熱いアニメはお好きですか?「響け!ユーフォニアム」

音楽を良く知らない私が、どうしていつも音楽アニメに引き込まれてしまうのか?
あらためて考えてみると、そもそも基本的に私の頭の中には音楽というものがきちんと体系化されてませんので、無知がゆえに音楽に対して尊敬の念が過大にあることは確かだと言えます。
アニメで音楽シーンを見ると「へぇ~、そーなんだ!」と意図も簡単に納得させられてしまうのです。
もしかすると、音楽をベースの詐欺であれば私は簡単にだまされてしまう口かもしれません(笑)。
もうひとつ、理由があるとすれば、お話がリアルに感じることでしょうか。本当かどうかは正直私は分りませんが、出てくる音楽用語や流れる曲が無条件にリアルに思えて、アニメの世界でありながら、よりお話に現実味を覚えるからかも知れません。
決まってそれらを見終わると、いつもなぜか副作用として自分の頭が良くなったような、知性がついた様な錯覚に陥ります。

”のだめカンタービレ”、”坂道のアポロン”、”四月は君の嘘”と来て、最近放送していた音楽アニメといえば・・・
そうです、「響け!ユーフォニアム」ですね。
そんなわけで、音楽を知らない方でも音楽アニメはかなり楽しめるかと思いますので、ご紹介いたします。

「響け!ユーフォニアム」は高校の吹奏楽部のお話です。

主人公の”黄前(おうまえ)久美子”は、京都府宇治市の”北宇治高校”に入学。その入学式の日、新入生を歓迎する吹奏楽部の合奏を聴くが、中学時に吹奏楽部に所属しいた久美子にとってその合奏は決して上手だとは言えないレベルであった。

同じクラスで仲良くなった”加藤葉月(はづき)”は中学はテニス部だったが高校では文化部を希望。もう一人の”川島緑輝(さふぁいあ)”は、中学は吹奏楽部の名門である”聖女中等学院”吹奏楽部の出身であり、出来れば高校でも吹奏楽を続けたい考え。
いやと言えない正確の久美子は話の流れで二人と一緒に吹奏楽部を見学することとなる。久美子はその場の見学者の中に、中学時代の同じ吹奏楽部の部員であった”高坂麗奈”を見かけるが、久美子にとっては何か気まずい様子。中学の吹奏楽部の全国大会を賭けた最後の大会で久美子は、全国へいけなくて悔しがる麗奈といけなくても当たり前と思っていた自分の気持ちの差に軋轢を感じていたからであった。

麗奈が吹奏楽部に入ることを知り、中途半端な気持ちの久美子は吹奏楽部へ入らないことを決める。しかし、葉月とさふぁいあの熱心な勧誘もあり、吹奏楽部が嫌いでもない理由から一緒に入部することを選択する。さふぁいあは中学と同じ楽器のコントラバスを選び、葉月はチューバ、久美子は中学のときのユーフォニアムとは別の楽器をやろうとしていたが、結果的にユーフォニアムをやる羽目になる。

しばらくすると、新しい吹奏楽部の顧問”滝昇(たきのぼる)”が赴任。彼の父は、かつての北宇治吹奏楽部が強豪と言われていた時代を築いた名指導者であり、縁あって同じ高校の吹奏楽部顧問という立場となった。彼は、これからどのような部にしていくかを部員のみんなに尋ねる。成り行き上、ほぼ全員が吹奏楽部である以上は世間並みに全国大会出場を目標に掲げることに異論はなかった。

こうして全国大会出場目指して部の活動がスタートするが、部員が思っていた予想を超えて、優しそうであった滝の厳しい指導が始まっていく。個人個人の楽器を奏でる力量の差と情熱の差、学年間の部員の意識の差、そして先生の指導に対する不満。
久美子にとっても予想だにしない展開ではあったが、麗奈との係わりもあり、その中で自分の音楽に対して、楽器に対しての信念が少しずつ固まっていくのであった。

久美子たち北宇治高校吹奏楽部は、この先みんながうまくまとまって行くことが出来るのでしょうか?そして全国大会出場はあるのかないのか?

45784946_473x636.jpg

思っていた以上に全国を目指す吹奏楽部というのは、体育会系並、それ以上の全員の汗と涙と努力の結晶が必要なのかな、と思わされました。
そして上の大会になればなるほど、一人ひとりの技量が足を引っ張ることにも、また全体を押し上げることにもなるという、ごまかしが利かない次元であることが素人目にも映りました。

このお話は”武田綾乃”さんの小説「響け!ユーフォニアム北宇治高校吹奏楽部へようこそ」(2013年宝島文庫より刊行)が原作であり、武田さん自身が小中学校時代に所属していた吹奏楽部の体験が基に書かれているようです。
決定的にリアルな理由であり、心理描写も細かそうな気がします。
よく、一流を知らないものは一流にはなれないということを聞きますが、体験という真実に勝るものもないですよね。
そしてお話の中身ですが、何ゆえに人が努力して高みを目指すかとなれば、やはり高みを目指して努力することでしか見えない景色を見るためなのかなあ、と想像いたします。
この作品のキーワードに「特別」という言葉が時折出てきますが、人よりも抜きん出ることの意味について、いろんなことを考えさせられます。

だいぶ長くなりましたが、今回も声優さんと曲については割愛できませんのでもう少しお付き合いください。
まず声優さんですが、主人公の久美子役の”黒沢ともよ”さんに注目です。最近で目立った役だと「ブラック・ブレット」のかわいい殺し屋ティナ・スプラウト役を演じてますが、久美子も個性的に演じていて声に特徴があってぴったりです。
あとは、3年生役が斎藤葵(あおい)役/日笠陽子さん、中世古香織(なかせこかおり)役/茅原実里さん、小笠原晴香(はるか)役/早見沙織さん、田中あすか役/寿美菜子さんと、しっかりとした役どころをベテラン声優さんたちが締めています。

オープニングテーマ「DREAM SOLISTER/TRUE」は音楽用語でいう独奏者・主役を感じさせながら、
エンディングテーマ「トゥッティ!/北宇治カルテット(黄前久美子・加藤葉月・川島緑輝・高坂麗奈)」では
同じく音楽用語のソロの対義語である「合奏」を指し示し、音楽家にとって大切なフレーズを歌にして
前後でサンドしているようです。

そこまで徹底しているのは制作会社が京都アニメーションだからでしょうか?
信じるか信じないかはあなた次第!
まずはご覧くださいませ。

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

昭和のノスタルジックなジャズアニメ「坂道のアポロン」、一見の価値あり。

皆さんは音楽は詳しいですか?私はあまり詳しくないのでクラシックやジャズなどといったらメジャーなものしか知りません。とはいってもタイトルもあまり合致しないレベルです。アニメにも幅があるもので、ジャズ漫画なるものがありました。それでも、ジャズ漫画だからとわかって私がその漫画を見ようと思ったわけでは決してないのですが、タイトルに惹かれて見てしまった、といういきさつです。

 そのタイトルは「坂道のアポロン」。何か心惹かれますよね?そんなわけで見てしまったら結構面白かったのです。
なので、ぜひ、40代以上の大人の方には特に見てもらいたいアニメなので紹介いたします。

 舞台は1966年の初夏。主人公である”薫(かおる)”が船乗りの父親の仕事の都合で、横浜から長崎県の田舎町に転校してきたところから始まります。人一倍ナイーブな薫であったが、転校初日からバンカラな”千太郎”と出会ったことから彼の高校生活は一変してしまうのであった。彼はピアノを弾くことができたが、ジャズを弾いたことはなく、ジャズが好きな千太郎に挑発されて、ピアノでジャズを弾く羽目になる。それから彼は徐々にジャズに目覚はじめる。
さらに、薫は千太郎の幼馴染の”律子”にもで会い、彼女に恋心を抱くようになる。しかし、律子は千太郎に、千太郎は上級生の”百合香”にと思いを寄せて恋の行方はより複雑な方向へと。毎回バックに軽快なジャズが流れ、昭和のよき時代が垣間見れる作品です。

21265881_220x186.jpg

 このアニメの原作漫画は、「このマンガがすごい2009」のオンナ編で1位を獲得しています。また、2012年の第57回小学館漫画賞一般向け部門で受賞もしておりますのでそれなりのお墨付きアニメでもあります。作者は小玉ユキさん。やはり、良いお話は女性が描いております。

 そして、最後に、このアニメのエンディングテーマが実に最高です。秦基博さんが歌う「アルタイル」というのがすごく良いのです。それを聴きながら、さらに続きを見るといっそうノスタルジックな気分になり、昔を懐かしんでしまいます。

 この作品をみてまずは楽しみ、さらに、皆さんも良かったであろう?自分の青春時代を思い出してみてはいかがでしょうか?

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation