にジャズに目覚はじめる。
さらに、薫は千太郎の幼馴染の”律子”にもで会い、彼女に恋心を抱くようになる。しかし、律子は千太郎に、千太郎は上級生の”百合香”にと思いを寄せて恋の行方はより複雑な方向へと。毎回バックに軽快なジャズが流れ、昭和のよき時代が垣間見れる作品です。

21265881_220x186.jpg

 このアニメの原作漫画は、「このマンガがすごい2009」のオンナ編で1位を獲得しています。また、2012年の第57回小学館漫画賞一般向け部門で受賞もしておりますのでそれなりのお墨付きアニメでもあります。作者は小玉ユキさん。やはり、良いお話は女性が描いております。

 そして、最後に、このアニメのエンディングテーマが実に最高です。秦基博さんが歌う「アルタイル」というのがすごく良いのです。それを聴きながら、さらに続きを見るといっそうノスタルジックな気分になり、昔を懐かしんでしまいます。

 この作品をみてまずは楽しみ、さらに、皆さんも良かったであろう?自分の青春時代を思い出してみてはいかがでしょうか?

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

おじさんでも、かわいいアニメはストライクなのです。「ご注文はうさぎですか?」

人それぞれ、アニメの好みはあると思いますが、ラブストーリーものであったり、かわいいものであったりするアニメは、老若男女問わず好まれているのではないでしょうか。おじさんであってもかわいい、というキーワードは以外にストライクなのです。変な意味ではなく、だんだんと年をとってくると、涙腺も緩みますし、日常で仕事でもまれてますので癒し系という重力には自然と引き寄せられてしまうのです。これは多分、私だけではないはずです。皆さん面と向かっては言わないでしょうが。

 ということで、本日は老若男女に見てもらえるアニメの紹介です。
今年の4月にTV放送された「ご注文はうさぎですか?」というアニメです。”癒し・萌え・かわいい・ほのぼの”といった言葉がどれも当てはまるかわいい系の絵のアニメです。プラス、ほのぼのとした中にボケとツッコミの要素が多分にあり、非常に面白くできています。
なぜならこのアニメのベースは4コマ漫画だからです。芳文社という4コマ漫画の老舗会社が発刊している”萌え系漫画雑誌”「まんがタイムきらら」の姉妹雑誌「まんがタイムきららマックス」に現在連載中だそうなので、第2期も後々には作られるのかもしれません。ちなみに「きららマックス」は”ドキドキ★ビジュアル全開マガジン”というコピーなのでこちらがお姉さんのほうにあたるのでしょうか?どうでも良いことですが、ちょっとだけ気になりました。
予備知識ですが、「けいおん!」「魔法少女まどか☆マギカ」も、まんがタイムきららに掲載されていたそうですので、4コマ漫画恐るべし!です。

40033968_480x300.gif

 さて、この物語は、主人公の”ココア”が高校入学と同時に下宿することなり、その探していた下宿先が喫茶店であったところからスタートします。背景を見ると西洋風な建物が多く、日本でなさそうな、でも茶処もあり日本のような、ふわふわとした設定がなお、ファンタジーな空間って感じがします。ココアは、その喫茶店”ラビットハウス”に住む小さな女の子”チノ”のお姉さん気取りでいます。でも天然なので、逆にしっかりもののチノがフォロー役になっているところが、おいおい、と見ているこっちもツッコミたくなるほど、ほのぼのさでいっぱいです。学校に通いつつも帰ってきてからは喫茶店を手伝う主人公たちの日常が楽しく描かれています。

 肩肘はらずにリラックスして見れる楽しい作品ですし、先日、ニコ動でも”祝!100万ダウンロード突破”とも騒がれていたほど放映終了後もみんなに愛されている作品です。ぜひ、あなたも一度ご注文してみてはいかが?

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村



ラブコメの王道。「とらドラ!」

 アニメを見る際、面白ければ結果オーライ、というのが私の基本です。ただ、どうせ時間をかけてみるのであれば、それ以上の何か付加価値があれば最高だと思っています。それが例えばストーリーであったり、音楽であったり、哲学めいたものであったり、するわけですが。

 その中で、作家を今後覚えておこうと思う作品はまれなのですが、注目する作家さんは二人います。一人は先日触れた「一週間フレンズ。」の葉月抹茶さん、そしてもう一人は竹宮ゆゆこさんです。代表作は「とらドラ!」です。最近は、「ゴールデンタイム」というアニメの原作を書いている方です。

 見終わった後に納得なのが、登場人物の繊細な心模様を描いているのはやはり女性作家だからなのか、というところです。だから、その作家が気になり探してしまうのです。

 今日ご紹介するのは、この「とらドラ!」ですが、2009年の「このライトノベルがすごい!」で2位にランクされた小説でもあります。竹宮ゆゆこさんはこの作品によって、ライトノベルに少女マンガ・少女小説のストーリーを持ち込んだ印象がある、と自身を分析しているようです。私もこのアニメを見終わった後に思ったことは、「女性にも見て楽しんでもらいたいアニメかな」と。アニオタだけにとどまる作品ではないと思うのです。ある意味規格外だと。

36781037.jpg

 この作品は、2008年にTV放送されたラブコメです。全25話。
主人公は逢坂大河(手乗りタイガー)と高須竜児(竜)でこのタイトルの由来になっています。
ラブコメなのでストーリーは説明しないほうが良いので注目すべきところをひとつ紹介します。それは、第1話の最初のナレーションです。そのナレーションとは?

「この世界の誰一人、見たことがないものがある。それは優しくて、とても甘い。多分、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。だからこそ、誰もそれを見たことがない。そう簡単には手に入れられないように、世界はそれを隠してたのだ。だけどいつかは誰かが見つける。手に入れるべきたった一人が、ちゃんとそれを見つけられる。そういうふうにできている。」

 このナレーションで竜児と大河が語るこの言葉に、この物語で伝えたいことが集約されています。
コメディであり、シリアスな10代のラブストーリーなのですが、やぼなことは言いません。それぞれ皆さんがこの作品で思い思いのことを感じてもらえれば幸いです。

追伸 声優の釘宮理恵さんが逢坂大河を演じてますが、釘宮さんの代表作なので、まだ知らない方は抑えておいてください。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村



この世界感、並みのアニメじゃありません。「ギルティクラウン」

私はいろんなジャンルのアニメを見ます。とにかく自分好みの絵であれば何でも幅広く。

どちらかというと、かわいい絵が好きではありますが、今日お話しする作品はそちらではなく、きれいな絵の作品です。
人気イラストレーターが絵を担当しておりますので美しい”のです。ただこの作品、それだけではなく、企画段階から用意周到に作られたものなので、ストーリー性があり、やや複雑な内容となっておりますが、大人のために作られたような作品なので、とてもワクワク・ドキドキしながら楽しめます。全22話ですが、最後まで飽きさせない内容です。オープニングの曲からして感動です。

 ついつい前置きが長くなりました。その作品とは「ギルティクラウン」です。2011年10月にフジテレビで放送されましたSF・バトル系アニメです。

 時は西暦2029年。突如発生した未知のウイルスの蔓延によって引き起こされた大事件「ロストクリスマス」から10年後の日本が舞台。荒廃し、無政府状態になってしまった日本は、アメリカ軍を中心とする超国家組織GHQの統括下に置かれていた。
主人公、桜満集(おうましゅう)は周囲とも微妙な距離を置いているような高校生であったが、GHQから最高機密「ヴォイドゲノム」を盗み出した「葬儀社」 と、とあることから関わりを持つになり、その「ヴォイドゲノム」に触れてしまったことから<王の能力>を宿してしまう。人間は、「ヴォイド」という遺伝子レベルでのある特殊な能力をそれぞれが持っていた。
常日頃、集は「ヴォイド」の能力で人をランク付けすることにどちらかといえば反対していた。
ある日、「第二次ロストクリスマス」が起こり、集の学校の生徒はみんな学校へ避難をする。集はみんなを守るために生徒会長に就任するが、物資不足から平等な避難生活が送れなくなっていることから致し方なく、「ヴォイドランク制」を導入し、<王の能力>によってみんなを怖がらせ、低ランクヴォイド能力者を酷使する方法をとってしまう。自ら悪役となり、生き残ったみんなをできる限り生かすために苦悩する集。すべてを守りきることはできるのだろうか?

22606381.jpg

 この作品は、ソニーミュージックエンタティメントの傘下企業であるアニプレックスが手がけています。音楽までこだわっていて、約2、000人のオーディションで選ばれた二人の女子がオープニング・エンディングテーマを担当しています。
エンディングを歌うChellyは、アニメの中のヒロイン”いのり”としてグループ「EGOIST」のヴォーカル役を務めています。

オープニングテーマ「My Dearest/supercell」
エンディングテーマ「Departures~あなたにおくるアイの歌~/EGOIST」
挿入歌「Departures~Blessing/EGOIST」
 
 見所・聴き所満載で、片時も目が話せないので、ご注意の上存分にご賞味くださいませ。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

ピュアすぎるぜ!その恋愛、だけどすごく良いんじゃないの?君たち。「一週間フレンズ。」

今年見たアニメで、個人的には「凪のあすから」に負けず劣らずの良作だと思っている作品があります。今年の4月に放送された「一週間フレンズ。」です。2012年に「月間ガンガンJOKER」に連載された漫画からのアニメ化です。 ジャンルは青春。書こう、書こうと思っていて、少し出し惜しみをしてしまいました、正直言って。
 
ではそのお話の内容です。あまり詳しく言ってしまうとこれから見る方に失礼なので、ごく簡単なさわり部分だけにします。
 高校生である長谷祐樹(はせゆうき)は、いつも一人でいる藤宮香織(ふじみやかおり)と仲良くなりたいと思っている。
ある日、思い切って彼女に近づいて、友達になってくださいとお願いするが、彼女はそれを拒む。その理由は「私、一週間で友達との記憶をなくしてしまうの・・・」。それでも祐樹はひたむきに香織との仲をつむいでいこうとする。祐樹は彼女とうまく友達になれるのだろうか?ふたりを見守る友人で、いたってクールな祐樹の親友”桐生将吾(きりゅうしょうご)”,天然系の忘れっぽい性格の"山岸沙希(やまぎしさき)”の4人が織りなす青春物語です。

 どのキャラもいい味出しています。4人ともすごくやさしく友達思い。相手を思いやる心にあふれているのです。そして、
とにもかくにも長谷君と藤宮さんの恋愛がとってもとってもピュアなのです。最近こんなピュアな子たち見たことない、と思うくらい。でも、そんなところがつい、アニメの世界であってもがんばれ!って応援したくなってしまうところです。きっと、周りの将吾も沙希ちゃんもそんな気持ちでいるのでしょうけれど。ピュアな気持ち、相手を思いやる気持ちに不順なところがないと、それがその人のより一層のバイタリティになるのかな、と私は思うのです。

40453133_476x636.jpg

 皆さんも究極の恋愛を想像しながら見てみて下さい。まだ現役だっていう方はぜひ、実生活で実践してみてください。
 その他に、作品に触れておきたいことがまだあります。それは、ヒロイン藤宮香織/雨宮天(声優さん)の歌うエンディングテーマ「奏(かなで)」がとても作品にあっていて、それを聴くたびにアニメのシーンを思い出させてくれるのです。私はスキマスイッチの「奏(かなで)」は知ってはいましたが、のめり込むほどいい曲だとは思っていませんでした。このアニメを見て曲のよさを再発見したのです。ほんとにいいですよ。

 アニメの画風もさわやかで良いですし、この作者にも興味を持ちました。葉月抹茶さんです。新しい方のようですが、これからブレイク間違いなしだとわたしは踏んでいます。若者の中ではこの漫画自体ですでにブレイクしているのでしょうけれど、ごく一般レベル(世間)でみればの話です。彼女のほかの作品については私もこれから勉強してみる予定です。


一週間フレンズ。 vol.1 Blu-ray【初回生産限定版】

中古価格
¥999から
(2015/1/16 01:29時点)



ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

戦車×萌えVS潜水艦×萌え、あなたはどちらのアニメがお好み?

アニメのジャンルも最近は多岐にわたっていて、これは果たして何ジャンル?と思うこともしばしばあります。年を追うごとにジャンルはより拡大・複雑化してきているようです。ゆえに、ひとつの作品が複数ジャンルにまたがるアニメが今は珍しくありません。
 その中で、男性が好む世界感にプラス”萌え”が加わった、どちらの世界も楽しめる、一挙両得でハイブリットなアニメが多く出ています。
 
 私の好きなハイブリットアニメは二つあります。ひとつは”戦車×萌え”のアニメ「ガールズ&パンツァー」です。こちらは2012年秋にアニメ放送されました。女子高校が舞台で、次代背景は不明ですが、戦車を使った武道「戦車道」が華道や茶道と並ぶ大和なでしこのたしなみとされています。戦車道は、礼節のあるおしとやかで慎ましく、凛々しい婦女子を育成することを目指した武道で戦車道の全国高校生大会も開催されています。とにかく、この戦車道をたしなむ女の子がたくさん登場し、高校同士で対戦するのです。砲撃し、相手の戦車が走行不能になったら勝ちとなるルールです。戦車が頑丈なので、砲撃で人が傷つくことはないので、そのあたりはご安心を。

それと同時に、とにかく第二次世界大戦で使われた戦車がそこそこに詳しくこちらもたくさんでてくるので、昔、戦車プラモあたりを作ったお父さん達はすごく懐かしさをくすぐられること間違いなしです。

36153167_480x271.jpg
                         <ガールズ&パンツァー>

 かたやもうひとつのアニメは、”潜水艦×萌え”の「蒼(あお)き鋼のアルペジオ~アルス・ノヴァー~」です。こちらは2013年の秋に放映されました。ジャンルはSF海洋戦記とされています。21世紀の初頭が舞台で、人類が突然と現れた”霧の艦隊”と呼ばれる超兵器を操る敵に敗北したあと、この難敵に立ち向かう主人公が乗り込む潜水艦イ401とのバトルが話の中心になります。この潜水艦を操るのが実は女の子”イオナ”といいます。敵の艦隊もこれまた第二次世界大戦の軍艦がたくさん出てきます。すべて女の子が操っています。軍艦と潜水艦の戦いイコール女の子同士の戦いでもあります。タカオ、コンゴウ、キリシマ、ヒュウガ、このような名前の艦隊と萌える女の子がセットで登場します。

27737278.jpg
                   <蒼き鋼のアルペジオ>

 どちらの作品も設定は多少無理はありますが、アニメの世界なので許される範囲かと。それよりもおのおのが、男のロマンと萌える女子とで成り立っているという共通点があること。そしてたまたまの偶然ですが、私の好きなこの二つのそれぞれのヒロインを、渕上舞さんという声優さんが演じていることがわかり、またびっくり、たのしさ倍増なのです。

 ストーリーうんぬんよりも、この二つはハイブリットであるコラボなエッジを効かせたところに魅力がありますので、それらを踏まえてどうぞ見比べてみてください。あなたもきっと、斬新な新たなアニメの扉を開くこととなるでしょう。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

プライドを持って生きてゆくからこそ、人は輝けるのだろうか?「さくら荘のペットな彼女」

新しいアニメを探す際の基準は人それぞれですが、基本的にまず私は、第一に自分好みのストライクゾーンである、どちらかというとかわいらしいイラストのものをピックアップします。次にその中からジャンル・タイトルの好みの順に絞り込み、総合的に興味が高いものからトライします。

1作品が12話あるならば、やみくもに手を出し途中で気持ちが折れ、最後までたどり着けなかったというのは私的には許されないことであります。ごくごくまれにはそんなこともありますが、たいていはそれなりにラストまでたどり着いています。

 「さくら荘のペットな彼女」というアニメもそんな基準で見始めました。2012年10月放送のアニメで、いわゆる”ラブコメ”なので基本的に楽しいのですが、それなりに感動する場面も多い作品でした。無論、これもライトノベル系作品で、ストーリーがしっかりしています。電撃文庫からアニメ化されたものです。

51hf3vGdObL.jpg

 主人公は芸術大付属高校に通う1年男子で、一般寮に住んでいた。寮で動物を飼ってはいけない規則なのだが、やさしい性格の主人公はついつい捨て猫を哀れんで飼ってしまうのであった。それが校長にばれ、猫を捨てるか寮を出るかの選択をせまられてしまい、一般寮を追い出され、学校の厄介者たちが集まるさくら荘行きを命じられる。
 どんな厄介者がいるのかと恐る恐る寮に入る主人公”神田空太”であった。しかし、以外にも一芸に秀でる凄腕の持ち主ばかりが住んでいて、何もとりえのない空太はいつしか刺激を受け、自分の未来を模索しはじめるのだった。
春になるとそんな寮に、またしても才能著しい世界的天才画家と呼ばれる女の子”椎名ましろ”がやって来るのだが、彼女はその反面、恐ろしく常識がなく、自分の身の回りのことすらできない始末で、空太はお世話係を先輩から押し付けられてしまう。彼女に振りまわされる毎日で、どんなどたばたが待っているのか?

 この作品の登場人物は、みんなそれぞれが自分のプライドを持って生きています。良くも悪くも。自我に目覚める生き方もあるし、そうでない生き方も。プライドが時として目の前のことを邪魔することもあるかもしれませんが、どうせ生きるならプライドもって生きていった方が素敵なんじゃないか、ということを考えさせてくれる作品です。自問自答しながら成長していく主人公の姿を見て、私も今の自分に重ね合わせていました。

 友情あり、恋愛あり、涙ありの青春ラブコメをどうぞお楽しみください。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村



大人になってからわかるロボットアニメ。「交響詩篇エウレカセブン」

今から9年前の、私もすっかり大人になった37歳のとき、何げにテレビで見た新アニメの1話目に心を奪われてしまいました。これはロボットアニメ、それとも・・・。”交響詩篇”というタイトルもやけに意味深で、先を想像させるに十分でしたが、1話目が次回への期待を一気に加速させてくれました。その作品が「交響詩篇エウレカセブン」です。
 社会人になってからアニメはとんと離れていたのですが、これがまた、私の中のアニメのともし火を大きくするきっかけになった作品なのです。

 時は12004年。スカブ・コーラルと呼ばれる珊瑚のような大地が地表を覆い、目に見えない未知の粒子「トラパー」の波が大気中を漂う、とある惑星が舞台。
 ベルフォレストという片田舎に住む14歳の少年レントン・サーストンは、未知の粒子トラパーの波に乗って滑空する空中サーフィン「リフ」をするのが唯一の楽しみ。レントンは、かつて大災害から世界を救ったとされるアドロック・サーストンを父に持つが、リフ以外には何もとりえがない落ちこぼれであった。アマチュアリフ世界大会の歴代最年少チャンピオンのホランドにあこがれ、日々彼の得意技をマスターすることに明け暮れていた。レントンはまだこのとき、ホランドが世界を統括する「塔州連邦軍」とそれに対立する反政府組織「ゲッコーステイト」のリーダーであることを知らないでいた。
 そんなある晩、塔州連邦軍と応戦していたゲッコーステイトの人型機動メカ「LFO」がレントンの家目がけて落ちてくる。そのLFOの中からそのパイロットである神秘的な少女が現れる。彼女の名は「エウレカ」。レントンは運命的な出会いを感じ始める。再び応戦するため、エウレカはLFOに乗って出撃してしまう。
目の前でそれを見ていたメカニック屋のレントンの祖父が、レントンの父からさずかったとされる、そのLFO専用の拡張パーツ「アミタ・ドライブ」をLFOのもとに届けるよう、レントンにそれを託すのであった。いよいよ、この拡張パーツを渡すときがきたことを悟りながら。レントンはその使命を果たし、アミタ・ドライブをセットしたLFOはとてつもない力を発揮し、戦闘は収束する。
 ゲッコーステイトのリーダーであるホランドとエウレカの誘いを受け、レントンは故郷から「月光号」に乗って旅立つ決意をする。そしてレントンはこれらの出会いと経験によって成長し、やがて世界の運命を変えていく存在になっていくのであった。

12611967.jpg

 この物語は、SF・ロボット系のアニメでありながらも、少年・少女が出会い、成長していく青春ラブストーリーでもあります。”大切な誰かを守る愛と勇気”の全50話、とボリュームたっぷりですが、それに見合うストーリーに納得の作品です。
 ガンダム・エヴァンゲリオンとはまた違った繊細な気持ちがこめられたこの作品は、たぶん、大人になったあなたが見るに最適な一作品だと思います。

エウレカセブンは音楽も大人仕様で楽しめます。
オープニング・エンディングテーマもたくさん有りますが、その中からまずはこちらを一度聴いて見てください。

オープニングテーマ 「sakura/NIRGILIS」

2012年の「エウレカセブンAO」は続編でないように見受けられますが、ちゃんと話がつながる続編ですので、できればこちらも後々おさえていただければベストです。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

日常という名の非日常ワールド、それが「みなみけ」。

アニメのジャンルには、日常系(空気系)と呼ばれる分野があります。字のごとく日常のありふれた出来事を面白おかしくクローズアップしたものが中心の作品で、主にこのようなものを日常系(空気系)と言います。

 これらの分野は、2006年ごろからブームが起こります。2006年の「涼宮ハルヒの憂鬱」、2007年の「らき☆すた」、2009年の「けいおん!」がこの流れのブームを作ったようです。いずれも京都アニメーションが手がけた作品です。
ただ、日常系の火付け役としては「らき☆すた」からともされています。

とにかく日常系は肩の力を抜いてみることができる一話完結型が多いので、どの回から見ても良いのが特徴です。
また、小学生から高校生ぐらいの美少女キャラクターが多く登場するのも、もうひとつの特徴です。
どうせ見るならかわいい、きれいな「萌え」るキャラクターの日常を見たほうが楽しいから人気が出るのでしょう。
これらの作品はあまりにも有名な作品なので、私が説明するのはおこがましい部類です。
文句なしに面白いので、まだ見たことのない方は無条件で見てくださいね。

 私が本日お勧めしたい日常系作品は、2004年から週刊ヤングマガジンに連載された「みなみけ」です。この作品は2007年にテレビアニメ化され、その年10月から1期放送、2013年の1月の4期放送までシリーズ化されています。

みなみけ/1期  みなみけ~おかわり~/2期  みなみけ~おかえり~/3期  みなみけ~ただいま~/4期

20121129205748bd7.png

 「みなみけ」に登場する中心人物は、南家の3姉妹。
高校2年の長女"ハルカ"、中学2年の次女”カナ”、小学5年の”チアキ”。長女ハルカは家事も得意のしっかり者で、二人の妹にとっても母親代わり的な存在。でも、天然ボケと恋愛には疎い、というギャップもある女の子。
次女のカナは南家のトラブルメーカーで、常に彼女を通じてさまざまな事件が巻き起こる。普段は何もしないぐうたらな性格だが、常に日常の中で面白い状況を作り上げることには一生懸命。
三女のチアキは頭が良く、小学生のわりにはいたってクールでドライな性格。ハルカを尊敬し慕い、カナを小ばかにしている。
この3人を中心に、学校の友達らが加わり楽しい日常が描かれている。日常のたわいもない出来事なのに、いろいろとデフォルメされて、非日常の出来事のように思える楽しさがいっぱいなのです。
視点を変えて見れば、案外、私自身の身の周りの出来事だって、もしかしたら楽しいのかも、なんてことも思わせてくれます。

 3人を演じるのは、ハルカ役/佐藤利奈、カナ役/井上麻里奈、チアキ役/茅原美里という声優さんです。3人ともにメジャーな声優さんで息もぴったり。1期から4期までのオープニング・エンディングテーマすべてを歌い上げていますが、これほどまでに3人のハーモニーが取れている歌はほかにはなかなかないように思います。そのあたりも十分に楽しめます。

1期オープニングテーマ「経験値上昇中☆/みなみけ3姉妹」
1期エンディングテーマ「カラフルDAYS/みなみけ3姉妹」が好きです。

ただただ面白い、そんな理由だけで何も考えないで、この作品を見てもらえたら幸いです。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村



家族愛・絆、そして友情って、とても深くていいもんだね。「たまゆら~hittotose~」

今日お話しするアニメは、家族愛・絆そして友情に満ち溢れた作品で、とても深夜帯アニメでとどまらせるにはもったいない物語だと思います。その名は「たまゆら~hittotose~」

 舞台は瀬戸内の広島県竹原市で、主人公はその街の女子高校に通う2年生”沢渡楓(さわたりふう)。彼女はカメラで写真を撮ることが趣味。ただ、大好きだった父が5年前に他界し、父が残した形見のカメラ”ローライ35Sで撮ったアルバム写真を見ると父を思い出して悲しくなるので、中学のときにはそのカメラとアルバム写真を母に渡し、頼んで押入れにしまってもらっていた。あるとき、弟がそのアルバムを押入れから出して楽しそうに眺めているのを見て、ふたたびそのカメラで写真を撮ることを決意。亡き父との思い出を結ぶカメラに向き合うようになる。カメラ・写真を通して、楓は少しずつ父の後姿を追いかけ、前へ一歩ずつ進み始めていくのであった。

 瀬戸内・竹原の情景がよく再現されていて、思わずその地へ足を運んでみたいと思わせるあたりも素敵です。その街で主人公の楓が成長していく姿を思わず親心で見てしまっている自分。楓を囲む街の人たち、家族、そして友人のかかわりがなんて温かいことこの上ない。また、楓や友人たちそれぞれがおぼろげな「夢」を追いかけていくお話ももうひとつの軸になっております。

14302763.jpg

 主人公の"沢渡楓(さわたりふう)”役は竹達彩奈で、楓のイメージをとても良く作っています。また、友人役の”岡崎のりえ”役の井口裕香の役も見どころです。

 「たまゆら~hittotose~」は1期で12話ありますが、2期の「たまゆら~もあぐれっしぶ~」12話へと話は続きます。どちらの作品にも、音楽は大御所である松任谷由美、大貫妙子、尾崎亜美が作詞・作曲したものが使われていますので、40代以上の方にはそのあたりも楽しめます。

 46歳の私でもかなり感動できる物語で、思わず泣けました。見終わったあとはとても心が温まります。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
information
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation