Blue heavenーかけがいのない地球に生かされた、我々人類がなすべきこととは・・・「ALDNOAH. ZERO(アルドノア・ゼロ)」

「マスタング1-1、応答せよ。マスタング2-2、応答せよ。だめだ、敵のジャミングで通信が妨害されている、あっ、うちの小隊長から通信が入ったもよう。そう、うちの通信はホテルと同じあのチ~ン!というベルなのである。電波障害もなんのその、ミッションが入った。”ヨークベニマルで本日、格安でコメ20KGを奪還GETせよ!本作戦名は”ササニシキで錦をかざれ!”とのこと。我が家の小隊長の命令は絶対!TAKAPON4-6起動、オールレディ、発信!」ということでしばし、リアルな世界へ戦いに行ってきます。
あれから20年、あれから2時間、無事ミッション達成で帰還、本題です。

ここ最近、ロボットアニメについて書いてないことにふと気が付きました。肉ばかり食べると魚も食べたくなるようにアニメも同じです。何事も生活においてバランスをとるということが肝要です。
「ロボットアニメを見ています」なんて堂々と大人の男性が口にすれば、女性の方は「いい大人が子供じみてるわね」と大抵の方が言うかもしれません。しかし、そこは男のロマンの領域ということで、寛大な目で見てやってください。正義という名のもとに現実では成し得ないことを主人公がカッコ良くやってのけるのがヒーローものであり、ロボットものであります。いつもそんなものを小脇に抱えるようにして、現実で強く真っ直ぐでありたいと常に願う男心をちょっと理解してもらえたら幸いです。

ロボットものは当然、自分の力以上にその何千倍も、何万倍もの能力を引き出す道具であり、それを扱う人間の技量が試されるところです。なのでその能力に長けた主人公には尊敬の念を持って男性は見届けるのであります。あっ、やっぱりただの痛いだけのおじさんでしょうか?そんなふうに思った女子の皆さん、騙されたと思ってこのアニメを見てください。大人女子も気に入ってもらえるロボットアニメかも知れませんよ。主人公がとってもクレバーで、沈着冷静ながら内に秘めた闘志を燃やすクールビューティGUYなのです。リアルで言ったら羽生結弦君タイプでしょうか。

そのアニメは「ALDNOAH. ZERO(アルドノア・ゼロ)」です。

1972年、人類の月面におけるアポロ計画の最中、月と火星をつなぐ「ハイパーゲート」なる古代文明の遺産が見つかり、人類は”レイガリア”博士率いる調査団を、その瞬間移動が可能なハイパーゲートを使って火星に送り込んだ。やがて調査団は、火星の3万年前の古代文明テクノロジー「アルドノア」を発見する。その後、火星側は「アルドノア」の使用独占を主張し、かたや地球側は火星との共有化を主張。お互いの見解の相違によって、火星と地球は「アルドノア」をめぐって対立が生じるようになった。

KG-6-SLEIPNIR_main_0715_02.jpg

1985年、レイガリア博士は自らを皇帝とし、火星に「ヴァース帝国」を築き、火星を統制。1999年、レイガリア皇帝の息子”ギルゼリア”は資源が豊富な地球を配下に治めようと、地球に宣戦布告をする。しかし、惑星間戦争の中、突如起こったハイパーゲートの暴走によって月が崩壊し大惨事となり、それに巻き込まれたギルゼリアは戦死してしまう。月のカケラが落下した地球はその被害によって人口が半減する事態となった。翌2000年、火星と地球は休戦協定を結ぶ。月日は流れて2014年。火星は地球と和平交渉を進める一環として、親善大使を地球に派遣することにした。それを担うこととなったのが当物語のヒロイン、火星の皇女”アセイラム・ヴァース・アリューシア”であった。

主人公である高校生の”界塚伊奈帆”(かいづかいなほ)はアセイラム皇女のパレードが行われるとあって、その手伝いに借り出されていた。彼女の歓迎パレードが行われている最中、何者かがアセイラム姫を襲撃、彼女は生死不明となる。火星側はこれを火星に対する地球側の宣戦布告と認識し、これが引き金となってヴァース帝国は火星の軍人”火星騎士を地球に集結させ、世界各地を一斉総攻撃し始める。

再び惑星間戦争となるが、実はアセイラム姫は生きていた。パレード当日、体調不良のために影武者を立てていたことが功を奏し、難を逃れていたのだ。彼女は侍女”エデルリッゾ”とともに地球人の服装に扮して安住の場所を探していた。伊奈帆は避難先へ向かう途中、偶然にもアセイラム姫とは知らずに彼女たちと遭遇。3人は一緒に避難先を目指すこととなる。途中、クラスメートの乗る軍用車にピックアップしてもらうが、それもつかの間、火星騎士の操縦する”カタフラクト”(人型起動兵器)に攻撃されてしまう。救助に来た伊奈帆の姉で軍人の”界塚ユキ”が操縦するカタフラクトが応戦するが、全く歯がたたない。その戦いの最中、ユキを救うために伊奈帆のクラスメートが命を落とした。

伊奈帆は逃げることを止め、戦う事を決意する。彼が乗り込むのは学校にある練習用のカタフラクトKG-6。かたや、火星のカタフラクトは地球にはない”アルドノア”のテクノロジーによって起動し、受けた弾丸をも吸収してしまう表面バリア構造のスーパーロボットである。無謀だと思われる戦いに伊奈帆は残されたみんなを守るために挑もうとしていた、しかし、彼は沈着冷静であった。学年一の秀才がその頭脳を持ってして地球外のテクノロジーに対抗するというのである。彼に勝機はあるのだろうか?一方、アセイラム姫はどうにか自分の生存をヴァース帝国に伝え、無駄な戦争を早く終わらせることを願っていた。火星側の通信衛生の破壊とジャミングによって通信手段が途絶えた今、その思いは火星に届くのだろうか?

36570991.jpg

この作品は、A1-PicturesTROYCAの共同制作のオリジナルアニメであり、2014年7月~9月に第1クール12話、2015年1月~3月に第2クール12話の、計24話がBS11他で放送されました。ジャンルはロボット&ファンタジー。
ストーリー原案は、「魔法少女まどか☆マギカ」のシナリオ担当の”虚淵玄”(うろぶちげん)さんが手がけております。

文明・資源の豊かさを求めるあまりに、我が先とばかりに人類の身勝手さが戦争という最悪のシナリオを選択してしまう愚かさ、それと同時に人間の優しい部分も描かれていてとってもヒューマンな内容です。この地球は特定の個人の所有物ではなく、そこに住まう人類が共有すべき奇跡の産物であることが教訓となっているように感じる作品でした。この作品を通して、今生きているこの世界がいかに素晴らしくかけがいのないものであるかに気づかされるはずです。リアルな世界でみんながそう思えたら戦争なんてなくなるのにと。それと平行して、地球のロボットがテクノロジーの差が歴然である火星のスーパーロボットにどう立ち向かっていくかが見どころです。戦闘シーンのBGMの演出も緊迫感があって絶妙です。それとアセイラム姫を慕って救出しに地球にやってくる”スレイン・トロイヤード”との伊奈帆の対決とアセイラム姫をめぐって2人の心模様がドラマティックであります。

そして今回の作品も、私の好きな声優さんが二人登場しております。ヒロインのアセイラム姫を演じる”雨宮天”(そら)さんですが、 「一週間フレンズ。」の主人公のピュアな女の子”藤宮香織”役で大好きになりました。もう一人は本作品の中の”網文韻子”(あみふみいんこ)役の”小松未可子”さんです。彼女は「凪のあすから」の主人公”先島光”の義理の妹”汐留美海”(しおどめみう)役がいじらしい乙女心全開でおじさんのハートを打ち抜きました。育ちの良さそうなアセイラム姫と主人公大好き少女韻子の役どころを彼女たちがしっかり演じております。そのあたりもお楽しみポイントです。

それと今回は伊奈帆のお姉さん”界塚ユキ”が”大原さやか”さんですが、こんなお姉さんも最高です。「○○君、ダメだぞ!コラ♡」って言われたいですね。先生役やお母さん役が多い大原さんですが、この役どころはドストライクです。

ではみなさん、本作品を楽しみながら、今いるBlue Heavenのすばらしい奇跡を再認識してみてください。

第1クールオープニングテーマ「heavenly blue/kalafina」 ※この曲は聴くたびに胸が熱くなります。
第2クールエンディングテーマ「GENESIS/藍井エイル」

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
スポンサーサイト

誰がためにわれは行く、打ち砕け!人類の存亡を賭けて。「シドニアの騎士」

SF物のアニメは、自分の日常とはかけ離れた世界のお話ではありますが、人類の未知なる未来を想像させる、ロマンがかき立てられるジャンルでありまして、私にとっては特に「人類の存亡を賭けての闘い」ともなると、妙に男心がくすぐられるようでついつい手を伸ばしてしまいます。
さかのぼれば、1970年代「宇宙戦艦ヤマト」、1980年代「機動戦士ガンダム」、1990年代「新世紀エヴァンゲリオン」など、時代を代表する作品が世の男性たちを魅了してきました。
そして2010年代、もしかすると(期待も込めて)この作品が今の時代をもてはやす「SFアクション」アニメとなり得るかもしれません。

それは「シドニアの騎士」です。

1期が2014年4月~6月、2期「シドニアの騎士 第九惑星戦役」が2015年4月~6月でTBS・BS-TBS他で放送されました。
漫画家”弐瓶勉(にへいつとむ)”さん原作で、2009年6月より月刊アフタヌーンに掲載、現在14巻まで出ている作品です。
今年の第39回講談社漫画賞(一般部門)を受賞しており、お墨付きでもあるので間違いなくおすすめ作品です。

このアニメはイラストに特徴があり、他の作品に比べて目が小さく割と優しげに見え、闘いそうもない各キャラが背負った宿命で、いやおうなしに人類のために闘わざるを得ない、というストーリーをうまく想起させる力があるように感じます。
そしてストーリーにおいては、闘いが主でありながら、しっかりと主人公を囲んでのラブコメ要素も織り交ぜられていますので、飽きることなく進んで行けます。これも面白いもうひとつの理由であり、このラブコメなシーンが実は、その平穏な日常がこの先も続くかどうかという戦争による消滅を暗示し、日常とアクションとのギャップおよび、闘いのシーンとのそのバランスが絶妙であります。
さらにSF用語もいろいろあって、自然とその意味が気になりだしていきます。
あとは見るかどうかは最終的にそのあたりでの個人の好みの問題にはなりますが、大人ウケするアニメであることは確かです。

febc82ee.jpg

太陽系が”ガウナ(奇居子)”と呼ばれる謎の生命体に破壊されてから1,000年後の遠未来が舞台。
人類は種の保存を賭けて繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する「播種船(はしゅせん)」を複数建造するが、ごく一部だけがかろうじて地球脱出に成功した。彼等はガウナから逃れながら植民が可能な惑星を探すために宇宙を放浪していた。

主人公”谷風長道(たにかぜながて)”は、その播種船”シドニア”の中の最下層部(地下)で生活していたが、一緒に暮らしていた祖父の死から3年が経ち、食料も尽きたことから祖父が禁じていた上層部へ上り、出くわした食糧庫から米を盗もうとして捕えられ初めて地上に出ることとなる。

人類は全員が地上では光合成をし、そのために食事は一週間に一度で事足りる体質に変化を遂げていた。谷風だけが進化を遂げずに生きてきたのである。谷風は、シドニア船員の登録記録がないこともあるが、なぜかシドニアの艦長である”小林”が身元引受人になり、彼女によって谷風はそう簡単にはなれないシドニアの人型主力戦闘機”衛人(もりと)”の操縦士訓練生に選ばれた。
そして、同期の仲間である”星白閑(ほしじろしずか)”や”科戸瀬イザナ(しなとせいざな)”らと共に正規操縦士を目指すのであった。

谷風にはまもなく、衛人(もりと)の中でも歴史的な名機である「継衛(つぐもり)」に搭乗して、小惑星での氷塊採掘という初任務が与えられる。しかし、その作業中に突如として小惑星の地表からガウナが出現。100年ぶりの出現にシドニアは恐怖に去らされる。ガウナを倒す武器を持たない谷風は、それでもガウナに単独で立ち向かうがなすすべはなく、シドニアは重質量砲をガウナに向けて発射し、ガウナを一時的に遠ざけることによって退避することが出来た。

ガウナを倒すためには、ガウナの表面の胞衣(エナ)を剥がし、その本体にシドニアに28本しかないとされる「カビザシ」(ガウナを倒すのに有効なカビを先端につけた槍形の武器)で本体を貫き通さなければならない。それからまもなく、再生したガウナが再びシドニアに迫ってくる。シドニアはエースパイロット”赤井”を入れた赤井班でガウナ討伐を試みるが、あえなく全滅、使用したカビザシも漂流してしまう。

なすすべのないシドニアは「緊急回避」を行うが、その代償として過度の船体への圧力により船内は大惨事となる。谷風を含む訓練生で構成された”岐神(くなと)”班は、カビザシの回収任務にあたり、カビザシ回収に成功するが、帰艦の途中で進路を変えたはずのガウナの攻撃を受ける。谷風は他の機体が操縦不能に陥る中、継衛(つぐもり)とカビザシによって見事、ガウナを撃墜し、一躍シドニアの英雄になる。この活躍によって谷風は、正規の「衛人(もりと)操縦士」に任命されるのであった。

しかしこの戦いは人類にとってのガウナとの壮絶な闘いのほんの幕開けに過ぎなかったのある。
谷風たちはこの先、ガウナにどう立ち向かって行くのか?そしてシドニアは安住の地を手に入れることは出来るのであろうか?
人類の果てしない戦いが始まっていく。

1期オープニングテーマ「シドニア/angela」2期オープニングテーマ「騎士行進曲/angela」
と映像が本編を見る間際で見る方の気持ちを高揚させ、自分もシドニア船員の一員であるかのような気持ちのまま本編に吸い込まれていきます。どちらも行進曲なので集団行動が喚起される憎い演出のように思えました。

この作品を見ている間はあなたもシドニア船員であります。これから果てしない戦いがあなたを待っていますが、モニターを指令室に置き換え、彼等と共に闘っていきましょう。
では出発のために皆さんで掌位(しょうい)!
(移動時に複数の衛人が腕を交差して手を握り合い、一体化すること。これによって高速で移動できる。)

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


思い出の中の記憶と今とのハザマで人は生きている。「革命機ヴァルヴレイヴ」

 日本はまだまだ平和です。過去に先人たちが戦争をしていたなんて、体験をしていない私たちにとってはまるで別世界の出来事のように感じている方が大半かと思います。
紛れもなく戦争はあったはずなのに。
ただ、世界の情勢が怪しくなってきている一面もありますので、今後決してありえないとは言い切れないかもしれません。
戦争で幸せになれる人なんていない事を考えれば絶対に起こしちゃいけないものですよね。
現実味はありませんが、戦争関係のアニメひとつ通して見ても、救われるものはいないようです。
ただ、娯楽を楽しむ中でも少しは教訓も得ながら、今の平和のありがたみをかみ締める必要はあるような気がします。

本日ご紹介するのは「革命機ヴァルヴレイヴ」です。
このアニメほどシリアスな戦争アニメ作品はそうそうないんじゃないかと思います。
ジャンルはロボットアニメ・群像劇なのですが・・・。
ただ、見ていて切ない気持ちになりながらも、人間の愛する人を守ろうとする一途な思いと行動力に感動を覚えます。

2013年4月~6月1期、10月~12月2期の各12話ずつTBS系列で放送されました。
ガンダムでもおなじみのサンライズが制作した作品です。

21101021.jpg

人類の総人口の7割が地球から離れた宇宙都市で暮らす時代。世界は「ドルシア軍事盟約連邦」と「環大西洋合衆国(ARUS)」の2大勢力が対立。
主人公”時縞ハルト”は、どちらにも属さない中立の小国「ジオール」の一区画「モジュール77」の中にある咲森学園に通う高校生である。ハルトは争いを好まない平和主義者で、幼馴染の”指南(さしなみ)ショーコ”に片思い中であった。
平和な最中、突如ドルシア軍がジオール内部で極秘開発されていた人型兵器の存在をかぎつけ、それを奪うために攻撃を仕掛けてくる。
ハルトとショーコは仲間たちいっしょに逃げるが、爆撃から逃げる途中、人名を救助しようとしたショーコが爆撃にやられてしまう。
愛するものが目の前で命を絶たれたと思ったハルトは(後に無事が確認されるが)怒りをあらわにし、地下から姿を現した謎の巨大ロボットに乗り込み、それを動かし始める。
その巨大ロボットこそが、ドルシア軍が狙っていた人型兵器「ヴァルヴレイヴ」であった。
しかし、ハルトの意志とは正反対にロボットはまともにうまく動かない。ヴァルヴレイヴのコックピットのモニター画面には「ニンゲンヤメマスカ?YES・NO」の文字。
無我夢中でハルトがYESの文字を押すと注射針がハルトの首を刺し、突然、ヴァルヴレイヴが動き出し、周りのすべての敵をあっという間に倒してしまう。
一夜にしてジオールを救ったヒーローに祭りたてられてしまうが、これがきっかけで平和だったジオールも戦争に徐々に巻き込まれていくのであった。

o0700051012526614762.jpg

ヴァルヴレイヴの燃料は情報素粒子「RUNE(ルーン)」であり、人が人ならざる者”マギウス”に変わり、RUNEを使い果たすと人に噛みついて欠乏したRUNEを補給しなければならない、そうしないと自らの過去の記憶や思い出を情報素粒子として消費し、徐々に記憶が消え去っていくという、人間にとってはあまりに過酷な道が待っていた。また、マギウスになると、不死身のような肉体に変わってしまうのである。
やがてドルシア軍の情報戦略により、ジオールは人間じゃない化けものの集団である、と広められ、世論はひっくり返り、ジオールは世界の中で敵視されるようになり、ARUSからも攻撃を受ける窮地に追い込まれて行く。
ジオールを救うために立ち上がった仲間も他のヴァルブレイブに乗り込み、ハルトを援護するが、マギウスだということが知れたことにより、敵国ばかりではなく味方からも見放されてしまう。ハルトはショーコからも裏切り者扱いをされてしまうのであった。
それでもハルトたちは愛すものたちを守るために戦い続ける。自らの大切な思い出と記憶が消え去ってまでも。
こんな感じの切ない物語です。

人を信じ続ける事の大切さ、人にとっての思い出とはいかに大事なものであるか、それらをなくしてでも守らなければならないものが目の前にあったなら、あなたなら・・・。

アニメながら、とっても感慨深い作品です。
単なるロボットアニメに終わらない良い作品ですのでご覧ください。

エンディングテーマ「そばにいるよ/ELISA」もいい曲ですので、こちらもお楽しみに!

見る参考になったよ、という方はぽっちいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村


大人になってからわかるロボットアニメ。「交響詩篇エウレカセブン」

今から9年前の、私もすっかり大人になった37歳のとき、何げにテレビで見た新アニメの1話目に心を奪われてしまいました。これはロボットアニメ、それとも・・・。”交響詩篇”というタイトルもやけに意味深で、先を想像させるに十分でしたが、1話目が次回への期待を一気に加速させてくれました。その作品が「交響詩篇エウレカセブン」です。
 社会人になってからアニメはとんと離れていたのですが、これがまた、私の中のアニメのともし火を大きくするきっかけになった作品なのです。

 時は12004年。スカブ・コーラルと呼ばれる珊瑚のような大地が地表を覆い、目に見えない未知の粒子「トラパー」の波が大気中を漂う、とある惑星が舞台。
 ベルフォレストという片田舎に住む14歳の少年レントン・サーストンは、未知の粒子トラパーの波に乗って滑空する空中サーフィン「リフ」をするのが唯一の楽しみ。レントンは、かつて大災害から世界を救ったとされるアドロック・サーストンを父に持つが、リフ以外には何もとりえがない落ちこぼれであった。アマチュアリフ世界大会の歴代最年少チャンピオンのホランドにあこがれ、日々彼の得意技をマスターすることに明け暮れていた。レントンはまだこのとき、ホランドが世界を統括する「塔州連邦軍」とそれに対立する反政府組織「ゲッコーステイト」のリーダーであることを知らないでいた。
 そんなある晩、塔州連邦軍と応戦していたゲッコーステイトの人型機動メカ「LFO」がレントンの家目がけて落ちてくる。そのLFOの中からそのパイロットである神秘的な少女が現れる。彼女の名は「エウレカ」。レントンは運命的な出会いを感じ始める。再び応戦するため、エウレカはLFOに乗って出撃してしまう。
目の前でそれを見ていたメカニック屋のレントンの祖父が、レントンの父からさずかったとされる、そのLFO専用の拡張パーツ「アミタ・ドライブ」をLFOのもとに届けるよう、レントンにそれを託すのであった。いよいよ、この拡張パーツを渡すときがきたことを悟りながら。レントンはその使命を果たし、アミタ・ドライブをセットしたLFOはとてつもない力を発揮し、戦闘は収束する。
 ゲッコーステイトのリーダーであるホランドとエウレカの誘いを受け、レントンは故郷から「月光号」に乗って旅立つ決意をする。そしてレントンはこれらの出会いと経験によって成長し、やがて世界の運命を変えていく存在になっていくのであった。

12611967.jpg

 この物語は、SF・ロボット系のアニメでありながらも、少年・少女が出会い、成長していく青春ラブストーリーでもあります。”大切な誰かを守る愛と勇気”の全50話、とボリュームたっぷりですが、それに見合うストーリーに納得の作品です。
 ガンダム・エヴァンゲリオンとはまた違った繊細な気持ちがこめられたこの作品は、たぶん、大人になったあなたが見るに最適な一作品だと思います。

エウレカセブンは音楽も大人仕様で楽しめます。
オープニング・エンディングテーマもたくさん有りますが、その中からまずはこちらを一度聴いて見てください。

オープニングテーマ 「sakura/NIRGILIS」

2012年の「エウレカセブンAO」は続編でないように見受けられますが、ちゃんと話がつながる続編ですので、できればこちらも後々おさえていただければベストです。

ポチッと押してもらえたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
プロフィール

takapon46

Author:takapon46
FC2ブログへようこそ!

楽しさ・感動がいっぱい詰まった深夜帯TVアニメ作品。まだ知らない40代以上の方々にも知って頂けるよう、おすすめアニメ情報館TAKAYAの店主兼アニメ効能調剤薬局調剤師(仮)兼貴方様の執事がわかりやすくお届けいたします。日常に疲れた方、ストレスが溜まっている方、暇な方は処方箋も出でおりますので、どうぞお好きなアニメを処方してみてください。

最新記事
処方箋(カテゴリ)
ブログランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村
いらっしゃいませ!  カウンター
information
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
本ブログはリンクフリーです。
メールフォーム
相互リンクの方は恐れ入りますが、こちらからコメントいただけるとありがたいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
infomation