決しておこちゃまアニメではありません。「魔法少女まどか☆マギカ」

アニメもさまざまなジャンルに分けられますが、その中のひとつに「魔法少女」というジャンルがあります。
ジャンル分けされるくらい、それらには多くの作品があるようです。
昔であれば男の子ならロボットアニメ、女の子なら魔法少女系アニメを見て育つのがごく一般的でした。

最近ですと、子供たちに人気なのはプリキュアシリーズですが(大人の方でも好きな方は結構いらっしゃるようですが)、大人になるとさすがに魔法少女系は見るものがないと思いきや、そうではなく、見るに値すべきものが存在いたします。
おこちゃまな魔法少女を卒業した女性や大人の男性でも楽しめる魔法少女ものです。
映画化されましたし、グッズもたくさん出ましたのでまだ見てない方でもあのアニメか、と心当たりがなにかしらあるかと思います。まだ見てない方のために面白い作品なので今日はその作品をご紹介いたします。

「魔法少女まどか☆マギカ」です。

2011年1月~4月に毎日放送・TBS他で深夜帯で放送されたアニメです。全12話。
2012年には総集編「前編」始まりの物語、「後編」永遠の物語、2013年には「新編」叛逆の物語」と、立て続けに映画公開もされています。
この作品は、 監督が「化物語」や「ひだまりスケッチ」、「幸腹グラフィティ」を手がけた”新房昭之”監督であり、キャラクター原案は同じく「ひだまりスケッチ」の漫画家”蒼樹うめ”さん、脚本はシナリオライターの”虚淵玄(うろぶちげん)”さん、そしてアニメーション制作がシャフトという最強+異色のタッグが組まれております。
見終われば、「なるほど、だからおもしろかったのか」と、納得いく面々であることが後々わかると思います。
また、この作品は2011年の第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞受賞の他、さまざまな賞に輝いている秀逸な作品でもあります。

42473223_430x636.jpg

主人公”鹿目(かなめ)まどか”はごく普通の中学生。まどかはある夜、敵と戦い苦しむ少女と、願い事をなんでもひとつ叶えてあげるから魔法少女にならないか、と問いかけてくる不思議な白い生き物の夢をみる。
次の日学校へ行くと、クラスに転校生がやってきた。まどかはその少女を見て驚く。
その女の子は、昨日の夢で見た少女にそっくりだったからである。
学校の帰り、同じクラスの親友”美樹さやか”とCDショップによって曲を選んでいると突然、まどかの耳に「助けて」という声が聞こえてくる。
その聞こえる方へ足を運ぶと、天井から痛手を負った白い動物らしき生き物が落ちてくる。夢と同じ生き物が。
まどかはその生き物を助けようとするが、なぜか今朝の転校生がその生き物を追ってまどかの前に現われるのであった。
まどかはその生き物を抱きかかえ、駆けつけた”さやか”と共にその場所から懸命に逃げるが、魔女がはった結界らしき場所に迷う込んでしまう。
そこへ”巴(ともえ)マミ”という魔法少女が現われ、彼女は魔女と使い魔を倒し、二人とその生き物を助けだす。
どうやらマミは、魔女とその使い魔たちと日々戦い続けているようで、その生き物/キュウべえ”とは味方同士の関係であった。
”キュウべえ”は、夢で話したのと同じように、まどかたちに対して「君たちの願いを何でもひとつだ叶えてあげる、どんな奇跡だっておこしてあげるよ。だから僕と契約して魔法少女になってほしい。」と話かけてくる。

ここまでが1話の内容ですが、まどかたちはやがて魔法少女の契約を結ぶことになっていきます。

魔法少女になると、「ソウルジェム」という宝石のようなアイテムを持ち、これによって魔女を感知したり変身アイテムとして使うことが出来るようになる。
反面、そのソウルジェムは常に輝きを失わないようにしなければならず、魔女と戦い、倒した代償として得られる輝きを保つための代替アイテム・「グリフシード」を手に入れなければならなくなってしまう。
輝きがなくなると魔法少女は生きていけないのであった。
望みを叶えるためのはずの魔法少女の契約により、彼女たちはのっぴきならない過酷な運命を背負わされてしまう。
このあと、彼女たちは救われるのか?運命やいかに!

魔法少女のジャンルでありながら同時にダークファンタジーであるこの作品、これから先は想定外の展開があなたの前に繰り広げられていきます。常にいい意味で裏切られるストーリーがこの作品のキモです。
ただし、ダークでありながらもその中で困難に立ち向かう彼女たちの姿は、現実で日々もがいている私たちに何かしらの共感めいたものを提示しているようにも受け取れます。

声優はまどか役/悠木碧(あおい)さん/、ほむら役/斎藤千和さん、マミ役/水橋かおりさん、さやか役/喜多村英梨さん、キュウべえ役/加藤英美里さんという構成です。
それぞれが別の作品と印象ががらりと違う役どころを演じています。
そのあたりも見て聴いてみると楽しめます。
ちなみに、悠木碧さんは「やはり俺の青春ラブコメは間違っている」の比企谷小町役を演じている方です。
水橋かおりさんは「ひだまりスケッチ」の宮子役、グリザイアの果実(楽園)の松嶋みちる役を演じています。

この作品も、最後にあっと驚く結末が待っていますのでどうぞお楽しみに!

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


 
スポンサーサイト
プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation