波風立てて面白くする。面白きことは良きことなり!「有頂天家族」

リアルな世界で社畜の私は、おかげ様でここ2か月間、大変お仕事にも恵まれすぎて、同僚に仕事も振れず、代休もとれずにただ会社と家を往復する日々が続きました。毎日15~17時間も働けば、さすがにお腹が一杯になります。もうこれ以上は食えないよ!っていう夢を見そうなくらい、夏から今まではくそ忙しい日々でした。プロ野球選手のイメージテーマ曲みたいなものが今の私にあるとしたら、おそらくは「進撃の巨人2」のオープニングテーマ”心臓を捧げよ!”がピッタリじゃないかと自分では思っております。会社というよりはお客様に心臓を捧げておりましたね。「おまえらみんな駆逐してやる!」っていうエレン(進撃の巨人の主人公)の言葉を妄想し、毎日全力で仕事を駆逐しておりました。

そんな日々の中で、とある科学の~ではなく、 とあるお得意先の、いつも忙しそうな年輩の男性と世間話をしていると、彼は何気に、「何のために働いているのかって、最近思うよね。」と言うことを口にしておりました。それを聞いて私も一瞬、はっと自身を振り返りました。「私は何のために?、いやいや、余計なことを考えちゃ駄目だ、考えちゃ駄目だ(ちょっとエヴァのシンジ君入っています)このキーワードは地雷のようなもの。」まともに考えて踏んでしまうと爆死してしまいます。

余計なことは考えずに、”働く”のはごはんを食べるため、人様のお役に立つためには、あたり前田のクラッカー、と割り切って、程々に真面目に腹八分に働く。それとは別に、”いかに人生を楽しく面白く生きるか”ってことを並行的に考えないといけないのかもしれません。働くことと人生を楽しむことは別のベクトルで成り立っていると。一緒のベクトルで考えると非常に悩みます。悩んでる時間はもったいないので、そんな時間があるのであればとにかく楽しいことをやるのに時間を費やす。明日突然、あの世に召喚されるかもしれません。私はそんなことを考えると、悔いを残さないくらいに日々楽しく面白いアニメを時間のある限り、観続けようと思ってしまいます。実はアニメに一番、心臓を捧げていた、と言うことでお後がよろしいようで m(_ _)m

本日紹介する作品は、”波風立てて面白くする、面白きことは良きことなり!”という、狸界の偉大な父の教えを実践しようと日々、荒波を立てて面白おかしく過ごそうと、まわりを巻き込んで騒動を起こしている三男狸の矢三郎が主人公の物語「有頂天家族」です。ジャンルはコメディ・ファンタジー・群像劇となっていますが、登場する狸界・天狗界を通して人間界を客観的に観ることが出来る”人情コメディ・群像劇”だと思います。

この作品は小説家・”森見登美彦”さんによる同タイトル小説が原作となっております。動物小説としてのたぬきシリーズ3部作の第1部「有頂天家族」が2007年9月に幻冬舎より刊行、第2部「有頂天家族 二代目の帰朝」が2015年2月に刊行。それぞれがアニメ化され、2013年7月~9月に「有頂天家族」全13話がBS11・TOKYO MX他で放送、2017年4月~6月に「有頂天家族2」全12話がTOKYO MX・AbemaTV他で放送されました。アニメーション制作は、人情味溢れる作品なら天下一品のP.A.WORKSです。ちなみに、森見登美彦さんは、「夜は短し歩けよ乙女」の小説で2007年に山本周五郎賞と本屋大賞2位を受賞してブレイクした方です。そして、この「有頂天家族」のアニメとしては、2013年12月に第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞しております。

有頂天家族1

人間は街に暮らし、狸は地を履い、天狗は天空を飛行する。この世は人間と狸と天狗の三つ巴。狸は空を飛ぶ天狗に遠く憧れ、人間を真似ることも大好きである。京都が舞台のこの物語は、狸たちが主役でありながらも人間界と天狗界との間でうまく折り合いながら、狸らしく生きようとする姿をコミカルに描いた狸情噺である。

主人公、下鴨家4兄弟の三男・矢三郎は自分に流れる阿呆の血の力しむるところ、狸界のまとめ役である偽右衛門であった偉大な亡き父・総一郎の日頃の教え”面白きことは良きことなり!”を実践しようと日々、あえて世間に波風を立てて、面白くする生きかたを良しとしている。狸としての化け力は父親譲りで、4兄弟の中でも一番優れており、人間界においていろんなものに化けては毎日を楽しんでいる。一介の普通の狸では良しとしない矢三郎であった。

天狗でありながら空を飛ぶことができなくなった矢三郎の師匠である赤玉先生(如意ヶ嶽薬師坊という名の天狗であるが、赤玉ポートワインを好んで飲んでいるため周りからそう言われている)は、かつて自分が司っていた如意ヶ嶽を追われ、現在は人間界において一人、アパートで隠居生活を送っていた。先生に少しでも喜んでもらおうと矢三郎は女子高生に化けて先生宅を訪れる。しかし、先生は自分のことをからかう弟子の悪態と思って矢三郎に対して怒りを露わにする。先生は、自分の愛弟子である弁天(鈴木聡美という、人間にして赤玉先生の教えによって天空を自在に飛べるようになった女性)にご執心なのだが、最近は全く先生宅に顔を見せなくなったたために、矢三郎に自分が書いた彼女への恋文を届けるよう命じるのであった。

先生の頼みとあらば矢三郎はそれを仰せつからないわけにはいかない。赤玉先生の情報によるところ、本日の金曜日は、弁天が人間界の”金曜倶楽部”なる会合に出席しているはずだということだ。矢三郎はその会合場所へと向かい、外の茂みから弁天を確認するやいなや、矢文をもって文を届けたのであった。矢文は見事、弁天が持っていた扇子を射抜いて壁に突き刺さったのである。

大役(?)を果たした矢三郎は、同じ狸が経営する馴染みの酒場に入り、偽電気ブラン(酒の名前)なる酒を飲んで自分をねぎらっていた。するとそこへ、金曜倶楽部を抜け出してきた弁天がやって来て、扇子を台無しにされたことに対して矢三郎に文句を言い始めたのであった。扇子を壊してしまったことについては素直に謝る矢三郎であったが、赤玉先生のところに顔を出してほしいと弁天にお願いするのであった。人に指図されるのを嫌う弁天はそんな出過ぎたことを言う矢三郎に対して、「あなたがケンカを売ってくれたら喜んで買うのに。そうしたら捕まえて忘年会の鍋にしてやるわ。」と脅し文句を口にするのであった。気まぐれな弁天はやがてその場からいなくなった。

弁天は人間でありながら天狗にもなり、唯一、狸が化けることを知っている人間であり、おまけに狸を食べてしまうという、狸にとってはまさしく天敵であるため、狸界では恐れられている存在なのだ。それを知っていても阿呆の血が矢三郎を動かすのであった。なぜなら、矢三郎にとっても弁天は初恋の相手という因果な存在であったから。(第1話)

有頂天家族1-2

この作品は、狸の世界に起こる日常を面白おかしくコメディタッチでお送りする内容ですが、その中には人間的な親子・兄弟の絆、地域の絆や文化・しきたりについての畏敬など、あらためて、昔の良き日本が崩れてしまった現代社会に生きる方々が再認識しなければならないような事が、狸の衣を借りて語られているような興味深い物語です。狸たちは自分たちの分をわきまえ、天空を自在に凌駕する天狗を崇め、人間を恐れ、いつかは自分たちが人間に食べられる日が来ようとも、それは自然の成り行きと潔く天命をまっとうする考えを持ちわせている、という狸像になっております。シンプルに毎日を謳歌する狸たち。複雑に生き過ぎている人間たちが人生をもっとのびのびと楽しむべきだと言わんばかりの狸界からのメッセージがそこにあるような気がします。

作品には多くの狸たちが登場します。人間に化ける前の狸姿もそれぞれ違っていてとっても愛らしいのですが、人間に化けた姿もとても個性的です。生真面目だけどココ一番に弱い長男・矢一郎、怠け者だが全体を見渡すことに長けていてみんなの相談相手になる次男・矢次郎、楽しければ後先考えないでまずは行動あるのみの自由奔放な三男・矢三郎、化け力はまだまだ及ばないが勤勉で努力家の四男・矢四郎。下鴨家と親戚なのだが犬猿の仲の夷川家・頭領の早雲、下鴨兄弟といざこざを起こす夷川家の双子の兄弟・金閣と銀閣、そして夷川家の長女にして矢三郎の元許嫁の海星。どのキャラもベテラン声優陣たちによってより色濃いキャラに染め上げられていて、作品の総体的な力を魅せつけております。

そして狸以外のキャラもまた、魅力たっぷりです。赤玉先生の、気持ちだけは天狗で有り続ける腑抜けぶりが時に笑いと切なさを感じさせてくれます。自由奔放といえば弁天もそうなのですが、彼女については、まだ天狗にもなっていない頃のあどけない姿と性格から、やがて天狗になって様々な力を備えた事によってみんなを見下ろす立場になった彼女の成長と同時にその変わりぶりが、好きな女性には永遠であって欲しいが現実はそうはいかないよと言わんばかりの展開がまた、非常に感慨深いものがあります。 

物語が徐々に進行していくと、やがて父があの世にいった理由も明らかになっていきます。少しずつシリアスな場面も出てきて、最後はあっと言わせられるどんでん返しが用意されております。コメディ・群像劇・ちょっとした推理物語も入ったエンタティメント作品と言える作品かと思います。

声優さんにつきましては、とにかくみなさんとても素晴らしく、ケチのつけようが1片たりとも見つかりません。矢三郎役の”櫻井孝宏”さん、櫻井さん=矢三郎というくらい100%なキャラぶりだと思います。矢一郎役の”諏訪部順一”さんはFateの渋いアーチャー役とは全然違いますね、さすがです。矢次郎役の”吉野裕行”さんも落ち着いた役どころをひょうひょうとこなしていて素敵です。矢四郎役の”中原麻衣”さんは本当に可愛い4男を演じてくれています。そして、ごくごく個人的には矢三郎の元許嫁の海星役の”佐倉綾音”さんは元許嫁を影からいじらしく支える女の子を演じていて、とてもキュンとしました。

こんなところが「有頂天家族」についての見処なのですが、続編の「有頂天家族2」も1期を観たらぜひ、こちらも観てくださいね。かつての親子対決に敗れて姿をくらました息子が英国紳士として登場します。また亡き父後の狸界のまとめ役”偽右衛門”に矢一郎が立候補して行われる総選挙など、あらたなエピソードで狸界には荒波が立ちまくりです。2期の最終話も素敵な結末が待っております。どうぞご期待ください!

1期オープニングテーマ「有頂天人生/milktub」
1期エンディングテーマ「ケセラセラ/fh'ana」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

自分のことを理解してくれる相手だと知ったときに、初めて人は心を開きはじめる。「亜人ちゃんは語りたい」

世の中にはいろんな人がいます。背格好はみんな違うし、性格も人それぞれ。見た目やちょっと接した感じの第一印象で人はまずどんな人か勝手に判断されるもの。それが世の中の絶対数と違って映った場合、印象は決して良くはなく、むしろ煙たがられてしまう傾向にあります。でも、果たしてそれがその相手の真の姿であるのか(内面も含めて)どうかはわからないはずなのに、その第一印象(固定観念)の情報だけに過敏に反応し、自分にとって相手が合うか合わないかを判断して今後の付き合い方を決めてしまう、という方が大半ではないでしょうか。

”人は見た目が9割”という言葉も聞いたことがあります。本当にその第一印象とやらの判断は絶対的な正しさを持っているのか、それによって素敵な出会いの機会損失はないのだろうか、ということをあらためて考えて見る必要があると私はこの頃そう思います。そう判断を下す前に、自分から相手を知ろうとアプローチはしたのかどうか?あるいは自分が感じた第一印象は本当に正しかったのかを最低限確かめる行動を起こしたのかどうか?そんな気持ちにさせてくれたアニメが最近ありました。

今日紹介したいのは「亜人ちゃんは語りたい」という作品です。亜人は”デミ”と読みます。

漫画家”ペトス”さんによる週刊「ヤングマガジン」の増刊号「ヤングマガジンサード」の創刊号9月(?)から連載中(既刊5巻)の同タイトル漫画が原作で、それがアニメ化され、2017年1月~3月にBS11他で全12話が放送となりました。ジャンルは”学園コメディ”ですので、楽しさいっぱいがメインのアニメです。

この作品の注目すべきは監督よりも、むしろ脚本・シリーズ構成を手掛けた方です。アニメ「セキレイ」「四月は君の嘘」の脚本とシリーズ構成を担当されたフリーライターの”吉岡たかを”さんが担当されています。どちらも心の琴線をくすぐるような感動を与えてくれる良い作品です。うまくは言えませんが、楽しい作品の中にも「人ってこういうものじゃない?」というようなメッセージ性がきちんと入っているように感じましたが、それは原作の良さをさらに良い方向に運ぶ、こういった方の役割が非常に大きいような気がしました。アニメ制作会社は年に1~2本はコンスタントに良作を輩出している”A-1Pictures”です。

どんなお話かというと、特別な体質を持った人間(神話やおとぎ話のモチーフにもなったバンパイアや雪女などかつては恐れられ、迫害を受けていた人種が現代では総称”亜人”と呼ばれるようになり、一人の個性ある人間として認められ、一般社会で普通に日常生活をが行えるよう国家も様々な生活保障を認めるようになったとされる時代のお話です(半分ファンタジー的な人物が登場するお話ですのでその前提で話を続けます)。

亜人ちゃんは語りたい1

亜人とされる人間には、牙を持ち、吸血性のある人間の”バンパイア”と、アイルランドの妖精にルーツを持つ頭と胴体が分離した、世界に3人しかいないとされる”デュラハン”、ストレスを感じると汗や涙が氷になり、冷気が体から出る特異体質の”雪女”、普通に接するだけで相手の男性をみだらな気持ちにさせてしまうフェロモン漂う”サキュバス”が該当する。それらの人間は、遺伝よりも何かしらの突然変異が生じてそのような特別な体質になるケースがほとんどらしい。

柴崎高校の生物教師”高橋鉄男”は、大学時代は亜人に興味があり、卒論のテーマを亜人の研究にしていたほどだが、実際に今まで亜人に会う機会はなかったのだ。教師になって5年目の春、新学期に新人女性教師の”佐藤早紀絵”が着任したが、上下トレーニングウエアというなんとも色気のない格好であった。そして彼女は先生方全員に自己紹介をするが、最後に自らを”サキュバス”だと名乗ったのである。鉄男にとってはこれが人生初の”亜人”との対面であった。後に、彼女と対面した鉄男は彼女に挨拶しながらフレンドリーに握手を求めたが、「興味本意で私に近づかないでください。」と、必要以上に警戒されてしまう。サキュバスである彼女は地味な服装で出来るだけ男性と接触しないよう、自分を律していたのであった。確かに興味があって近づいたことが否めない鉄男は、自分の行動を反省するのであった。

そんなことがあって間もなく、鉄男は廊下で一人の女子生徒に助けを求められた。彼女の名は”小鳥遊(たかなし)ひかり”新入学の1年生。事情を聞くと、同じクラスの女子が具合が悪そうだから彼女のことを保健室に運ぶのを手伝ってほしい、とのことだった。生物教師の鉄男は、今までの教師としての経験から生徒の顔色を見て具合を判断しようとするのだが、なんと顔を見ようにも首から上が無いのである。彼女は亜人の”デュラハン”であった。小鳥遊ひかりが言うには、先に彼女の頭だけ保健室に運んでおいた、とのこと。早くも今日、二人目の亜人との対面であった。

そんな状況の中、「大丈夫だから、冷やせば大丈夫だから、雪女だから。」と言いながら、目がまわっている状態で担架で運ばれる女子が一人。そう、彼女は亜人の”雪女”であった。暑さに弱くて倒れたらしく、クラスメイトに運ばれていた。3人目の亜人との遭遇。目の前の亜人のデュラハンと雪女になんら驚かないひかりに対して、鉄男は「落ち着いてるけど、珍しくないのか?亜人。」と聞くと、彼女はこう答えた。「別に驚かないけど。私も亜人だし、バンパイアだし。」と。1日で立て続けに4人もの亜人と会ってしまった鉄男にとってはまさに驚きの連続。

人なつっこいひかりに対して鉄男は、バンパイアについて、良ければいろいろと教えて欲しいと頼んでみた。ひかりは快く受け入れ、しばしば、生物室の鉄男のところに顔を出すようになり、バンパイアについて語りはじめるのであった。ひかりに見聞きした限りでは、現代のバンパイアは昔からの伝承と実際の事実にそれなりの差異があることがわかった。例えば、にんにくは大好きで十字架には弱いこともなく、吸血行為は食生活で緩和される。国から月1で血のパックも支給されているらしく、それなりに社会に順応している事がわかる。ただし、バンパイアも暑さには弱く、日差しも苦手なのだが、学校側のこまめなケアまでにはまだ至っていないらしい。そして亜人ついての良き理解者であることがデュラハンの”町京子”にも、雪女の”日下部雪”にも伝わり、二人も日頃の悩みを鉄男に相談するようになっていく。

亜人ちゃんは語りたい2

亜人の生活は国からも保障されているといえども、社会的に弱い部分も多く、彼女たちのいろいろな悩みを徐々に知る鉄男であった。どうしても彼女たちは特別な性質のため、学校での生活は多少浮いてしまう部分もある。最初は興味本位からだった鉄男の亜人の研究。しかし、学校という自分が勤める身近なところで亜人(デミ)たちに偶然にも接する機会が増え、鉄男は彼女たちを守るために自らが率先して彼女たちの理解と生活しやすい環境づくりに努めていくのであった。

彼の彼女たちへの働きかけで何かが少しづつ変わっていこうとしている。果たしてそれは一体なんなのか?
ハートフルな物語の中で亜人ちゃんたちが鉄男先生に色々と語り始めていきますが、同時にみなさんにも、この物語は何かを語り始めていきます。

この作品を観ると、相手に興味を持って接することの必要性を感じることが出来ます。せっかくの目の前の出会いも、表面だけの接し方では相手の本質はいつまでも知り得ないし、相手の事を理解しようと努めてその意思表示が初めて相手に伝わった時に、相手もこちらに心を開いて本当の自分を見せてくれるものだということを再認識させられる作品です。

また、この作品の中では同級生が陰口を叩く場面が登場します。良くない行為ですよね。それが相手に届いたらどんなに相手は辛いことか。八方美人になることとは別で、少なからず相手に嫌な思いをさせないためにもそれらの行為は慎み、人の良いところを見るとか、思いやりを持って相手の立場も考えて接しないといけないものですよね。大人になるってそう言うことですよね、きっと。昔の本のタイトルですが、確か、「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」というのがあったと思いますが、私はアニメで再学習をしております。良いアニメ作品は大人にとっても倫理的復習ドリルの役割になると私は断言いたします。

今回の注目の声優さんは、メインヒロインのバンパイア/小鳥遊ひかりちゃん役の”本渡楓(ほんど かえで)”さんです。お調子者でおしゃべり好きなヒロインをバッチリ演じております期待の21歳の若手声優さんです。19歳から活動しているそうですが、最近では昨年の秋アニメ「ガーリッシュナンバー」(声優さんの業界的アニメ)の天然であざといサブヒロインの一人”久我山八重”役や、今年の冬アニメ「うらら迷路帖」(占い師見習い女子アニメ)のお嬢様的真面目なサブヒロイン”巽紺(たつみ こん)”役を演じるなどとても多くの作品に登場し始めております演技派な声優さんですので、これからもたくさんの作品に登場必至な方です。

あともう一人、一見真面目風で実は下ネタ・ギャグ漫画好きな雪女/日下部雪役の”夏川椎菜”さんです。彼女はちょっと前に書いた「天体のメソッド」の真っ直ぐで芯の強いメインヒロイン”古宮乃々香(こみや ののか)”役や昨年春アニメの戦艦&萌え系「ハイスクール・フリート」のちょっとふんわりとした性格のメインヒロイン”岬明乃”役を演じています。彼女は声に優しさがあるようで、それがかえってヒロインの一生懸命な役どころにハマっているような気がします。徐々に役幅を広げている印象でこれから頑張って欲しい声優さんです。

この作品は楽しいし、ひかりちゃんがとても可愛いし、とってもハートフルな作品だよって「オジちゃんは語りたい」

オープニングテーマ「オリジナル/TrySail 」
エンディングテーマ「フェアリーテイル/3月のパンタシア」
             ※今この何気ない瞬間がやがて大切な思い出に変わります

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

個性は魅力!こんなレストランに一度は行ってみたい。「WORKING !!」 

人が持っている個性とはどんな意味を成すのか?あらためて考える機会は今まであまりなかったかと思います。ただなんとなく上っ面だけで個性と捕らえていたような。”人との明確な差異”ということは分っていても、果たしてそれがなんなのか?
このアニメを見るとその漠然としたことがはっきりと分ります。それは個性=魅力なんだと。そして無理に普通に見られようとすることがかえって人生をつまらないものにしてしまう恐れがあることに気づかされます。
個性あってこそ楽しい毎日、そしてお互いの個性を尊重しあってこそ、より良い関係が築けるのかも。
「WORKING !!」というアニメを見てふとそんな気持ちになりました。

自分のことはともかく相手の個性は尊重する、人の良いところを見る・評価する、他人のウイークポイントはカバーする、そんなことがたくさんの笑いのエピソードの中にちりばめられていて、やさしさや愛に満ちているアニメだと私は思います。ただ楽しいだけのアニメじゃないかなと。
本来、自己評価は甘く、他人評価は辛いものになりがちですが、人と接するときは人の良いところをもっと見て行動し、相手のウイークポイントはさりげなくカバーしてあげられる力量を持とう、と少しは自己反省いたしました。

このアニメは、漫画家”高津カリノ”さん(女性作家)がヤングガンガンに2005年から2014年にかけて連載したものが、1期「WORKING !!」13話、2期「WORKING' !!」13話にまとめられたもので、2015年以降に連載されているものが現在放送されている3期「WORKING !!!」となっているようです。北海道のファミリーレストランチェーン「ワグナリア」が舞台で、そこで働く面々の日常が楽しく描かれたコメディ日常ものの作品です。
46233595.jpg
 
主人公”小鳥遊宗太(たかなしそうた)”16歳はとにかく小さいものやカワイイものが大好きな”ミニコン”らしく、小動物や幼児(決して危なくはないようです)、ぬいぐるみ、微生物までをも愛する性格のよう。彼の女性観では、「12歳以上は年増」との判断をくだし、12歳以上の人にはまったく興味がなさそう。
あるとき彼は、アルバイトの勧誘をしていたとても小柄な高校2年生の先輩、”種島(たねしま)ぽぷらに声をかけられ、その子が小さくカワイイという理由だけでアルバイトすることを決意。

早速そのファミリーレストラン「ワグナリア」に出勤してみれば、そこには超個性的な面々がずらり。
働かないでスタッフが作るパフェばかりつまみぐいする雇われ店長(反面教師のためか、その分みんながしっかり働きます)、やさしい笑顔で働き者だがなぜか常に日本刀を腰につけて働いている女性(お客さんは怖がっています)、男嫌いで男性恐怖症のあまり接する男性を条件反射で殴り倒してしまう女子高2年生(男性客の応対はできません)、見た目がイケメンながらヤンキー姿で意外とへたれな厨房男性(4年間片思い中)、自分のことは一切話さず秘密にするが他人のことはなぜか隅々までよく知っている情報通で不気味な同じく厨房男性(それを元にたまに脅しをかけます)、普通じゃないと言われる事に以上に反応してしまい普通を強調する高校3年女子(それがすでに普通じゃありません)などなど。その他にも個性派キャラがいろいろと登場いたします。

彼等・彼女らがワグナリアで働く中で繰り広げられるやりとりが常にボケとツッコミのオンパレードで見る側を飽きさせません。しかし、ただ面白いだけに終わらず、それなりに牛歩的ではあるものの恋愛要素もあったりして、先の展開が気になる別な楽しみもしっかりと覗かせてくれます。
 実際にこんな職場だったらさぞかし毎日が楽しいんじゃないかと思う反面、こんな中では没個性になってしまう、なんて心配も。
このアニメを見ると不思議と自分のウイークポイントなんてウイークじゃないんじゃないか、なんて気持ちにさせてくれます。3期まであっという間に見続けてしまうレストラン”ワグナリア”へ、あなたもぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

種島ぽぷら役の”阿澄佳奈さん”のかわいらしさはもちろんですが、出演者の声優さんがみなさん大変お上手で、違和感なくキャラが入ってくるのですごくよい作品だと思いました。

1期オープニングテーマ「SOMEONE ELSE/種島ぽぷら、伊波まひる、轟八千代」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


魔王という地位と行動のギャップがお見事「はたらく魔王さま!」

 最近ラブコメが多かったので今日はコメディについて書きたいと思います、ってラブとっただけじゃねえかというご指摘、ツッコミごもっともでございます。
バランスをとって書こうかと思いまして、やはり楽しいのが一番多くなりますよね、当然。
なので今日はコメディです。このあとはあとで考えますが、前置きはおいといて、2013年、4月~6月に日本テレビ系列BS放送でやっていたもので、「はたらく魔王さま」を紹介します。

このアニメは、ライトノベルとして2011年2月に電撃文庫から刊行、現在まで12巻が出ております。
ジャンルはファンタジー・コメディに分類。
”フリーター魔王さまが繰り広げる庶民派ファンタジー”という触れ込みです。

主人公”魔王サタン”は魔界統一後、魔王軍を率いて異世界エンテ・イスラに侵攻し、ほぼ手中に収めるところまでいっていたが、”勇者エミリア”との戦いで壊滅し、異世界のゲートまで追い詰められる。魔王サタンは腹心の部下”アルシエル”とともに異世界への逃げのびるが、魔力をほとんど使い果たしてしまったために意図しない地球の日本へと漂着してしまう。

26726849_441x636.jpg

姿も人間に変わってしまい、魔力がなく、もとに帰れない二人はここで魔力を蓄え、世界征服を誓う。
まずは東京渋谷の一角にある、ぼろアパートの一室を「魔王城」とし、日本での正社員の地位を得て征服の第一歩とするために、ファストフードのマグロナルドでアルバイトを始める。
以外にも魔王サタン(日本名は真奥貞夫)は勤勉に良く働き、1ヶ月でマグロナルドのA級クルー時間帯責任者に昇進。後輩のアルバイトの女の子”佐々木千穂”からも尊敬のまなざしと恋心を抱かれるようになり、日本に溶け込み始める。

そんなある日、魔王サタンを追ってきた勇者エミリが日本にたどり着く。しかし、彼女も例外ではなく魔力がなくなっているため、日本の企業、ドコデモグループお客様相談室センターの契約社員としてテレアポの仕事を始めることになる。
やがてエミリは魔王サタンと遭遇、戦いの火蓋がここ日本で再びきられるのであった。この戦いやいかに?

このような壮大な魔界の戦いを繰り広げていたものたちが、せせこましい日本で戦うというギャップ、つまりファンタジーと現実社会の交錯したストーリーが、さすはアニメの世界だと感心させられつつ、大笑いしてしまいます。

魔王何チャラという話が結構ありますが、その中ではこれがコメディの代表作品だと思います。

個人的に述べさせていただくと、主人公役の”逢坂良太”さんの面白さは鉄板ですが、佐々木千穂役の”東山奈央”さんの役どころがかわいくはまります。
ちなみに東山奈央さんは、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」というアニメの由比ヶ浜結衣(ゆいがはまゆい)役を演じていてこちらも格別です。

では純粋なるコメディをご堪能くださいませ。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


個性派キャラがストーリーを飽きさせないお見事なアニメ。「月刊少女野崎くん」

 アニメを見ていると、必ず売れる要素としての鉄板的なキャラ設定が往々にして盛り込まれています。
例えば美男子高校生を主人公としてドジッ子少女ヒロイン、そしてツンデレライバル女子にメガネっ子の先輩、女っぽいナヨッとした美男子、そしてなぜかすごく可愛い幼女などが登場し、ドタバタしながら、最後にはハーレム的に主人公男子がみんなに好かれ、おいしいところを全部持っていくという、まあこんな感じの展開です。男子の夢、妄想を体現するかのようなストーリーが非常に多く、またこれらがウケるようです。

 これはこれで、確かにこれらの要素が何かしら抜けていると、不思議に物足りなさを感じてしまうこともあります。
そう考えるとそれなりに人間の好きな欲求がうまくちりばめられているのでしょうね。
 ウケル基本パターンはそういったものですが、ただし、それぞれのキャラ設定が薄っぺらいと途中で飽きられてしまいます。なので、個性的なキャラが多く登場するアニメが間違いなく面白いのであります。

今日ご紹介するアニメは、そんな鉄板キャラが目白押しなタイプではないのですが、それぞれのキャラが絶妙なバランスで存在し、どこを切っても面白さがこぼれるアニメです。この作品は、私の知り合いの男性のアニメ好きな彼女のお墨付きでもありますので、アニメ好きな女子にはぜひすすめられる良い作品です。

 その作品とは「月刊少女野崎くん」です。

このタイトルだけ聞くと、何のアニメ?と少しわかりにくいのですが。実はこのアニメは、月刊少女マンガを描いている高校生男子とそのアシスタントを務める主人公に片思いの女子の二人を中心に、個性派キャラがこの二人を取り巻いて展開する、少女マンガ執筆アニメなのです。

40756504_480x330.jpg

主人公男子は、とても繊細でオンナ心を非常にわかっているような恋愛漫画を描くことで定評がある漫画家なのです。しかし、実はこの本人、恋愛経験はまったくのゼロで、自分の身のまわりの友達や先輩・後輩の日常を最大限に妄想して少女マンガを一生懸命書いているという苦労人。少女マンガを描くための行動が奇行であるのですが、ヒロインはそんなところも素敵な彼と評価してしまう前向きな心の持ち主といった、こちらも個性的な設定です。
 また、まわりの人物がこれまた個性派ぞろいなので1話1話がすごく楽しめます。全12話ですが、ノンストップで最後まで一気に見てしまう力がありますのでお楽しみに。

 このアニメの作者は「椿いづみ」という女性漫画家さんです。なるほど、とイラストを見れば当然納得されると思いますが、タイトル書体や背景の色使いもオシャレな感じがほかと違っていて素敵です。

音楽もとても良くて、オープニングテーマ曲「君じゃなきゃダメみたい」”オーイシマサヨシ”さんが歌っていますがインパクトありありで、大好きです。

 メインキャラである野崎梅太郎・佐倉千代・御子柴実琴(みこしばみこと)の3人の声優さんは、作者の持つイメージに合った方を作者自らがセレクトしているそうなので、なお完成度が高いかと思います。
では思う存分お楽しみくださいませ!

月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)

新品価格
¥514から
(2015/1/16 01:08時点)



見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation