まさにアニメ西洋版、必殺仕事人!「アカメが斬る!」

闘うアニメ(バトル系)は男心を大いにくすぐります。その闘いの元となるもの(テーマ)がアニメによっていろいろあり、そのどれもがそれぞれに楽しい要素を含んでいます。
例えばロボット同士の闘いであったり、そのものたちが各々持つ超能力であったり、魔法による武器であったり、切り口はいっぱいありますよね。

今日ご紹介するアニメは、そんなバトル系の作品の中でも登場キャラが様々なオリジナルな武器を片手に闘いを繰り広げるタイプのものです。実にたくさんのキャラと武器が登場しますので見ていてワクワク感が半端ないですよ。
そして冗談抜きでバトルシーンに何度も引き込まれて見てしまいます。ある意味、ボクシングのセコンドにつくコーチの心境みたいなものでしょうか?コーチをやったことは無いですが。闘いをするものといつの間にか一体になって闘っている、ということを言いたかったのです。

「このキャラと武器の組み合わせだとこいつに勝てるのだろうか?」、なんて同時に先読みをしながら見ることになるわけですが、すごく楽しいジャンルですね。その作品とは「アカメが斬る!」です。

帝国を築いた”始皇帝”が、「ずっとこの国を守っていきたい」という願いから造られた48種の超兵器”帝具”と、それと相性が良いごく限られた人物たちがそれをもとにバトルするお話です。
48種全部は出てきませんが、それなりの数がお目見えします。果たしでどの”帝具”が最強なのでしょうか?

35090951.jpg

帝国の圧政に苦しむ村で暮らす少年剣士の”タツミ”は、帝都軍の兵士になって一旗揚げて村を潤そうと、馴染みの少女”サヨ”と少年”イエヤス”と3人で帝都を目指して旅に出た。しかし、その途中で夜盗に襲撃され3人ははぐれてしまう。
タツミはどうにか一人で帝都にたどり着き、帝都軍に入ることをあれこれ模索するが、なかなか入れてもらえないでいた。そんな時、門前払いをくらう帝都軍に口利きをしてあげようと申し出る女性”レオーネと出会う。だが、まんまとレオーネに騙され持ち金を全部なくしてしまう。そこへ通りかかった貴族の少女”アリア”にタツミは助けられ、アリアの護衛としてまずは働く事となった。
帝都では、富裕層を狙う”殺し屋集団”「ナイトレイド」という組織がいることを知る。そして、そのために貴族たちは護衛をつけて身を守るのであった。

ある夜、アリアの住む屋敷についにナイトレイドが現れる。タツミがどうしたものかと思っている間にも護衛人がすべてナイトレイドに抹殺されてしまう。必死に逃げるアリアを守ろうとするタツミの前に現れたのはナイトレイドの一人、赤目の少女”アカメ”。彼女はタツミ諸共斬ろうとするが、それを静止する仲間が現れる。なんとそれはタツミからお金を巻き上げたレオーネだった。
彼には借りがあるから斬るな、とレオーネはアカメを止めたのであった。レオーネはナイトレイドの一人であった。そしてレオーネは、目の前にいるその貴族の衝撃的な真実をタツミに告げる。アリアとその家族は、帝都で路頭に迷う田舎者たちを助ける素振りを見せては家に連れて帰り、残虐な実験や拷問でいたぶりながら殺すサディスティックな一家であった。半信半疑なタツミだったが、逃げ惑うアリアを追いかけた先で見たものは、離れ離れになったサヨとイエヤスの無残な姿であった。
拷問によってサヨはすでに行き途絶え、イエヤスも虫の息。真実を知ったタツミは怒り、自らが命乞いをするアリアを斬殺する。

ためらいもなく斬ったタツミを、レオーネはナイトレイドに向かい入れようと強引に引き込もうとアジトへ連れて行く。
そしてタツミはそこでボスの”ナジェンダ”の話から帝国の腐敗のことも知り、世を正すために闇の動きで鉄槌をくらわせるナイトレイドのやり方に同調し、闇で生きることを決めるのであった。

帝都軍もナイトレイドの動きを察知し、”エスデス将軍”率いる帝具持ちばかりの最強集団「イェーガーズ」が動き始める。一方、ナイトレイドは諸悪の根源である帝国の大臣”オネスト”討伐を最終目標に動きを固める。果たして軍配はどちらに?

37755254_371x636.gif

ちなみに主人公アカメが使う帝具は”一斬必殺(いちざんひっさつ)/村雨”。切りつけられた切り傷からも呪毒が全身にまわり死に至るという怖い道具です。なんせそれを扱うアカメ自身もそれを手入れする際に自分の手を切らぬように最新の注意を図ると語っていましたので。まずいろんな帝具が出てくるのでお楽しみに。

このアニメは、2014年7月~12月までBS11他で放送された作品で、全24話。原作が”ゲームクリエーターの”タカヒロ”さん、漫画家の”田代哲也”さんで2010年4月~の「月間ガンガンJOKER」での連載が元になっております。
ジャンルはバトル(アクション)、ダークファンタジー。
主人公アカメは声優の”雨宮天(そら)”さんで、
オープニングテーマ「Skyreach/雨宮天」(1話~14話)
エンディングテーマ「月灯り/雨宮天」(15話~24話)
と頭からおしりまで私のためにあるようなアニメです。
ちょっと私的な感情が入りましたが、それを差し引いても面白い作品ですのでバトル系が好きな方はぜひ見て下さいね。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

互いの信頼がなせる業、未知なる2期に期待。「機巧少女は傷つかない」

  日々生活する上で、私たちは自分の身の回りに存在するさまざまな人間関係を、知らず知らずのうちにうまくバランスを保って生きているんだと痛感する今日この頃です。
家族との関係、友達との関係、仕事先の上司・後輩・同僚との関係、お客様との関係、ご近所との関係などなどetc.・・・。

しかし、それはお互いの信頼関係があってこそ成り立つものでもあります。相手を信じる・心を許す事が出来てこそ。
言葉も大事ですが、相手を思いやる行動が一番大事ですね。そして自分のかかわる最小の人間関係は良好な関係でありたいですね。

今日ご紹介するアニメは、主とその主を慕ってお遣いする少女(人形)が一体となって未知なる宿敵を倒すファンタジー&アクションアニメです。

タイトルは「機巧少女は傷つかない」

このタイトルを聞くと本当に傷つかないの?と思うのですが、かわいらしくも人間でない人形なのでそうなのかと思いつつも、意味深で常に頭から離れないキーワードなのです。その意図するところは?

この作品は、2009年11月にMJ文庫からライトノベルとして刊行、既刊14巻。
2013年10月~12月にATX・BS11でアニメとして全国放送されました。全12話で話が途中で1期終了です。

27757914_357x636.jpg

20世紀の初頭、1900年~1910年の英国が舞台。主人公の”赤羽雷真(あかばねらいしん)”は機巧魔術を扱う人形使い。赤羽一族の唯一の生き残りであり、一族を機巧魔術で皆殺しにした実の兄、”赤羽天全”に復習するために大英帝国に留学。その兄がいるかもしれない、機巧都市・リヴァプールの魔術最高学府「ヴァルプルギス王立学院」に入学する。そこで4年に一度開かれる「魔王」を決める戦い「夜会」に天全が現われる事を踏んで雷真は夜会に参加するのであった。

雷真は”夜々(やや)”という黒いミニの着物をまとった黒髪の少女をパートナーに従えて戦いに挑もうとする。
まだまだ未知数な人形だが、その人形は「生体人形の第一人者」花柳硝子が作った禁忌人形3姉妹の一体であり、生身の人間と区別がつかないほどの機巧(マシンドール)であった。

夜々は人形ながら人間に近い感情と忠誠心で雷真に従えているが、かわいらしくもうっとおしい位に雷真にべたべたしたり、慕うあまりに嫉妬したりという有様。しかし、戦闘能力は高く、徐々にその力は雷真によって開花していくのであった。

天全おぼしきマグナスとの戦いの頂上決戦に到達するためには、駆け上がる戦いは数知れず、雷真の前には難敵が立ち塞がる。
互いの力を一体化し、雷真は初心を貫く事が出来るのか?その先には何が待っているのか?戦いの火蓋はきって落とされた。雷真・夜々の運命やいかに?

この作品は12話で話が途中で終わっていますので、当然2期があるものと思われます。
おそらく、それを前提に計画的に作られていますので、ストーリー進行はゆったり目ですのでそのつもりで見てください。
きっと先は長いようなきがします。

声優は主人公の赤羽雷真役が”下野紘(ひろ)”さん、ヒロインの夜々役が”原田ひとみさん”で、雷真のカッコ良さと夜々の小悪魔的なカワイらしさを見事に演じています。

また、オープニングテーマは原田ひとみさんが歌っており、突き抜けるような歌声が駆け上がっていく二人の未来をうまく歌でも表現しております。
これに対してエンディンングテーマは人形3姉妹がコミカルに歌っており、それぞれの声優さんが参加しているので緊張感ばかりでない楽しみ方があります。

オープニングテーマ「Anicca/原田ひとみ」
エンディングテーマ「回レ!雪月花/歌組雪月花(夜々(原田ひとみ)・いろり(茅野愛衣)・小紫(小倉唯)」

2期が待ち遠しいこの作品をみなさんもぜひご覧いただき、続きを心待ちにしませんか?

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村 


プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation